わが町ほどがや

昔の男

投稿日:2020年10月29日 更新日:

今思えば、私が一番楽しかったのは高校時代。なんか、根拠のない無敵加減が毎日をキラキラと輝かせていた。大学生になり現実を知り、就職して、結婚して今も楽しく暮らしているがドラマがあったのはあのころだった。

そんな楽しい思い出と共に、わがまち保土ヶ谷に住んでたりもするのだけど。

ふと、横を見るとどこかで見た顔。はて。

すると、向こうもこちらに気づき、「ゆらじゃん」と声をかけてきたのはKくんだった。

高校時代の、甘酸っぱい思い出が蘇る。

当時、Kくんとは同じクラスで、席が3連続くらい隣になった。小学生の頃の愛読書が「りぼん」だった私が、そこから『なにかが始まる』と期待してしまうのも想像に難くないだろう。

加えてKくんの思わせぶりな言動

「ゆらが取るなら俺も書道の授業取ろうかなー。一緒に取ろうぜ」

「ゆらのそういうところいいよね」などなど

当時から男っぽく、サッパリしていた私でさえキュンとくるのだから、普通の女子もKくんをほっとくわけがなくそれなりにおモテになっていた。

ただ、自分で言うのもあれだけど、私たち、けっこういい感じだったように思う。だって、選択授業一緒に取ろうって!なんて思わせぶりなの?!

当時携帯電話を持っていなかった絶滅危惧種の私は、夏休みに入る前に、勇気を出して、ダメ元で告白しようと思っていた矢先

同じクラスでダンス部所属のミスコンに入賞しちゃうような女子に、放課後階段の踊り場に呼び出された。

なに?告白?

ドキドキしながらついていくといい出しにくそうに彼女は言った

「私、Kくんと付き合ってるんだよね…。それで…」

目の前がサーッと青くなっていくのを感じた。勝手に仲良しだと思っていたKくんには彼女がいて、今、私はまさにクギを刺されてるのではありませんか。

「あ!そうなんだ。うん、大丈夫、なにも心配しないで」

だかなんだか言ったと思うけどよく覚えていない。でも、すげぇこんな少女漫画みたいなことってあるんだね!というのはよく覚えている。

そう、Kくんとは私が告白することすら許されなかった「昔の男」なのだ。

そんなKくんと、こんな状況で10年ぶりくらいに会ったわけです。

せめてすっぴんじゃない時(年に数回)に会いたかった!だってさ、今日はぴっぴにとことん付き合おうと思ってたからさ!(動きやすさ重視だったのさ)

そんな夏の日の思い出。去年の話なんだけど。まだ引きずってますよ

でもね、お互いもう30も過ぎていいおっさんとおばさんな訳で。Kくんも前ほどの魅力や輝きはなかったのです。それはこちとら同じ。むしろ高校時代からあんまり変わらない私の方が、これから実年齢を凌駕していくんじゃないかしら。

高校の最寄駅にお互い住んでるのだから、偶然出会う可能性は大いにあるわけで。これからはちょっと服装気にしよう。



-わが町ほどがや

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イコットハウスのありがたさ

保育園自粛。うーー家に子ども2人がいると、遊びも限界がある。 遊び場も自粛していたが、ついにイコットハウスを解禁したのだった。 こっころがなかなか予約の取れない中、イコットハウスは場所も保土ヶ谷よりな …

ハロウィンのKOTI。藤棚商店街は楽しい

金曜。いつもならイコットハウスにでもいこうかと思うのだけど、選挙の投票場所になっていてお休み。 さて洗濯を2回まわしてどうするかな、と思っているとママ友からお誘いが。 以前、KOTIの話をしたらぜひ行 …

紅茶問屋が年に一度の紅茶の日セール

天王町に住んでいたら知らない人はいないと思うのだけど、コスパ最高な紅茶やさん、紅茶問屋。 今日11月1日〜11月3日までは紅茶問屋は紅茶の日セール。 我が家の一年分のいい紅茶を買いだめに行ってきました …

♯ワークマン女子

天気のよい朝。ぴっぴ(長男)を保育園に送り届けてふと思う。家にいたらもったいない! 今朝は7時から洗濯を2回もまわしたし、朝ごはんのあれこれも片付けた。こんな日は桜木町でひなたぼっこもいい。 バスで一 …

5,000円のこども包丁

最近読んだ本で、子どもと一緒に料理するのが良いと書いてあった。 それはかなり実感としてあって、ぴっぴは「食べ物」が関わると俄然やる気が出るし、自分が作ったものだとよく食べる。 それはホットケーキミック …