子育て

ぴっぴ3歳9ヶ月

投稿日:2021年9月29日 更新日:

ぴっぴの保育園自粛生活も終わりを告げようとしている。

と言っても、もう流石にこちらが音を上げて、1週間に1日ほど通わせてもらっている。

家の中で3歳児(もうすぐ4歳)の好奇心を満たすのは容易ではない。体力も、知力もフル稼働。それでもヤンチャな方ではないぴっぴだけど、毎日何がしかのイベントがないと間がもたない。

イコットハウスや遊び場に行くときはいいとして、雨の日はYouTube祭りだし、晴れても公園か図書館くらいしか行くところはない。

そんなわけで最近のぴっぴは、本を読みすぎてひらがなが読めるようになってきた。借りてきた本を寝かしつけ前に読むのが定番であったが、日中も本を開いては一生懸命読んでいる。

親としては嬉しい反面、今からひらがな仕込んでも勉強っぽくなってしまわないか心配で。

かつ、「これなんていうの?」と読めない言葉が出てくると持ってきては聞くので、いちいち家事が中断されるのもなぁ。

かといってもう読めるようになってしまうと、食品のラベルやらオムツのパッケージやらひらがなは溢れているので

それを止めることはできない。

知識欲爆発!

「の、り、た、ま!」と、嬉しそうにふりかけを眺め、「なんでこっちから読むのー?」と相変わらずなんで攻撃健在。

そうそう、外を歩いていると見つける「おすい」当然、これなあに?となる。

「これはね汚水って汚い水なんだよー。ぴっぴのうちでもお風呂とかおトイレで使った水を流すでしょー。パイプを通って水をきれいにするところへ流すんだよー」

そんでもって今度は「うすい」を見つける。まぁこれなあに?になる。

「これはねー雨水って、雨が降った時の水が流れているんだよー。」

「きれいな水なの?」「いや、雨水はばっちいから飲んだりはできないけども」

「きれいな水はなんていうの?」「うーん、上水かなぁ」

「上水はぴっぴのおうちにパイプで流れてくるの?」「そうだねー」

なんか、いちいち面倒くさいなぁと思いつつ答えていると、どきっとするような展開に。

「ぴっぴのおうちで使ったお水は、どうやって流れていくの?こっちからこっちに流れるの?川みたいに坂を上から下に流れていくの?」

え?

勾配の話かしら?

そういえば前に坂道を爆走しているときに位置エネルギーの話はしたな。けっこう適当に。

「そうね…。ちょっと坂になってて流れていくんじゃないかなぁ。」「ふーん」

質問に答えつつ、でも、そうすると我が家のような低地はどうするのかしら。浄水場の方が坂の上にあるんだけどなぁ。

そう思って、ぴっぴが寝静まってから、『上下水 どうやって流れる』と検索すると、同じようなことを質問している人がいた。

やっぱり勾配をつけて、いざというときはポンプで汲み上げていたのか!

知らなかったし、ありがたい話やで。水道局の皆さんお疲れ様やで!横浜市の水道局のQ &Aは簡潔でそっけないけど。

とりあえずぴっぴが起きたらポンプの話をしてみよう。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

魔の2歳児を脱した、2歳9ヶ月のぴっぴ

ぴーすけ(次男坊)が生まれて、日々お世話に明け暮れ、あっという間に1日が過ぎてしまうが ぴっぴ(長男)の成長がめざましい。 思えば、2歳6ヶ月で下の子が生まれ、ママが入院したり保育園に通い始めたり人生 …

商売のジレンマ

ぴっぴは毎朝保育園に行く前YouTubeを見るのだけど、めずらしくおもちゃで遊んでいた 磁石のおもちゃで、いろんな形を作れるのだが今日は「お店屋さんごっこ」らしい。 これね。保育士の友達にこの前いただ …

けいゆう病院の無痛分娩は平日9時−16時の難関。事前講習は必須。

イギリスの王室で子供が生まれた時に、さっそうと姿を現したキャサリン妃。 ヨーロッパでは無痛分娩は結構スタンダードである。 あの姿を見て「え、まだ数日しか経ってないやん」とツッコミを入れたいほど元気で晴 …

サバイバル小学一年生の1週間

大人も子どもも、新しい環境に適応するにはやっぱりパワーを使うものでして この1週間は、どっと疲れが出た1週間でしたわい ぴっぴ(長男)は、同じ保育園から入学するお友達はゼロ。これに「小1の壁」なんてい …

2歳差か3歳差か。生まれたあとも、妊娠中もまぁ大変

あかちゃんは授かり物なので、どーのこーの言って狙った通りにいくわけではないが できるならどれくらい間があいてたらいいのか考えるのもひとつ。よく、受験がとか大きくなってからの問題点を話題にするが、純粋に …