くらし

栗きんとんはハンドブレンダーが正解だった

投稿日:2020年12月29日 更新日:

本当に、なんで早く買わなかったんだろう…。

我が家のおせちはとっても手抜き。そもそも作るのが栗きんとんと、煮物と、田作り。あとお雑煮くらいだ。

栗きんとん、いつもはさつまいもを煮て、くちなしの実を入れて煮て、熱いうちにザルでこしていた。

うちにこし器はないし、繊維も太いからザルがちょうどよいのだ。それでも目が詰まって何度も中断し、最後の洗い物も億劫。(洗い物は夫がやってくれるのだけど)

なんだい、ブレンダー!おま、めっちゃ楽やん!!

茹でた煮汁をちょい残して、くちなしの実を外してその鍋のままブレンダースイッチオン

ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダー 1台7役 つぶす・混ぜる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切り・こねる・離乳食対応 ブラック/シルバー MQ9075X

ブィーーンという音とともに滑らかになっていくさつまいも餡。

まだ砂糖も何も加えていないけども、芋があまいのでこれだけでもうまい。

あとは大晦日の日に、栗の甘露煮のシロップと水飴ちょっと加えて味を調整すればOK!

今は冷凍庫にしまってある。これ、ぴーすけの離乳食にいずれ使おう。

昨日の生ゴミ最後の日に向かって朝から皮を剥きまくって手が疲れた。

近くの八百屋と、生活クラブで金時芋のいいやつをゲットした。栗きんとんは我が家の人気ナンバーワンなので量がいくらあってもよいのだ。

あとは、明日田作り作って、31日に筑前煮作って、お雑煮の仕込みして、伊達巻切って、黒豆出して、数の子解凍して、なると切って終了。

大晦日は今年はえびの天ぷらやるので(イオンがないから!!)ちょっと忙しい

それでも怒濤の大晦日が終わればなーんもしない正月が待っている。

結婚した最初の年、義実家に招かれたのが元旦だった。

それこそ各ご家庭の感覚の違いだけど、「え、元旦に人様の家におじゃましていいの?!」というのが私の感想。

実家では「元旦は働いちゃダメな日」だから、前日までにおせち作っといて元旦はなんもしない。(お雑煮あたためたりモチ焼いたりするけども)

だから、お邪魔すればお母さんが大変だし、ダラダラできないじゃん!と思っていた。

緊張したのをよく覚えているけど、逆に「家族」だから元旦に呼んでくれたのかなーなんて思ったりして。

最初のころこそ、「お母さんやります!」と体育会系バリにお手伝いを申し出たけど、お母さんは台所に入ってほしくない人。

片付けもあとでゆっくりやりたい人のようだ。お皿を運ぶくらいは頼まれるけど、子どもが生まれてからは特に今日ぐらいゆっくり座ってなさいと言ってくれる。神様だろうか。

まぁ自分も料理作っててんやわんやのところ誰かに横に立たれたくないから引き下がるけど、他の家の姑話を聞くと、ダメな嫁だなーとも思う。

が、息子二人の母になった今。もし息子がいい人と出会って、うちに連れてきてくれることになったら、それは大事にしようと思う。

自分たちが先にいなくなっても、息子と仲良く一緒に過ごしてくれる人がいるのはありがたいことだ。

わたしもお母さんを見習っておもてなしのココロでお正月を迎えられるようにしよう。とりあえず今年はぴっぴと田作りでも一緒に作ろうかな



-くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蚊帳の外の総裁選

岸田さんになりましたねぇ。そういえば今日だったんだ、というくらい無関心というか蚊帳の外だったのよ総裁選。 次の首相が決まるんだから、ちゃんと見てなきゃと思いながら ぴっぴと朝から庭の草取りをし、図書館 …

カトージのベビーゲートが思いのほかよかった

タイトルの通りなんですけど、とくに記事を書く予定はなかったこのベビーゲート。 買って1ヶ月、可もなく不可もなくだなぁと思っていた。なんなら取り付けの時、この状態で、 「え、このままねじってけばいいの? …

実家の片付けはカオス。早めの断捨離を推奨

緩和ケア病棟に無事転院した母。となると、実家に戻ることはもうない。かれこれ1年間、賃貸である実家から我が家の近くへ引っ越しを促し、さまざまな物件を打診してきた。 しかし、ここは狭いここは保育園のそばだ …

相鉄の1日乗車券で踏切めぐりの旅に出た

昨日のこと。いいお天気である。 こんな日に限って夫は休日出勤だし、前日洗濯は鬼のようにやったから家でやることもない。 それより何より緊急事態宣言解除である!!!!! この1ヶ月半頑張ったぴっぴ(そして …

no image

妄想話その3〜夫と世界一周した後の蕎麦屋〜

妄想話その2〜息子と美術館に行きたい!からのパン屋さん〜 息子と楽しいパン屋さんを開くのもいいけれど、夫のことはどうするのよ。 実は息子とパン屋の話をする前に、夫と約束している妄想話があるのだった。 …