くらし

母が生きていたらなぁと思う日もある

投稿日:

子どもたちの風邪っぴきと、自分の手のケガと、仕事の繁忙期と

重なる時は重なるもので、忙しいアピールに余念がない。(いやそんなつもりないけど)

だから、感傷に浸っている暇なんて微塵もないのだけど

こんな時、母が生きていてくれたらなぁと思わずにはいられないのだ

きっと、テニスの帰りに保育園に行ってくれただろう

熱が出たらぴっぴとぴーすけを預かってくれただろう

そんな、打算的な考えとともに

ああ、そうだった、それは健康な時の母で

ここ2年の母なら熱を出した我が子たち2人を迎えに行くこともできなかっただろう、と思い出すのであった

思い出す暇もない、忙しい日々の方が

色々考えることもない

考え出すと色々と思い始めて、一昨日は忙しい最中だというのに、寝るまでずっと泣いていた

もっと色々食べたいものもあっただろうに

亡くなるまでの一年は、ストマに詰まったら困ると言って好きはものはほとんど食べれてない

色々なところに旅行も行きたかっただろうに

忙しいのにかこつけて、海外旅行にもついぞ連れて行けなかった

ぴっぴやぴーすけとももっと遊びたかっただろうにとか

思い出せば思い出すほど涙が止まらなくて

あーきっとこれは疲れているんだろうな。そう、泣くのはデトックスだというし

こうやって大人になってなんも気にせず涙を流して泣くのはストレスの発散には良いのだ

そう自分に言っておもいっきり泣いたのだった。

あんまり好きじゃなかったのに、やっぱりもうちょっと長生きして欲しかったと思う。

職場には母と同い年くらいの上司がいて

介護が大変らしい。時々早退しては、心配で話したりするのだけど

「なんてことない。もう死んじゃえって思っているよ」と

まぁ口の悪い人なんでね。半分本気、半分冗談で聞いている

60歳の親、ということはもう親も80代も後半か

介護が長引いて自分を追い詰めていたら、私は今みたいに母を良い思い出と共に思い出せただろうか

上司のように「早く死んで欲しい」なんて思っていたかもしれない

いや、私も余命2ヶ月と言われて家で介護をした日々が「期限があった」から頑張れたけど

終わりのない日々であったならきっと悩んでいた

「いつか終わるだろう」と「いつまで続くんだろう」のせめぎ合いだね

親はどこかでずっと、健康で長生きするもんだと思っていたから

こうやってはしごを外されたようになると、ポカンと穴が空いて、思い出して埋めようとしちゃうんだろうな

夫の両親は健在で、とてもいい方達なので私も大事にしていきたいと思う

夫にも後悔のないように過ごして欲しいと願ってしまう



-くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「クソゲーなんですけどね」の前置きに抗えずスイカのゲームにハマる

この前、うちの姉がヒョイっとうちにやってきた時に 「そういえば、ゆらはゲームはするけどスイカゲームはやっていないんだね」 と言ったのだ。スイカゲーム? あれかい?韓国ドラマの怖いやつかい?(それはイカ …

子どもの食べ物の好みが違う

食欲の秋である。かぼちゃにサツマイモ、野菜もきのこもおいし季節。 しかし我が家では、ぴっぴがきのこ嫌い。 きのこが「怖い」らしい。 きのこからすればもうすぐ4歳になる子どもの方がよっぽど恐ろしいだろう …

【悲報】コンビのベビーカーの足が折れた

お天気の良い平日。ぴっぴはあいも変わらず緊急事態宣言下、保育園を週に2日は自主休園していた。 おうちでの遊びもネタがつき、電車でも見に行こうかと言っていたら「動物園に行きたい」と彼が言い始めた。 数ヶ …

Die With Zeroを読んで思うこと(読書感想文)

私たちは金を貯めることに必死になり過ぎている。そんなメッセージをこの本から受け取った まさしく今、私はお金を貯めることに必死になっている。 でもそれって多くの世代で行なわれていることだし、当たり前だと …

対ウイルス性胃腸炎マニュアル(備忘録)

頼むぞキッチンハイター!ウイルス性胃腸炎続く。 家にいるのにこんな感じ エプロンを装着し、マスク、手袋、キッチンハイター(泡で出るタイプ)を持ち、さながら保健所の職員。 まぁ子どもたちは落ち着いていて …