Art page

Apple Pencilのパチモンを買った話

投稿日:2022年5月28日 更新日:

どうしてなのかわからないけど、家の中でApple Pencilをなくしてしまった。

ちなみに、Apple Pencilとは、、、タッチペンのことであるが、iPad Proを買ったときに意気揚々と一緒に買ったAppleの製品である。

どうせ買うなら、と最初からいいものを揃えてしまったわけだが、買った当初から不安はあった。

なにしろ細いペンである。折れないのか

そして、充電するのに小さなキャップを外すのだけど、無くさないのか。

そんな不安を抱えながら2年近くなくすことなく使ってきたのだけど。

折るとか、フタを無くすとかそういうレベルではなく、ペンそのものが失踪したのだ。

最初はしばらく気づかなかった。親の介護の話とか、家の散らかり加減とか、いつものようにすぐ見つかるだろうと思っていた。

しかし、本格的に探し始めても見つからない。ソファーを持ち上げ、子どものおもちゃ箱をひっくり返してもない

「いつものところ」に置いてあるはずのものがない。心当たりはある。ソファーの前でお絵描きしていたらぴーすけがやってきてぴっぴがやってきて代わる代わるお絵描きしたーいと邪魔してきたのだ。

それをじゅんばんこに貸して、はてその後どうしたっけなー

どうせソファーの下でしょ、とか思ってたのでいざ探してみて見つからなくて。失くしたこと自体は相当なショックだった。

だって1万円とかするんだぜ!

しかしながら、ブログにはぴっぴやぴーすけの絵も描きたい。そんなわけでまたApple Pencilの購入を検討した。だがね、そうそう1万円もするものをたやすく買えたもんじゃない。悩みに悩んで、「私くらいの画力なら、フツーのタッチペンで十分」という結論に至った。

プロじゃないのだ。絵はブログでしか書かないし

そんなわけでネットでポチッと2,000円くらいのタッチペン(それでも100均とかではない)を買ってみたのだ。半分期待、半分諦めの気持ちで

そういうわけで届いたペン。

Apple Pencilの第二世代の様相。

だが、書き味が、、、やはり遅れてくる!

最初にApple Pencil(第一世代)を使ってしまっただけに、このちょっとの遅れとか、手をつくと反応してしまうこととかが超ストレス。はぁ。

そいうわけで、最初からいいものを使ってしまうと、2度と戻れないことを実感した買い物なのであった。

ハイ、そういうわけでお給料が入ったので今度はケーズデンキでApple Pencilを買うことにします。

いいかげん挿絵がないのもつまらんのでな。

結局パチモンのペンは息子たちのお絵描きに使われたのだった。ちょうど良い。

しかしながら子どもの手描きの絵に勝るものはなく。

1番右はバイキンマンって聞いてちょと吹いた



-Art page

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

新しくもないApple Pencilを買って気づいた自分の気持ち

前回の記事で、Apple Pencilまさかの失踪からパチモンを買った話を書いた。 Apple Pencilのパチモンを買った話 まあ当然のことながら書き味が違う。どれくらい違うかというとこんな感じ。 …

ドルで収入を得る方法を考える

なんだかいつも金のことばかり考えているこのブログではあるけれど どこまで円安が続いていくのか やっぱりこのまま日本円だけ持っていると先細りな気がする。 私のこの感覚は、例えるならば戦国武将のようなもの …

年始にシンドラーのリストをみる憂鬱

職場の同僚に、映画好きなおじさんがけっこうおりましてな。 わりと手当たり次第映画は見尽くした(Netflixや今までTSUTAYAで借りた) だから、自分とは違うオススメを知りたくていろいろと聞いて土 …

キャサリン妃のドレスが素敵

ネットサーフィンをしてたら、キャサリン妃のドレスの写真が流れてきた。 白いドレスに黒い長い手袋。 思わずペンを手に取りイラストを描いていました この記事では、キャサリン妃のファッションセンスを褒めつつ …

Which do you like better, A or B?

暇だから絵ばっかり描いてしまう Aのりんご Bのりんご 同じテーマ「りんご」でもテイストが全然違うぜ! アイビスペイントで最初苦労した「レイヤー」 なんでわざわざ「層」にするのかわからなかった…。いや …