わが町ほどがや

藤棚デパートメント「KOTI」に行ってきました。やはりここが最強

投稿日:

金曜、晴れといえばもう行くところはここしかない。

チャリでぴーすけを背負って向かったのは西横浜の日本一長い商店街「藤棚商店街」だ。

その横浜寄り「藤棚デパートメント」は元は建築事務所のようだが面白い取り組みとして、曜日で間貸しする空間なのである。

曜日によって違うお店が入ることで、借りる方は安く

貸す方は定休日などで場所を閉めることなく、お客さんも行くたびに違うお店に出会えるという

よく考えられたスペースになっている。

そして、「KOTI」(コティ)だけが、毎週金曜日に必ずいるお店なのだ。

ここの売りはキッシュとマフィン。

スコーンとかタルトも売っているが、前にも書いた通り、真骨頂はコスパ最高のランチ!!

姉は一足早く、しかも2週連続でランチを堪能し、行きたい、行かねばと思っていたのがついに実現。

さて、何にしようか。

メニューは相変わらずのセットメニュー。

メインのおかずを選んで、好きなキッシュを選んで、デザートにケーキと飲み物がついてくる。これで1,100円〜なのだ!

確かに1,100円という値段自体は高い。が、食べてみてほしい。

これで1,100円で良いのだとすれば、他のお店はどんだけ努力が足りないんじゃーい!!とちゃぶ台ひっくり返す勢いだ。

日頃のランチを納豆ご飯で我慢してでも、一度は訪れてほしい。

さて、久々のランチに踊る気持ちを全く抑える気はなく、るんるんしながら選んだのはハンバーグランチ。おっと1,300円。

まずはキッシュとサラダ

それに熱々のハンバーグ(とろっとモッツァレラが隠れてた)とご飯

それに季節のタルト(ブドウとシャインマスカット)にアイスティー

ふーお腹いっぱーい!

てかね、このブロッコリーと舞茸とアンチョビのキッシュうますぎる。そして量。ハンバーグ来る前に食の細い人ならちょっとお腹にたまる。

ぴーすけが眠くてややこしモードだったので、姉と一緒に代わりばんこで外の空気を吸いに行ったりしたけども

ここのお姉さんがめちゃくちゃ優しすぎるんですよ。てか気前が良すぎるんですよ。

ぴっぴが小さい時もここのランチに来た時は「オレンジジュース飲める〜?」って小さいコップに出してくれたり(サービス)

今日も小さいアイスくれたー(涙)

ぶれたー

女性客が多いのもあって、子連れに対する温かな目線はありがたい限りだし、

とにかくここのお姉さんがそういう感じの人だから、めげずに来てしまうのですよ。神対応ですわ。

自分だけ良い思いをするとバチが当たりそうなので、帰りにマロンタルトと紅玉のタルトを買って帰る。

あと栗のマフィンと抹茶とホワイトチョコのマフィンとゴルゴンゾーラのマフィン。

そしてママ友に配る。笑

夫とタルトは夜半分こして食べました。また栗のタルト撮り忘れたーー

夫に「この栗のタルトっていくらだったの?」

わたし「480円だって」

夫「え。そうなの?こんなに美味しくて?!大丈夫なの?こんなにボリュームあって?」

接客業も販売業も未経験の夫が本気で心配してました。これ、同じ感じで横浜だったら680円で売ってるよねーグラマシーニューヨークあたりで。

いやー

美味しすぎて心配。わたし、買い支えますんで!どうかコロナに負けずお店が続きますように



-わが町ほどがや

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

上の子の産前産後の保育園の利用で保活で加点に?!保育園コンシェルジュさんを訪ねる

なんだかタイトル長くなってしまったけど、もうすぐ保育園入園の申し込みがあるので、ちょっと書いておこう。 横浜市の保育園激戦ですな。 わが家も本来なら、職場復帰の時に2人の息子を同時に保育園申請するとこ …

東戸塚のメーリアはジェラート好きには穴場

地元が東戸塚民だったわけだけれども、一度も行ったことがなかったメーリア。 わが町保土ヶ谷から1つ隣の駅、東戸塚。 東口にはオーロラモールの中にユニクロ、イオン、西口にはコープの上に西松屋など、子連れに …

新しくなった横浜市民病院

夜泣きでいったん中断。布団からケータイで頭を整理しつつ書いている。そうそう、かーちゃんがガンなのだ。 母ががん in 横浜市民病院 日曜日に、ふらっとうちにやってきて「りんごが二個あったから食べるかな …

和田町のお弁当、から揚げの天才とセルシオの話

土日は相変わらず夫が仕事でいない日が普通なので、二人のボーイズを連れて和田町のふみきりを見に行った。 最近なんだけども、3つあったふみきりのうちの1つがなくなってたのよね。まぁそんないらんわな。 一時 …

昔の男

今思えば、私が一番楽しかったのは高校時代。なんか、根拠のない無敵加減が毎日をキラキラと輝かせていた。大学生になり現実を知り、就職して、結婚して今も楽しく暮らしているがドラマがあったのはあのころだった。 …