ぴっぴ2歳8ヶ月(過去記事) | yuranotoblog

子育て

ぴっぴ2歳8ヶ月(過去記事)

投稿日:2020年11月22日 更新日:

ぴーすけ(2ヶ月)の話ばかりしてしまいそうだけど
じつはぴっぴ(長男)が2歳8ヶ月になっていて

その成長は目を見張るものがある。(2歳6ヶ月、7ヶ月は出産・産後で書く余裕なし)

下の子が生まれるにあたって滑り込みセーフで入れた産前産後の保育園。そこでは彼に新しい刺激を日々与えてくれる。

昨日は保育園で水遊びの日であった
新しいプールバックもようやくゲットし(それまではビニールのショップバック)、プールカードにハンコも押してさぁ楽しんでらっしゃいと送り出したのに

こともあろうかタオルを入れ忘れ、水遊び&シャワーが出来なかったらしい!

迎えにいった姉が

「ぴっぴ、お昼の間ずっと怒ってたんだってよ」と言っていた。

あちゃーやっちまったぜと反省。そして帰ってきてからもぴっぴに
「なんでタオル忘れたの~?!」と問い詰められる。もはや平謝りである。最近はぴっぴが私をわざと怒らせるようなことばかりしていたので立場逆転。

でも、辛いよね。みんな楽しく遊んでるのに自分だけ入れないとか…小さくて理由もわかるまい。気持ちを思うとまたごめんねーと思うのであった。

怒り120%でもよいところ、ぴっぴはやさしい。

今日の夕飯でもその話は続いており「ママ、タオル忘れないでね♪」と、釘を刺されるのであった。

こうしたやりとりはここ最近。正しい日本語というか、会話のキャッチボールというか
まるで2歳児とは思えない感性にちょっとほっこり。

なぜ?攻撃は相変わらずで、最近は花について問われる
なんで花は咲くの?つぼみになるの?咲いたらおしまいなの?種になるの?なんでなんでなんでー

全部に答えていたら科学者にでもなってしまいそうな勢いだ。だから、姉はなぜと聞かれると「夏だから」と答えているらしい。(なんじゃそりゃ)

最近生まれたぴーすけへの愛と嫉妬…愛が憎しみに変わる瞬間を何度も目撃する

踏む、寝てるところを起こす、結構な力で頭を触る、顔で遊ぶ、物を投げる、乗っかる…
わざと私を怒らせる、試すような行動に出ることも。頭ではわかっているけれど、ぴーすけを危険にさらすような行動につい大きな声で叱ってしまう。

ごめんなさいもなかなか言えず。

一方でペラペラとなんでなんでと聞くもんだからイライラしてしまうのだ。

会話の内容では『2歳』であることを忘れてしまう。だからついつい「ちゃんとお口があるんだから言ってよ!」とか言っちゃうんだなー

でもね小田和正だって
「言葉にできない」んだもの。(意味違うか)

2歳にはまだまだできなくて当たり前なんだよね
のびしろですねー

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

けいゆう病院出産レポ2020年−1−

2017年に長男であるぴっぴを産んではや3年。この夏2人目であるぴーすけを出産した。相変わらず信頼絶大なけいゆう病院。だけど、今回は2人目、さらに新型コロナの影響もあり、前回のようにはいかなかった。 …

妊娠中にやってよかった②母親・妊婦教室で戦友づくり

妊娠中にやってよかったこととして、前回は趣味全開のお絵かき教室を提案した。 妊娠中にやってよかった①Art school yokohamaにて妊婦絵を描く 今回は少しパブリックな妊娠している時にやって …

no image

妊娠生活から出産まででいるもの

妊娠中のことも書いておこうと思う。第一子男児ということで三姉妹で育った私からすると衝撃のスタートだった。しかも、くだんの産婦人科の先生は 「あー、ついてるね!ほぼ男の子で決まりだね」 なんて、聞いても …

ぴっぴ1歳11ヶ月(過去記事)

ぴっぴ1歳10ヶ月(過去記事) ぴっぴ(息子)が今執心しているのは電車である。とりわけ、踏み切りをながめるのが好きだ。 引っ越して、保土ヶ谷駅から遠くなってしまったので、踏み切りも遠くなってしまった。 …

ぴっぴ1歳10ヶ月(過去記事)

  ぴっぴ1歳9ヶ月(過去記事) 急に気温が下がり、すっかり秋めいてきた。2019年の秋のことである。 でもお出かけをするにはちょうどいい気候である。 最近のぴっぴ(むすこ)は以前よりも表現 …