母のがん

何度目かの退院と国交回復

投稿日:

忙しい1日であった。

かーちゃんが尿路感染による発熱で入院し、17日に受ける予定だったワクチン接種をキャンセルしてしまった

そのまま1週間ほど入院し、今朝退院。わたしも家の前からタクシーに同乗し、実家に帰ったのだった。

2人の息子は夫が気持ちよく引き受けてくれて、久々のひとり者。コロナ爆増で2日前から保育園はお休みして、ぴっぴとぴーすけがべったりだったので1人が余計に身にしみる~!

さて、実家に帰るミッションはいつも妹におねがいしてばかりの入退院付き添いを代わって

ちょっとでも役立てばと思ったが、帰ってからはなんやかんや妹がかーちゃんに使われてお客様対応してくれたもんで頭が上がらなかった

本当にいつもありがとう。

母はと言うと、4回目の抗がん剤治療を水曜日に控え、1番調子がいいとき。免疫力も1番あるときだ。出来たらコロナワクチン接種をしたいところだったが、帰りの車中電話で聞いても予約は取れなかった

気持ち切り替えて、家ではよく食べ、よくしゃべり、よく動く母。尿路感染さえなければもっと良いのだけどなぁと思っていたので、その対策としてベッド周りを整えることに

なぜにこんなに尿路感染送り返すのか考えると、夜間の尿バッグの取り扱いに原因がありそうだった。ベッドサイドに引っ掛けるところがなくて、横にイスを置いていたようだが、倒れて外れたりしてしまっていたらしい。それが煩わしくてベッドが嫌なんだとか。

退院してから導入したベッドには最近寝ていないという事実発覚。いろんな理由を並べていたけど、尿路感染が悪化すると背中からチューブを導入することになる事実がわかると、大人しく今日からベッドで寝ることを約束していた。まぁ寝返り打つのとか大変なんだろうけど、背中にチューブはもはや寝れないからね。

姉妹でベッドまわりのものを買い出しし、帰りにケンタッキーを買ってみんなで食べる。母も病院ではお粥にヨーグルトと、味覚が塩気を遠ざけていたようだが、ケンタッキーをリクエストするくらい食欲もあってよかった。ふと、母の姉(伯母)の話に。

まぁここがめちゃくちゃ仲悪いんだけど、おばちゃんは母のことをめちゃくちゃ心配してくれていた。物資を届けてくれたり、妹が1人の時連絡してくれてたり気にかけてくれてた。「ちょっとでも元気な様子を電話とかでも伝えたほうがいいよ」とサラリと言ってみた。すると予想外の反応が。

「電話するんならうちでお茶でもすればいいのに」

なんですと?!

「いや、それ本当ならおばちゃんめっちゃ喜ぶんじゃない?」

「でも2人きりは無理だから今がいい」とのことで、急きょ電話。おばちゃんは二つ返事で来てくれた。

まぁ仲が悪いと言っても、10歳も歳の離れた姉妹なので一方的に母がおばちゃんに敵対心、という構図なので。いろいろ今まであったらしいが、おばちゃんは癌の話を聞いてショックを受けてたし、いろいろとしてあげたいのを母が遠ざけていた。まともに話をしたのはもう何年も前になるのか

ここにきて、国交回復。実家でお茶となった。涙ぐむおばちゃんとそれをみて同じく涙ぐむ母。死ぬわけじゃないのだから、と思いつつも2人がぎこちなくも話をするなかで、最後には近況を楽しく話すのを見れてよかった。今日はこれでミッションは完了だろう。

風呂に入るのを手伝ったり、ストマを替えるのを手伝ったりはできなかったけど、とても意味のある1日だったと思う。

夕方になって、お弁当を買って帰宅。2人の息子たちを朝から一日中見ててくれた夫にも感謝。ぴっぴは帰った瞬間、「ママー遅すぎるよー!」と文句を言ってたので、今日は一日遊んで過ごそう。



-母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事と育児と介護の両立への道すじ

職場の面談が終わって、とりあえず近況を話してきた。 悪い話は早く報告、という自分の中のルールがあるので、母の癌の手術が予想外にヤベェのが分かってからすぐに連絡し、職場復帰への状況は話しておいたのだけど …

腎ろうを造設して絶好調のかーちゃん。

夜中に3回嘔吐して、死にかけていたかーちゃん。 手術は無事に成功。というか、処置? 今なら言えるけど、「家族の人を呼んで説明を受けてください」と言われていて、私が呼び出されたとき(いつもついていく妹で …

横浜市民病院の一般病棟へ(面会全面禁止)

驚異的な回復力を見せた母は、ついに一般病棟へ移ることになった。 この1週間は、危篤の連絡を受けるところから始まり、誤嚥性肺炎と心筋梗塞と「もはやこれまで」と覚悟することのオンパレードであった。 私もこ …

子宮頸がん手術当日

市民病院の入院手続き 手術当日。3〜4時間ほどの手術のつもりでいたけれど、7時間の長丁場に、妹と相談して前半後半に分けて待機することになった。 ぴーすけは家で姉がみるという、三姉妹連携体制がとられた。 …

抗がん剤治療が終わっても、尿路感染は続く

全6回のはずの抗がん剤治療が、4回で終了した母。 2回目のコロナワクチンを受けられた 数値があんまり悪くないのと、血管がもうボロボロで点滴をさせるところがないという理由だそうで 辛すぎて途中でやめる人 …