コンビからベビーカーが返ってきた | yuranotoblog

くらし 子育て

コンビからベビーカーが返ってきた

投稿日:

ベビーカーの足が破損して、修理できるかみてもらうためにベビーカーを送ることになった。

ことのいきさつは、ズーラシアに遊びにいったことに発する。

帰る直前、段差を乗り越えたら足が折れた。ズーラシアの職員さんにガムテープをもらい、ぐるぐる巻きにしてなんとか帰宅。コンビのコンシューマーに電話して事情を説明。ケガがないことを確認され、直るかどうかは見てみないとわからないとのことだった。

さて、新しいベビーカーを買おうか考えたものの、買った当初は6万円ほどしたベビーカー。直して使えるなら、ぴーすけもあと2年ほどしか使わないし、直そうと決めた。ま、それも直ればの話しなんだけど

そういうわけで、再びコンシューマーに電話し、取りに来てもらうことになった。

今回の破損の理由だからか、配送料はかからず、ヤマトのおにーさんが大きな箱を持ってきてそれに壊れたベビーカーを詰めて持っていってくれた。それとひきかえに、ベビーカーがないと困るので代車を貸してくれた。新品ではないが、やはり使いやすい。ありがたや!

とにかく直るか直らないかを見てくれ、なおる場合はいくらかかるか見積もりを出してくれ、それでOKなら修理の工程に入るとのこと。水曜日に連絡して、金曜日に取りに来てもらい、翌週月曜日には見積もりがあがった。

破損した足に関しては修理代はかからないらしい。しかし、3年で酷使した車輪がすり減っていたのでその交換と、ハンドルのきりかえが調子悪いので交換をすすめられた。合わせて2万円。

即決。「それですすめてください!」

あと2万円でまだまだ使えるなら安いもんだと思った。ハンドルのきりかえは正直不具合あっても今まで差し支えなかったが、それで手を挟んだり折れたりしたらたまらんなぁと思ったのでした。

月曜日にお願いした修理は、水曜日には完了。翌木曜日には無事わが家に到着したのでした。今度は佐川急便さんが直ったベビーカーを持ってきて、代車を回収。修理代2万円を払って終了!

さすが天下のコンビ、仕事早いな!

さて、こうして新生スゴカルがわが家に爆誕したわけだけども、車輪はピカピカ、フレームも直って、ハンドルも新しいんだから

あとはシートと日除けくらいなわけで。ほぼ新品?いや、シートも実はぴーすけが生まれるにあたり新しくしたからほぼ新品やん。(ぴっぴが乗り降り自分でするのとシートベルト引っ張ってボロボロに)

あと2年は頑張って現役を続けてほしいものだ。

広告




広告




-くらし, 子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2021年2月の物価

日々起こったことをつらつらと書いている日記であるが、子育て中のお母さんに役立ててほしいことはもとより、未来の息子たちに、「今、ここ」での生活をリアルに感じてほしいと思っている。 たとえば今はコロナの自 …

妊娠中にやってよかった①Art school yokohamaにて妊婦絵を描く

前回辛い思いをした妊娠生活を書いたので、今度は楽しかった思い出を。というか妊娠中にこんなことをやってみては?という提案です。 妊娠中のかゆみ さて、妊娠中にやっててよかったこと。といっても仕事をしてた …

no image

ミャンマーの今を日本から思う

ひとり国際教室 先日、こっころに遊びに行くとアジア系のカップルとお子さんがいた。タイ人の友達がいるので、そっちかなと思って声をかけるとミャンマー人であった。 おそらく人生ではじめて出会うミャンマーの方 …

no image

保土ヶ谷区保育園事情

そろそろ横浜市の保育園が決まり、悲喜こもごもの様子。ぴーすけが生まれたので、あと1年の育休が続くので今年は応募しなかったものの、明日は我が身である。 兄弟が保育園に入所していて、そこの名前しか書かなか …

「ピア」にぴーすけを預けてみた

夏休みである。世の中は、コロナで出かけることもできないが、オリンピックのおかげで(主に暑い中頑張る選手たちのおかげで)なんとか「夏だぜ!」「応援頑張るぞ!」とエネルギーを発散させていただいている。 4 …