母のがん

市民病院からの電話②

投稿日:2022年2月8日 更新日:

2月5日。いいかげんなんの連絡もなくて、急激に悪化しているのか、それとも少しは持ち直したのかわからないままであった。何かあれば連絡をする、ということはそれまではずっと緊張が続いている。

いざという時はぴっぴとぴーすけを見ていてくれる義母も、疲労の色が濃く見えた。ただでさえ人の家じゃ落ち着かないだろうに、「いつどうなるかわからない」状況のままの緊張感。

そんな昼下がり、市民病院から電話があった。普段マナーモードにしているので、聞き覚えのない着信音にドキッとする。慌てて出ると、いつもお世話になっている婦人科の先生からであった。

先生の電話によると、今朝血液検査や心電図の様子から心臓になんらかのイベントがあったらしい。イベント、というのは話を聞いていると悪い方のイベントで、どうやら心筋梗塞があったあとが見つかったようだった。

そして、本当なら心臓の検査をするためにカテーテルを入れたりするのだけど、それすら体に負担になるのでそれはやらないという。土曜ではあるが、たまたま循環器の先生がいて、薬を使って症状をコントロールする処置をこれからする、とのことだった。

しかし、その薬を使うと血栓ができやすくなってしまうらしい。それは心臓だけでなく、脳とかにも血栓が飛んで脳梗塞を起こすこともあるとのこと。

つまりはまた一段階悪い方に進んだということであった。これから入れるその薬が良い方向に作用すればいいのだけど、これからやってみないとどうなるかわからないらしい。

私は、どういう時にまた連絡がもらえるのかを聞いた。ようは安定してきた時に連絡はくるのかその薬の作用がうまくいったのか知りたいのだが、連絡するのは急変した時とのことであった。会うのは難しく、急変したときもICUではまた会えない可能性が高いということも教えてもらった。

循環器の先生からまた同じ話をしてもらえるとのことであったが、それは大丈夫です、と答えた。忙しいICU。誰から聞いてもあとは薬がどう作用するかは母次第なのだろうから。

隣にいた妹にさっくり説明し、義母も横で話を聞いてくれ、それでもまた待つことしかできないことを伝えた。また一段と重い空気になった。今すぐどうこうではないが、また少し悪い方向に進んでいく、そんな感じ。

姉は妹のための大掃除を終えて、この日は私と彼女の「まさかの時」の喪服を買いに行ってくれていた。何かあればすぐ帰ってくるようにと伝えていたが、この電話の内容を伝え、急がなくていいがゆっくりもしていられないことを伝えた。

私はここからいよいよ母が死んだ時のことを考えている。まずどこに連絡すればいいのか。何をすればいいのかネットには書いてあるが、近くにある葬儀屋さんに連絡をして話を聞いている。

誰に知らせるのか、身内だけってどこまでなのか、いくらかかるのか、そんな話。まだ生きているのにしたくないけど、死んでしまった時の自分の気持ちを想像することができない。ひたすら最後にあった時の母を思い出しては泣いている毎日であった。

自分の気持ちを整理するように、夫にだけはお葬式の話もした。全面的に話を聞いてくれて、いいと思うよと相談に乗ってくれる存在に何度も助けられた。次の日は夫が休みなので、義母には一旦家に帰ってもらい、少しでも緊張をほぐしてもらうことにした。

何かあれば、三姉妹が揃って病院に駆けつけられるよう、義母は日曜に戻ったら月曜の朝にまた来てくれる。日曜の朝は義母がフレンチトーストを作ってくれて、ぴっぴとぴーすけは美味しそうに食べていた。

こんな状況の中でも、小さい2人がいるとホッとするのであった。



-母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事復帰と介護が重なるんでないの

まぁタイトル通りなんですけど、今度の木曜からかーちゃんが帰ってくるわけで、先日退院に向けた会議が行われた。 訪問看護の医師とか看護師さんとかの連携を取るために、ケアマネさんとか福祉事務所の方々5名と、 …

コロナ禍の横浜市民病院の面会

その後の家族 13時間の手術を終え、ICUに一時移った母。本気でやばいと思ったその日、23時半に家に戻った。 それから1週間も連絡がないままだった。ICUから一般病棟に戻った連絡はあったものの、音信不 …

市民病院の緩和ケア病棟面談

今日はメンタル的にしんどい1日であった。ちょっと吐き出させてもらおう。 かーちゃんの危篤から早1ヶ月。緊張状態は一時的に落ち着いたものの、こちとらどういう状況なのかがわからない。母からのLINEは的を …

嫌な流れは重なるもので、母の具合が悪くなってきました

後ろ向きなブログを書いていたその日。自分のミスで職場に多大なる迷惑をかけてしまった その尻拭いをしてくれた同僚と共にあと始末に追われていた最中、妹からラインが来ていたのをすっかり忘れてしまっていた。 …

母が亡くなって思い出す母のこと

四十九日も済み、お香典返しなどやらなきゃならないことを着実に終わらせ 少しずつ、そして急速に「母のいない生活」が当たり前になってきた 前にも書いたけれど、母と姉の関係が最悪で。どっちかというと姉の気持 …