子育て

けいゆう病院出産レポ2020年−2−

投稿日:2020年9月2日 更新日:

さて、我が家の2人目ぴーすけのお話。前回に引き続き、病院に行くか迷っていた午後3時の葛藤。

まだまだ痛さはないのに、間隔だけはいっちょまえに陣痛間隔。

ここで頭をよぎるのは無痛分娩が間に合うのかということ。けいゆうの無痛分娩は9時ー17時の間なのだ。

事前に講習を受けたところによると、それも子宮口が数センチ開いてから、痛みがある状態でないと入れられないとのこと。痛い最中に麻酔を入れないと、痛みがなくなったかわからないという。

姉にもボソッと呟く
「これ痛みはビミョーなんだけど、無痛分娩したけりゃ4時には行っとかないと無理だよなと。一回電話してみようかな」

「そっかー。ま、電話だけしてみたら?」

お産が進むという足湯もして、けいゆうに電話。経産婦なのでお天気も悪いし来てください、となった。

にわかにあわただしくなる我が家。
ぴっぴ(長男)を見ててもらう予定のお義母さんに連絡し、夫にはLINEでとりあえず行くことをメールし、陣痛タクシーを呼んで、ぴっぴには姉と家で待っててほしいことを伝える。

ついにこの日が来たかと、ぴっぴは「ママはー病院いく?帰ってくる?」と聞いてくる。
まぁ今日は無理だけど帰ってくるよ!雨ザーザーだったから保育園には預けなかったけど、目の前でちゃんと説明ができてよかった。2歳の我が子にもこれから起こるであろうイベントに緊張が走る。

そうこうしているうちにタクシーが来て、荷物を持って乗り込む。これが4時過ぎ。さぁ、無痛分娩が間に合うのか…
タクシーの中でも陣痛っぽいのは二回くらい来て、降りるときにちょうど痛くて降りれなかった…。

タクシー運転手さんもさすがに陣痛要請だったのでハラハラしつつも落ち着いた対応をしてくれた。「荷物をお持ちしましょうか」という申し出を笑顔で断ってノロノロと6階へ急いだ。

まだまだ波が来なければ笑顔で挨拶できる!受付で名乗り、母子手帳やら入院準備してきた書類を渡す。時々波が来て、ちょっと待ってください!になるものの、助産師さんにも空振りだったらスミマセンと保険をはる。笑

しかし、とりあえず陣痛室のベッドで助産師さんに内診してもらうと、なんと子宮口が4センチも開いているのだった。

-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

出産のときの上の子は、夜編

出産に向けて旅行バッグに指定されたものを詰めていくのも準備だが、いざ産む時にぴっぴ(長男)をどうするかという準備も大切だ。 予定する帝王切開ではないので、朝なのか夜なのか急に病院に行くことになる。夫が …

出産の時の上の子は、昼編。産前産後の保育園へ

コロナの影響なのか、ダメもとで申し込んだ産前産後8週の保育園に入ることができた。 日中、ぴっぴ(長男)と二人きりの時、陣痛や破水が起こったらどうするよとドキドキしていたが、そのリスクは軽減した。夜につ …

no image

けいゆう病院の無痛分娩

イギリスの王室で子供が生まれた時に、さっそうと姿を現したキャサリン妃。ヨーロッパでは無痛分娩は結構スタンダードである。あの姿を見て「え、まだ数日しか経ってないやん」とツッコミを入れたいほど元気で晴れ晴 …

妊婦、生活クラブに救われる。

職場の同僚(先輩ママさん)に、こういうのがあるからやってみない? と誘われたのが生活クラブ。あぁ知ってます知ってます!小さい時に母が牛乳を取ってたのを思い出した。妊娠前は平気で昼ごはんカップラーメンと …

no image

生後2ヶ月のぴっぴとぴーすけの違い

ぴっぴ(長男)の2ヶ月は冬。それも良く雪が降るとしであった。授乳と寝るを繰り返し、初めての子で緊張しつつも静かな部屋の中つまらない…。そんな中友人が訪ねてきてくれたり、かーちゃんが手伝いに来てくれたり …