母のがん

3回目の抗がん剤治療

投稿日:2021年8月14日 更新日:

だいぶ先が読めるようになってきた母のガン治療。

相変わらずステージ3と4のはざまにはいるものの、本人も前ほどの混乱もなく、われわれもルーティーン化しているように思う。

日頃の世話は同居している妹に、市民病院に付き添うときや入退院時は私が、その際の子どもの世話は姉がとなんとかバランスをとっている。

それでも妹の負担は大きいが、妹が母との相性が1番いいのも事実なので、お願いしてしまっているところもある。

先日、3回目の抗がん剤治療が始まった。手のしびれにストマ交換が難しくなり、回数を重ねるごとに免疫も体へのダメージも重く計画的に入院を長くしてもらっていた。

しかし、意外にも本人は元気。

いわく、「3回目ともなれば予想がつく」とのことで、だいたいこれくらいから食べられなくなるなーとか、逆に何日目までは元気だとか

夏休みで夫がいるので、子どもを預けて様子を見に行った。

コロナ禍で面会はできないのだが、市民病院に併設されているカフェに患者も降りてこれるのだな。盲点であったが、人のいない朝7時半にモーニングを一緒に食べた。

ストマになっても基本的に何を食べてもいい。ただ抗がん剤治療の影響で気持ち悪くなって食欲は落ちる。

だから食べれるものを食べられるだけ、が基本である。

モーニングを食べたら病院のご飯が食べられないだろうに、それでも誰かと食べる方が良く食べられるのだという。

久しぶりの近況報告と昔話と今後の治療話と、話ができると食欲も増すよう。食後にローソンへ。ここでは生活用品一式が揃う。そしてカツラも売っている。

もう、髪の毛はごっそりなくなって落武者のような母。今回手ぬぐいを持ってきてと頼まれていた。

剣道の面下の付け方を教えてくれと、鬱陶しいのだそう。教えたけど難しいのよね。

外に出かけることもあまりないだろうけど、いざというとき帽子だけでは心許ない。

試供品があって、つけ心地を試していた。ガン患者のカツラ、1万円ほど助成金が出るようだ。退院の日に買ったらしい。

本来長めの入院を予定していたが、コロナの影響で早めに退院となった。

今回は前より顔色もいいので安心していたが、今日また再入院。熱が出たらしい。熱が出るたびにコロナかとドキドキするが、とりあえず違くてほっとした。毎度妹がバイト返上してつきそってくれた。ありがたい限りだ。

17日に予定していたコロナワクチンの接種も難しそう。

なかなかうまいこといかないもんだなぁ。



-母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

食卓にプロテインを

ここ数日のやらかしたーの1つは、やけどである。 夕飯時、ぴーすけをおんぶして味噌汁を作っていてわいた鍋に味噌を溶かしたところで、鍋ごとひっくり返してしまった。 とっさにぴーすけにかからないようによけた …

子どもたち2人の異変

とりあえず妹と家に帰った。自転車を引いて歩いて。 妹に泊まっていけばと言ったが、家をそのままできてしまったので帰るという。しかし心配なので姉が一緒に帰ることになった。実家には死んでも帰りたくない姉だが …

夫と話し合った夫婦の選択のこと

この1年、本当にいろんなことがあった。主に母のことではあるが、これは母の問題ではあると同時に私の問題でもあった。 それはこれまでの親子関係の総決算であり、これから自分が子育てをするときに何を大切にする …

大腸内視鏡検査

消化器内科は死ぬほど待つ in 横浜市民病院 市民病院で大腸の内視鏡検査を受ける流れになった。これは今後のためにメモをしておこうと思う。 検査は14時半の予定ではあるが、無理矢理ねじ込んだのでその時間 …

抗がん剤治療中のワクチン接種

世の中が、段々とコロナワクチンの接種に向けて動き始めている。 「受けたいのに受けられない若者」を受け入れようとする渋谷の接種会場には長蛇の列。密やん、と思いながらそうだよねー受けたいのにさー受けられな …