Art page くらし

着物は捨てるべきか残すべきか

投稿日:2022年1月4日 更新日:

家の断捨離をしつつ、4月から仕事に来ていく服ないなーと思ってちょこちょこ買い足している。

総数としてはプラマイゼロなんだけど、もらったけど着ない服とか、かさばる服を整理していったらフィッツケースが2つも空いた。

ここに今出ているものを収めれば、床に出ているものをスッキリさせられるのだけど。

ここはもっと踏み込んで、捨てたいけど捨てられない一品に手をつけるか否か、を悩む。

その一つが着物。

と言ってもそんな高価なものではない。むしろ、仕事始めた頃忙しい反動でこういうのを着るくらい余裕ある生活したい!!という思いで買ったもの。

洗える着物5,000円。今は新しくなってる横浜のニューマンが「シャル」だった頃の遺物。閉店間際のセールだったのだ。

一見形は浴衣なのだが、色とか着物で簡単に着られる。

浴衣なら1人で着れるので、鎌倉とかこれ着てデートしたいと思ったんだよね。(ついに叶わなかったが)

だけど、その心意気を買って職場の事務のおばちゃんがまた風流な人で、家でお茶会するから着物着てらっしゃいと言ってくれたのだった。

楽しかったーお点前とかやったことないから教えてもらって。

帯は浴衣の半帯で、蝶々結びだけど道行着ちゃえばわからない。お太鼓結びとか大仰なのはできないけれど、事務のおばちゃんが着ない着物くれたりして、フィッツケース1つ着物が入っている。

ずっといれっぱで当然着物にはいい環境ではなく。子どもが生まれて着物など着れるはずもなく。お宮参りも行事系も着物はスルーしてきた。

本当は着たかったよ!でも授乳とかそのあと考えるとなんともね。

やっとこ授乳も終わりが見えてきて、着れるかなと思うのだけど「着るかいな」と思っちゃうのだ。

忙しい、着れないといえばそれまでなのだけど、一筋の希望として取っておきたい気持ち。

そんな中

新年、バスで山下公園まで繰り出したのだけど、お散歩に来てたカップル

女の子が着物だったー!そして、足元は靴。着物にエナメルの靴!おっしゃれー

そうよね、あんまり形式にこだわらず、着たいように着ればいいじゃないか!

着物に靴、マフラー、レース、帽子、リボン、シャツ

調べてみると素敵ね

この年でこの柄か、とかこの季節にこの柄かとか気にせずにアーティスティックに着こなせばそれもそれでファッションなのだ。

うん。とっとこう着物♪



-Art page, くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

白いものをなくす

日々の食事に気を使うようになった我が家。ま、以前からなにもしてなかったわけではないけども、意識的に野菜を食べるようにしている。 もはや強迫観念的に、旬の野菜!!と春キャベツや紫色のニンニクを味噌汁やコ …

ぎんなんを拾うおばちゃん

確実に季節は進んでいて、暖かい日もあるけれど風は冷たい。 ぴーすけが歩くようになって、玄関で靴を持って「はやくさんぽにつれてけ」とうるさい。はいはい、今日はどこに行きましょうね。 川辺公園は、夏も日影 …

2度目のお見舞い

生きているなら何度行ってもいいと思ってたのでね。 今度は姉とお見舞いに行ってきた 姉のほうがばあちゃんとの関係は深く、家を飛び出したときはばあちゃんちに行ってたし またかいがいしく姉もばあちゃんのこと …

レチノールのコスパが良いというジ・オーディナリーを注文してみた

最近白髪が増えたんだよなぁ。 そりゃ、子ども2人産んでますし、30代も半ばになればいつまでも若いままではいられまい。 うちの姉はいわゆる美魔女の域に入るくらい、肌も綺麗で見た目も若い。 「なんもしなく …

雷雨の中のお迎え

昨日の雷雨、みなさま大丈夫でしたかな 台風と違って、雷雨では特になんの制約もないのだけど 昨日は帰宅時間になってザーザーの雨、そして相次ぐ落雷 出るに出れない状況になりました ま、雷雲ってちょっと様子 …