子育て

親心がことごとく裏目に出る

投稿日:2021年12月23日 更新日:

この前、自転車が寒かろうと親心でブランケットをかけたら、それが自転車の後輪チェーンに巻き込みえらい事になった。

あのブランケットはさ、今オランダに住んでいるMonikaがディズニーランドのお土産にくれたやつだったのさ。

できれば切り裂きたくなかったけども。

そんな親心がまたも裏目に出たよ。

ぴっぴを保育園に送った帰り道。教訓で、ブランケットとか布系はかけてやらんと決めたのだけど

あまりに風が冷たくて、さぶっ!って感じだったので(自分は手袋してるもんだから)

帰ってから、ぴーすけに温めた牛乳を作ってやったのだった。

いつもなら、赤子が座るイスに座らせるのだけど、寒いからホットカーペットのある地べたに、まめイスを置いて

「そこでお飲み」とちょうど良い温かさの牛乳を置いたわけさ。

したらよ

何を思ったか坊ちゃん、それを持って立つわけ。もう嫌な予感しかしない。

「ぴーすけ、座りなさい」

すると、首をブンブン振る。

「ぴーすけ、座らないならあげないよ」

「たぁ!!」

その言葉に反応して、牛乳の入ったコップを持って、人質のようにしっかり握る。

「こぉ〜やつ〜、離せ〜」と、コップを取り上げようとすると、抵抗し

まぁご想像の通りに

牛乳が、放射線を描いてグリーンの絨毯にしぶきをあげたわけなのでした。

そりゃ私が悪いよ。そもそもね。いつも通りのイスでいつものようにあげればいいのだし。ど正面から犯人に突撃したら抵抗されますよ。ここは、彼の気が済むまで好きにやらせればよかったのだろうよ。

そんな二日後。今度はぴっぴのうんち問題。

4歳になるぴっぴは未だうんちだけはオムツでしたいお年頃。でもね、「4歳になったらおトイレでする」って言ってたのよ。

このままうんちできなかったら恥ずかしいよ(ママがね。君もだけど)

そんな親心(エゴですよ)

あまりにヘラヘラ、一向にトイレでする様子がないもんで、本人がうんちしたいの申し出をしたので

「一緒におトイレに行こう」と、トイレに籠城したのだった。

本人はオムツでしたいのでしょうが。どこかで頑張らないと、ずっとできないよ。

そんなイライラマックスで対応していたら、当然うんちなんか出ないし、さらに最悪なことに寝る前なので着ていたスリーパーが

トイレのお水に着いちゃってるじゃないかーー!!(長いから…)

もう本当に深いため息と怒りと、クソーーー!という思いでちょっと鬼母モードでした。はよ脱げーい

良かれと思ってやってることが、全然子どものためになってなくて

むしろ、それで自らの機嫌を悪くするなんてさ。

このイライラ、残念ながら今朝まで続いてしまって、朝になってパパに怒りをまたぶつけまくって、保育園に送ったところくらいで我に返った。

今日の保育園、なんだかクレームがあったのかちょっと殺伐としてて

あー、これはいかんやつだ、怒りは伝染するのだった、と思い出した。(アドラーですな)

自分の機嫌は自分でとる!

こういう時のためにある「お金」

大変な時はピアに預けてリフレッシュするもよし、接骨院に行くもよし。まぁ今日は行けないが、来週の楽しみにしよう。

とりあえずぴーすけ寝てブログに吐き出したら、だいぶ冷静になってきた。悪いな子どもたち。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぴーすけ1歳6ヶ月

一歳半健診、全然無事じゃないけど終了。一応身体的には、身長体重どちらも平均ど真ん中。言葉はまだまだ発しないけど、大人の言ってることはなんとなくわかっているのでよし。 怒涛の一歳半健診ぴーすけの乱 ぴー …

8ヶ月のぴーすけ

生後7か月歯がはえてきたぴーすけ ぴーすけもようやく8ヶ月を迎えた。お座りは完全にマスターし、もはや地蔵のような安定感がある。 目下懸案はズリバイからハイハイへの移行であり、ますますのこと目が離せない …

妊娠生活から出産まででいるもの

妊娠中のことも書いておこうと思う。第一子男児ということで三姉妹で育った私からすると衝撃のスタートだった。しかも、くだんの産婦人科の先生は 「あー、ついてるね!ほぼ男の子で決まりだね」 なんて、聞いても …

ふみきり愛が強い

男の子の先輩お母さんから、「男の子は電車か車にハマるよ」とは聞いていた だけど、実際にここまでハマるとは思わなんだ。 かつて団地の下には踏み切りがあった ぴっぴ(長男)とふみきりの縁は生まれる前から。 …

ぴっぴ3歳7ヶ月

ぴっぴの語彙が爆増中。 ぴっぴ3歳6カ月 このブログに散見されるように、わたしはそんなに言葉遣いがきれいなほうではなく ぴっぴに対しても、とっさに「おま、」と言いかけてやめたり、「~なんじゃね?」みた …