Art page

年始にシンドラーのリストをみる憂鬱

投稿日:2023年1月5日 更新日:

職場の同僚に、映画好きなおじさんがけっこうおりましてな。

わりと手当たり次第映画は見尽くした(Netflixや今までTSUTAYAで借りた)

だから、自分とは違うオススメを知りたくていろいろと聞いて土日にみてたんですが

人のオススメおもしろーい!

んで、この年末年始に貸してもらったのが「シンドラーのリスト」よ。

言わずもがな名作!しかし、見たのは小学校のころ。戦争の映画だったなーってことしか覚えてなくて

気合を入れて見たのでした。ディスク1枚134分ですからね!(2枚ある)

さぁ、制作が1993年

スティーブン・スピルバーグですからね

ジェラシックパークの印象しかなかったけども

この、モノクロが生々しすぎる描写をいくらか緩和してくれてるけども

もう本当に戦争というものの

無惨さ、つらさ、かなしさ、むなしさ、くるしさ

ユダヤ人に対する執拗な憎しみ

こんなに見ててしんどい映画ってありますかね。小学校のころ、よく見たよ…

思えば、ユダヤ人の最初の記憶は「アンネの日記展」

高島屋かそごうか、アンネの日記の記念展かなんかで行ったのをうすら覚えているけれど、人間の髪の毛で編んだ絨毯だったか、グロテスクなモノを紹介していたのを思い出す。

それから、大学の時にはいろんなDVDをツタヤで借りて見てたっけ。ヒトラーは本当は画家志望で、そっちの道に進んでくれてたらなぁと運命を恨む内容のものもあれば、明るいタッチで戦争を描くものもあった。

あの頃は遠い感じだったけれど、じわじわと暗い影が近づいてきている感じ

学生だった頃より、親になった今、切に「平和な世の中」を子どもに残してあげたいと思う

戦争について子どもながらに考えてモヤモヤしているぴっぴを見て、大人ももっと真剣に考えなきゃいけないなぁと思うのでした。願っているだけで平和はやってこないのかしら。せめて自分の周りには争いごとの内容に過ごしたいものだよ

そしてこの実話に基づく映画を、「勉強」と思ってしっかり見届けました。長かったよーー。年末最後の夜ふかしをしてしまいましたとさ

なんかずーっと凝視して見るのが耐えられなくて、「油絵画風」の絵をアイビスペイントで描きながら見たよ

さぁ仕事モードに切り替えて今年も頑張りましょう



-Art page

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アートな趣味なら続けてくれるかしら

子どもたち、スイミングに行っているのだけども まぁ毎度のこと「行きたくない」「いつ辞めるの?」となるわけで 親心としては、水遊びで死なないようにとか プールの授業の時泳げないと楽しくないよな、とか そ …

サマーウォーズの読書感想文

先日、金曜ロードショーで「サマーウォーズ」をやってましたな。何度見ても面白いし、10年前のものとは思えない「今感」 うちの旦那も好きで、仕事から帰ったあとCM飛ばしながら一緒にみて、夜中に見終わるとい …

ミムラの記事

日経新聞でお悩み相談を解決するコーナーがあって、ときどき夫が面白かったものを回してくれる。「これゆらさんがやってることだね」とのこと。 どれどれと読んでみると、お悩みはお子さんを育てるママさんから。子 …

びじゅチューンで再燃する美術愛

家にいる時間が長くなるとぴっぴ(長男)のYouTube視聴時間も長くなってしまう。 ふと、オドモテレビのオープニングが頭のなかをかけめぐり、検索してみた。「おとなになってもちゅっちゅるー」ってやつ。 …

ミステリーなのかもしれない

月9の「ミステリという勿れ」という、漫画が原作のドラマ。シーモアで立ち読みをしていて、続きが気になっていたので、ドラマ化は大賛成である。 ただ、巷で議論が巻き起こっているように、私も菅田将暉より渡部豪 …