Art page くらし

夫が幸せだと自分も幸せなんだなぁ

投稿日:2023年4月16日 更新日:

今日はノロケだぜ!笑

夫が育休から復帰して、仕事が始まりまして。

まぁ今まで家事に育児に任せっぱなしで、好きな仕事を思いっきりやっていたので

4月は目の回るような忙しさであります(それでもブログを書く暇はあるんだな)

夫とはもう10年以上の付き合いになりますがね。出会った当初はそんなに私のことを好きじゃなかったと思う

しかしね、まぁ色々乗り越えまして(夫婦って多かれ少なかれ色々ありますでしょ)

今たぶん1番お互いがお互いを好きなシーズンです(なんだそりゃw)

夫は私のことを「ゆらちゃん可愛いからなぁ」「こんな可愛いママいる?」と毎日言ってくれるわけですよ

まぁ、私は今自分のことを1番可愛いと思って生きているけれど

それを後からプッシュしてくれる感じです。でも最初からそんなに自分好きじゃなかったわい。それはやはり夫の影響をモロに受けているのよね

でね、うちの夫というのが「自己肯定感」が爆高くて

きっと、一人っ子でなおかつおやごさんが愛情をめっちゃ注いでいて

「俺が幸せなら親は幸せなはず」というのを本気で信じていて

褒められることをしないと親に認めてもらえない、と思っていた自分にとっては衝撃だったわけですよ

例えば、どこかに旅行に行ってうちの母は必ず「お土産買ってきた?」となるのだけど

うちの夫は「自分が楽しんで、自分が無事に帰ってきたらそれだけで親は嬉しいはず」というわけで家にお土産など買わない

「は?!」となった私。(さすがに新婚旅行のお土産はあーだこーだ言って買いましたよ)

で、実際義両親もお土産買えば喜ぶけど、なくても話聞くだけで喜んでるのよ(いい人たちすぎる)

そんなスーパーポジティブ男と一緒に過ごすうちに、私も「ただ私が存在するだけで幸せ」みたいな境地に。

こんなに可愛い私と一緒にいられるあなたは幸せね!みたいなことを口に出して言えるくらい自分を好きになりました(随分振り切ったわね)

そんな夫には去年の1年間は、母の介護&私の職場復帰の両立を支えてくれて感謝しかない

そして、母が死んじゃったことは悲しいことであるし

半年経った今もふと思い出してはお風呂で泣いちゃったり、子どもにしゃべっているうちに泣いちゃったりまだまだ不安定ではあるけれど

自分にとって今、何が1番大切で誰とどういう時間を過ごすのが人生で1番やりたいことなのか?を

すごーく真剣に考えるきっかけになった。

とりあえず子どもの幸せと夫の幸せと、自分がやりたいことをやって後悔なく死ぬ!

仕事は好きなことをやる!で、自分を1番大切にする!!

そんでもって、自分にとって1番大事な夫にさ、「60歳で死んでしまうって思ったら1番やりたいことって何?」って聞いたら「アメリカに住みたい」だったわけです

いや、めっちゃ面白そうやん。というね

きっと、現実的なことを考えたら「いや、それは無理でしょ…だって」と続きそうなのだけど

私は夫といる時が1番楽しいし、今まで一緒にやってきて子育ても旅行も面白かったからきっとアメリカも楽しいと思うんだよね。

子どものためにはきっとこのまま日本で過ごした方がいいのかもしれないけど、子どものために「我慢した」っていうのも子どもにとっちゃ迷惑な話だろうし

夫はアメリカで何したいかって、NBAの試合見たいんだよね。デリック・ローズ選手が大好きでね

それでアメリカに2回留学に行っている。スゴイ情熱

まぁそんなわけで

移住できるだけの金がたまってきたらアメリカに行く!!(もしくはカナダ!)

カンチュンドさん(FP)に相談して、アメリカの証券口座を開いたところまでは整ってきた

さて。そうなると仕事なのだよ、仕事。

移住しても続けられる仕事。

そして夫は「ゆらちゃんがやりたいことをやればいいよ」って言ってくれているわけで

個人的には起業してみたい!

頑張る人を応援する仕事がしたいなぁ。

夫が私の人生の応援をいつもしてくれていたように。

何があってもその人のやりたいことを最後まで応援し続ける人

気軽に相談できて、その人を全力で応援する、失敗したら励まして次行こうぜ!って言ってくれる

自分にとっての夫のような存在になれたらいいなぁ。

人生の伴走者

相談にのって、夢を応援して、励まして

それでガッツリお金を稼げたら最高だぜ!

なんて

今のところ、ブログで頑張るママ(パパ)を応援するのが楽しいし

5年後に移住、であれば3年後くらいには何かを始めていこうかしらね。



-Art page, くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人が誰を嫌おうと別にいいではないか。そして自分が誰が嫌いだろうと他人が知ったこっちゃない。

久しぶりに自分の毒を吐き出すためのブログです。さぁ、心の整理⭐︎ 基本的にあんまり「嫌いな人はいない」 こう言うと、いい子ちゃんだと思われるだろうが、好き嫌いは激しい方だと思う。 だけど …

対ウイルス性胃腸炎マニュアル(備忘録)

頼むぞキッチンハイター!ウイルス性胃腸炎続く。 家にいるのにこんな感じ エプロンを装着し、マスク、手袋、キッチンハイター(泡で出るタイプ)を持ち、さながら保健所の職員。 まぁ子どもたちは落ち着いていて …

She is getting by.

英語は喋れた方がいいに決まっている。そりゃそうだけど、日本に住んでたら使うことがほとんどない。だけど、私は定期的に英語を使わなければならない時がある。それがモニカからのメールだ。 モニカは同じ団地の同 …

こぐま社でクリスマスプレゼント

誕生日カードを送ってきてくれるこぐま社。 こぐま社から誕生日カードが届きました こんなんで、採算取れるのかしらと思っていたら クリスマスの販促パンフレットが送られてきた! 出版社だから、本の販売かと思 …

no image

仕事の意義などを考えてみる

こんな時間にブログを書いている(AM1:25) ついぞさっき、持ち帰り仕事が一区切りして、この行き場のない気持ちをブログに書いてから寝ようと思ったのだけど、いやもう先に寝てしまえよと思いつつ書いている …