くらし

野心の強い妻でごめん

投稿日:2023年3月9日 更新日:

ここのところ、暇になってきてよく本を読み漁る。そして私の心は、5年後どんなことを仕事にしてるのか、という関心事でいっぱいなのである

母が亡くなって4ヶ月。驚くほどふつーの生活を送っているけれど、前よりも強く思うことがある

今の仕事は大好きだけど、でも人生が母のように60年で終わってしまうのなら続ける仕事なのか?

答えはすんごい迷うけど「NO」

というか、もっと自分の得意なことで、好きなことだけをしてていい人生を

家族とこれでもか!と一緒に過ごせる人生を送りたいと強く思うようになったのだった

4月から次男ぴーすけも保育園に通う。朝7時半から夜18時半まで二人の子どもは保育園に預けっぱなしである

ま、家に二人がいるとケンカが絶えないし大変なのだけど

仕事で顔も見る暇がない、ってのよりはいくぶんしてもいい苦労だと思う。行ってみたいところや食べたいもの、させたいことがたくさんあるけど

土日は混むし、平日に疲弊してパワーが足りない

こんな生活を60まで続けるのか…

でも、せっかく得た仕事を、続けた仕事を辞めるのはもったいない。そんな思いだった

しかしね

ぴっぴ(長男)のママ友が転職したとつい先日話してて知ったのだった

彼女は一部上場企業にお勤めで、リモートワークもオッケーな

かなーり優秀で、恵まれた環境では?!と密かに思っていた仕事

でも、思うところあって今は新しい環境で働いているらしい

ほう!(めっちゃ刺激をもらった)

私は、5年後に向けて何が出来るか模索する中で

こう、チャチャッと行動できる人はすげーなと思ったのでした

つい1ヶ月ほど前、またモヤモヤ考える中で「転職しよう!」と思い立ったのだけど

エントリーシートを書き上げて、夫にも

「転職するかも」と宣言したものの

夜中のテンションで転職は危うし、と寝て起きてみたら「やっぱ先が見えないしな」と送信ボタンを押すのをためらい

そのままDeleteしたのだった

そんな私と対象的な彼女。

私の心の友(親友)も優秀な人で、転職に成功して強みを活かして働いている

そんなまわりに取り残されたような、いや自分の生きる道はここだと踏みとどまりたいような

思春期か?みたいな心の葛藤なのですよ

ただ、根底には「お金持ちになりたい!」「自由なことができる十分な蓄えと時間がほしい!」とは思っていて(赤裸々)

カン・チュンドさんに相談したり(投資をやってみたり)

まぁ行動してるっちゃしてるんだけどもね

目標見つけりゃ一直線なんだけど

何が自分にとって良き道なのか

迷いに迷う子羊

昨日もそんな調子で本を読み漁り、今朝になって夫に

「M&Aをするやもしれん。今、後継者がいなくて黒字なのに廃業する中小企業がたくさんいるんだって」

夫は驚きながらも

「でもゆらちゃん会社を買うほどのお金は持ってないでしょう」

「それが赤字の会社とか、廃業するのにお金がかかる会社は1円でいいから買ってほしいところもあるんだって」

とまた夫にたたみかける

「世の中に雇用を生み出したり貢献したい気持ちはあるんだが、なんの業種が向いてるかがちっともわからん」

「そうだねー。なんか今の仕事が生きるといいよねー」

なーんて、優しい夫はひと通り私の会話に付き合ってくれたあとに

「でも、朝6時にする会話の内容じゃないね」

と、笑っていた

夫の言うとおりで、ちょっと前のめりすぎな野心家の妻がいるせいで

いろんな夢がみれるねー(笑)

このさい、いろんなものを挙げてみてうまくいったものを続けていくのでも良さそうだけども

いやはや、太陽光発電事業もよいな。お日様タダだし、設置すればまぁまぁお金も入ってきてほっとけるし

また夫に笑われそうだけど

まだまだ考えるよー!



-くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

来年度に向けてやらないことリストを作ろう

昨日はお休みをもらうつもりだったのに、片付けていない用事を思い出して職場へ向かったのだった 自分の用事は済ませて、さあ帰るかというところで別件で後輩に捕まる 「よかった!ゆらさん今日来ないかと思ってた …

義実家に遊びに行く

義実家との関係については、いろんな話を見聞きする。 もう引っ越してしまったママ友は、いつも義母の突撃訪問に怯えていた。 とにかくグイグイ系で人の話を聞かない、急に来て「今家の下にいる」など(ホラーか) …

それぞれの成長

最近、保育園しぶりがなくなったなーとふと感じる次男ぴーすけ。 どうやら保育園が楽しいらしい。4月の入園当初は、毎日のように泣いていたのが嘘のようだ。 こうやって、いつの間にか悩まされていたことも、ふと …

臨港パークは親子連れでいっぱい

いいお天気であった。 午前中はまたお見舞いに行き、今日も体調がいいことを確認してから病院を後にした。 ここ数日、職場と病院を行ったり来たり。家にあまり帰っていなかった。 看護師さんからも「ちゃんと食べ …

no image

私のパートナーは大変。夫の育休まもなく終了で焦る

私のパートナーが大変な人なのではなく、「私のパートナーになった人は大変」という意味で いよいよ2023年。いわゆる夫が働き、妻が育休ではなく 妻が働き夫が育休という、ちょっと変わった試みの我が家。 夫 …