母のがん

3回目の抗がん剤治療

投稿日:2021年8月14日 更新日:

だいぶ先が読めるようになってきた母のガン治療。

相変わらずステージ3と4のはざまにはいるものの、本人も前ほどの混乱もなく、われわれもルーティーン化しているように思う。

日頃の世話は同居している妹に、市民病院に付き添うときや入退院時は私が、その際の子どもの世話は姉がとなんとかバランスをとっている。

それでも妹の負担は大きいが、妹が母との相性が1番いいのも事実なので、お願いしてしまっているところもある。

先日、3回目の抗がん剤治療が始まった。手のしびれにストマ交換が難しくなり、回数を重ねるごとに免疫も体へのダメージも重く計画的に入院を長くしてもらっていた。

しかし、意外にも本人は元気。

いわく、「3回目ともなれば予想がつく」とのことで、だいたいこれくらいから食べられなくなるなーとか、逆に何日目までは元気だとか

夏休みで夫がいるので、子どもを預けて様子を見に行った。

コロナ禍で面会はできないのだが、市民病院に併設されているカフェに患者も降りてこれるのだな。盲点であったが、人のいない朝7時半にモーニングを一緒に食べた。

ストマになっても基本的に何を食べてもいい。ただ抗がん剤治療の影響で気持ち悪くなって食欲は落ちる。

だから食べれるものを食べられるだけ、が基本である。

モーニングを食べたら病院のご飯が食べられないだろうに、それでも誰かと食べる方が良く食べられるのだという。

久しぶりの近況報告と昔話と今後の治療話と、話ができると食欲も増すよう。食後にローソンへ。ここでは生活用品一式が揃う。そしてカツラも売っている。

もう、髪の毛はごっそりなくなって落武者のような母。今回手ぬぐいを持ってきてと頼まれていた。

剣道の面下の付け方を教えてくれと、鬱陶しいのだそう。教えたけど難しいのよね。

外に出かけることもあまりないだろうけど、いざというとき帽子だけでは心許ない。

試供品があって、つけ心地を試していた。ガン患者のカツラ、1万円ほど助成金が出るようだ。退院の日に買ったらしい。

本来長めの入院を予定していたが、コロナの影響で早めに退院となった。

今回は前より顔色もいいので安心していたが、今日また再入院。熱が出たらしい。熱が出るたびにコロナかとドキドキするが、とりあえず違くてほっとした。毎度妹がバイト返上してつきそってくれた。ありがたい限りだ。

17日に予定していたコロナワクチンの接種も難しそう。

なかなかうまいこといかないもんだなぁ。



-母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

三姉妹会

母のがんがわかり、色々と状況が掴めてきた。悲しんでもいられない、やれることを模索する中で、今後のことについて話し合わなければならないと思った。 私の夫のお父さんが三兄弟なのだが、そのお父さんつまり夫の …

仕事復帰と介護が重なるんでないの

まぁタイトル通りなんですけど、今度の木曜からかーちゃんが帰ってくるわけで、先日退院に向けた会議が行われた。 訪問看護の医師とか看護師さんとかの連携を取るために、ケアマネさんとか福祉事務所の方々5名と、 …

繰り返す入退院備忘録

かーちゃんからまた連絡あり。「二回目の抗がん剤無事終わりました」とのこと。 今後の治療や生活の見通しのために入退院備忘録をつけておこうと思う。 母の退院 4月27日の13時間に及ぶ手術から1ヶ月。 子 …

市民病院の緩和ケア病棟面談

今日はメンタル的にしんどい1日であった。ちょっと吐き出させてもらおう。 かーちゃんの危篤から早1ヶ月。緊張状態は一時的に落ち着いたものの、こちとらどういう状況なのかがわからない。母からのLINEは的を …

親と話し合っておいた方がいいこと

やっとこ慌ただしい1週間が終わって、仕事に没頭する毎日である。 細々としたことは、比較的仕事の融通が平日にきく、妹と姉でやってくれている。つくづく思うのが姉妹がいてよかったということ。そして仲が良くて …