母のがん

抗がん剤治療が終わっても、尿路感染は続く

投稿日:2021年10月12日 更新日:

全6回のはずの抗がん剤治療が、4回で終了した母。

数値があんまり悪くないのと、血管がもうボロボロで点滴をさせるところがないという理由だそうで

辛すぎて途中でやめる人がいるというのだから、それもそういうものなのだろうと思うことにした。

あとは自宅で抗がん剤で落ちている免疫が上がってくるのを待って、体力をつけていくのが「治療」になるのだと思っていたけれど

またも尿路感染で入院。妹がバイトを休んで手続きをしてくれた。

尿路感染を起こさないように、色々工夫していた母。

夜寝る時の尿の逆流を阻止するために、妹とベッド周りの改造を行った。

そしてストマの交換で煩わしくなってしまった風呂にもちゃんと入るようにし

床に寝っ転がらなくて済むように、ソファーを購入して届くのを待つばかり。

それでもまた熱を出して今入院している。

本人も、今回は謎の腰痛(激痛)で異変を感じ、連絡したのでいつもの尿路感染とは違うと思っているようだ。

きちんと消化器内科にも予約を取り、医者が病室まで診察をしてくれるとのこと。

今週中に退院ということなので、特に予定はないのだけど、「明日退院します」に備えていつでも動けるようにはしている。

これまたいろんな人のブログを見ていると、ストマの人の生活は、確かに食事や排泄において気を使うところがたくさんあるようだけど、

少しずつ生活に慣れていくことで見た目には健康な人と変わらない生活ができていくように見える。

食事の時に腸が動くから音がなってしまうとか、炭酸とか匂いのきついものはストマから漏れるのが心配で遠慮しがちになるとか

でも、運動することや、出かけたりすることに支障はない。(はず)

あとはガンとの兼ね合いで、体力が落ちてしまっていたり、抗がん剤治療の影響で味覚が変わって食欲が落ちてたり

今、母の頭はすっかり髪の毛がなくなってしまって、うっすら白髪が生えてきている状況ではあるが

この後の予後については未知数だなぁと思う。

そろそろ職場復帰に向けて

職場との話し合いが待っている。

こちらの事情は早い段階で耳に入れているけれど、どれくらい受け止めてもらえるものなのか

かーちゃんがどうなるかわからない中、急に病状が悪化して介護とかになったらどうするのか

10歳下の妹に、任せて彼女の人生はどうなってしまうのかとか(就職試験あるしな)

ってか、2人の子どもの世話どーすんのかとか

色々と考えるところがあるけれど

とにかく今はまぁまぁ元気で尚且つ入院しているからできることはないんだよね。

職場復帰しにしても病気にしても、「起こらないこと」を心配して二の足を踏むよりも、万全の準備だけはして

それでも起こってしまった時はしゃーないよね!という精神で乗り切ろうと思う。

一緒に落ち込んでもしょうがないし、わたしはまず自分の家族のことを考えなくればならないのだと思っている

それでも不安は多いので、先に職場復帰した先輩に「仕事始まるので何を準備しといたらいいですかね」と聞いた

彼女の答えは

「どうせ4月からめちゃ忙しいから、3月めいっぱいまで遊んどけ」とな

マジで尊敬。笑

それくらいのドーンとした気持ちで、人生を乗り切りたいわね!



-母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

がんサバイバーをさがす

前回の大腸内視鏡検査でも、結局がんのおおもとは見つけられなかった。もはやどこから転移してきたのかわからず、PET-CT検査を受けた母。 放射線を浴びるので、妊婦や乳幼児との接触は10時間禁止というから …

母への愛

がんサバイバーをさがす 天気がいいので実家を片付けしに行くことにした。その前に、乳がんのがんサバイバーである伯母のところへ寄った。 母と伯母は仲が悪い。というか、一方的に母が伯母を嫌っている。なんと言 …

市民病院の緩和ケア病棟面談

今日はメンタル的にしんどい1日であった。ちょっと吐き出させてもらおう。 かーちゃんの危篤から早1ヶ月。緊張状態は一時的に落ち着いたものの、こちとらどういう状況なのかがわからない。母からのLINEは的を …

検査結果

検査結果が出た。結果的には全身転移はなかった。すい臓にガンもなかった。大腸もきれいなもんで。 なんなら手術で取りきればステージ1とか2で済みそう よかったぁぁあーーーー!!! ほんとにもうすい臓がんで …

消化器内科は死ぬほど待つ in 横浜市民病院

母ががん in 横浜市民病院 ここ数日、気を紛らわそうと色々書いたりしてみたけど、やはり今この状況を書きつつ整理しておこう。 今日は寝かしつけから復活し、この怒涛の数日間を記録しておく。 前回、カンフ …