母のがん

ばぁばからのプレゼント

投稿日:2021年11月17日 更新日:

抗がん剤治療が終わってから、比較的落ち着いていた母。

尿路感染疑いの熱があったものの、前ほど酷くならず入院せずに済んでいる。

髪の毛も少しずつ生えてきているが、どうしたって前のばぁばとは違うのだから、ぴっぴもぴーすけもテレビ電話では緊張するようだ。私は妖怪ハゲ散らかしだよと教えている(ヒドイ)

だが、先週謎の嘔吐。

妹が病院に付き添ってくれ、検査するも異常箇所はなく、結局原因不明のまま胃薬をもらって帰ってくる。

ぴっぴとぴーすけが絶賛鼻水咳なので、ここでうつしては大変と病院にはいかなかったが

がんと嘔吐は切っても切れない関係のよう。

抗がん剤治療中はその治療のせいで吐き気があった。それは仕方のない副作用なので吐き気どめももらっていた。

しかし抗がん剤治療も終わって1ヶ月はたつ。

もしかしてがんが進行しているのか。それによる嘔吐だとすると心配になってしまった。

どっちにしてもぴっぴが保育園に行ってくれないと、子ども二人連れて実家に行けば逆に気も休まらないだろう。

かといってもう他に治療もない。

胃薬で吐き気はだんだんと治まってきて、少し元気になってきた母から電話があった

「ぴっぴちゃんの誕生日プレゼント何が欲しいかな?」

例年、誕生日は特に何ももらっていない。というのも、おもちゃはあげれば家が狭くなるし、物はなるべく減らしたいところである。ゆえにプラレールも買わないと決めている。

しかし今回、ぴっぴも自我のめざめもあるし、家で過ごす時間が思いの外多いので、母の申し出を受けることにした。

「そうだな、これから長く使うとしたらレゴブロックとかかな」

「ああ、レゴね。でもぴーすけが小さいから飲み込んじゃわないかな?私は家で広げる小さい1人用のテントかシルバニアがいいかと思ったんだけど」

あぁテントねー

って、シルバニアファミリーですか?!

私たち小さい時持ってたけども、ぴっぴもう4歳になるんですけどね

「そういう年じゃないかもよ。まわりの子はナントカレンジャーとか仮面ライダーとかだよ」

「そうかぁ」

とまぁそんな会話をして、じゃぁぴっぴに聞いてみるよと電話を切った。お昼寝から目覚めて、ぴっぴに改めて

「レゴとシルバニアどっちがいい?」と画像を見せて聞いてみた

そしたらまさかのシルバニアだった。笑

何というか、すげーなうちのカーチャンは。

確かにぴっぴが生まれた時はよく手伝いに来てくれて「ぴっぴのことなら私に任せて」って感じだったけど、最近じゃ保育園に行ってて全然会えてないのに。(しかも入退院でここ半年はほとんど数えるほどしか会ってないのに)

親よりぴっぴの好きなものを把握していた。

まぁあげたいものをあげるだけでしょうけども

そんなわけでぴっぴのお墨付きを得て、非常にかさばるであろう「シルバニアファミリー」が我が家にやってくることになった。

だいたいテントもシルバニアもかさばる選択肢しかなかったな…

私も心境の変化として「やりたいことをやらせてあげたい」気持ち。

今がん治療でぴっぴやぴーすけの世話はできないけど、なんか買ってやりたい、プレゼントをあげたいって気持ちは尊重しようと思う。前ならいらん!って思ってたけど

そうやって孫のためにルンルンでいろんなものを探すのは病気にとっていいことなのじゃないかしら。

楽しいことを考えて免疫を上げて欲しいものだ。

ただ、とりあえず小さめので!とお願いをしといた

はじめてセットとかあるんだね。手ごろだね。

明日一緒に病院に付き添って、実家まで送る。来週はいよいよ腫瘍マーカーの検査らしい。結果は一緒に聞きに行くけど、ドキドキ。



-母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

消化器内科は死ぬほど待つ in 横浜市民病院

母ががん in 横浜市民病院 ここ数日、気を紛らわそうと色々書いたりしてみたけど、やはり今この状況を書きつつ整理しておこう。 今日は寝かしつけから復活し、この怒涛の数日間を記録しておく。 前回、カンフ …

腎ろう造設はがん患者にとってどれくらいの負担なのか

この数日は楽しいことがたくさんあったが 久々に母から連絡があった。 実は11月25日から尿路感染で入院しており、1週間程度の入院のはずが血液検査の結果延長。 本当なら、ぴっぴの誕生日プレゼントを手渡し …

退院5日目

あっという間に退院してから5日。お天気も良く、桜もほぼ満開なのでお花見に行ってきた。 退院してから初めての外。看護師さん二人と妹とわたしで近所をぐるっと車いすでまわった。 酸素のボンベをもって、点滴を …

母が共にいる生活。在宅介護スタートだぜ!

あっという間に1日が終わったなー。貴重な体験となった1日(前日から)を記録しておこう。 まず、退院前日。酸素に続いて介護用ベッドが納品された。思いのほかでかい。 ケアマネさんが訪れ、うちあわせをした後 …

コロナ禍の横浜市民病院の面会

その後の家族 13時間の手術を終え、ICUに一時移った母。本気でやばいと思ったその日、23時半に家に戻った。 それから1週間も連絡がないままだった。ICUから一般病棟に戻った連絡はあったものの、音信不 …