くらし

太陽光パネルを災害に備えて設置する計画

投稿日:2021年7月21日 更新日:

このところ自然災害の被害が甚大だ。

雨の降り方も激しさを増して、わたしたちが子どもの時の夕立とか、台風のときの雨とはまた違った様子である。

静岡では避難している人はコロナの影響でホテルの個室にいるようで。

安全なのだろうけど、それもまた孤独との戦いだなぁと思う。一刻も早く日常が取り戻されることを願うばかり。

コロナ禍で災害が起こったときどうするか、というのはわが家ではちょくちょく話題になる。

小さい子がいるからシミュレーションも大切なのだが、できるならギリギリまで自前でなんとかしたい。

もちろん、逃げなきゃならんときは逃げるし、わが家は川が氾濫したらアウトなんで、それはそれとして。

避難所にお世話になるにしても、優先度が高い人が入った方がいいし、子どものことを考えると家にいられるうちは家で耐えるしかない。

最近、ローリングストックの賞味期限が次々に過ぎて、慌てて袋ラーメンとか食べている。

これも買い足さなくては。

煩わしくてストックしてたはずの45リットルゴミ袋も使い切りつつある。

防災訓練に参加してもらってきた缶のパンさえ賞味期限切れてる。これ酸っぱいんだよ…


あれ、防災意識落ちてきたぞ!もうすぐ台風の季節だぞ!

そこで前から気になっていた太陽光発電システムについて最近ブログを読みあさっている。

夫の実家にはまさしくソーラーパネルが設置してあるのだけど、ウン百万かかって元を取るには何十年‥?

しかもメンテナンスがあるみたい。

そんな大仰なものはやりたくない。(できない)

もっと趣味的な、どんなもんなんでしょ、と実験的にやってみたいのだ。

しかもわが家はマンションの1階。

あんまり陽当たりは良くないのだ。

マンションの規約で置いてはいけないものもあるだろうし、となるとお手軽なポータブル的なやつがよかろうと。

そこでちょっと気になるのがこちらのメーカー。

オレンジ色が特徴的なJackery

ただ高い。

趣味でやるには高すぎない?水没したら間違いなくこいつも故障するんでしょうよ。

ポータブルとはいえこれ持って逃げるかといえば、私はぴーすけをしょって、ぴっぴの手を引いて逃げますわ。

かといって手作りもねー。

手作りサイトありましたけど、理系の人じゃないと家を燃やしたりしないかハラハラ。

とにかく、有事の時に連絡さえとれればいいのになー

なんて思ってたら、なんとわが家の電動自転車ギュットが、パナソニックなんですけど

電動自転車のバッテリーからUSBに差せるものがあるらしく

これ、自転車のバッテリーにカチッと装着すると、USBの電源になるそうで。

まぁUSBしかないけど、アダプタ繋げば携帯は生きてるってことね。

このご時世何が起こるかわからないから、いろんな方法でライフラインを確保しておきたい。

さっそくポチッとしましたありがとう。

買うときは全く意識していなかったけど、電動自転車あってよかったー。

電気自動車を持ってる人はそこから電源確保できるし、時代だなぁと思う

ただ、難点といえば我が家の電動自転車のバッテリーはいつも50%以下の日が多いから、いざって時に役立つかが問題。笑

太陽光発電については、値が張るのでね。

もうちょっと検討してから、設置となればまたレポして見ましょう。我が家もちょっとSDGSやらにゃねー



-くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

She is getting by.

英語は喋れた方がいいに決まっている。そりゃそうだけど、日本に住んでたら使うことがほとんどない。だけど、私は定期的に英語を使わなければならない時がある。それがモニカからのメールだ。 モニカは同じ団地の同 …

着物は捨てるべきか残すべきか

家の断捨離をしつつ、4月から仕事に来ていく服ないなーと思ってちょこちょこ買い足している。 総数としてはプラマイゼロなんだけど、もらったけど着ない服とか、かさばる服を整理していったらフィッツケースが2つ …

ハンドブレンダーでお好み焼き

近くの友達が土曜にうちに来ることになった。 土曜とて夫は仕事で家にいないので、子ども2人を一緒に相手してくれる彼女はありがたい。 そこで一緒にお昼を食べることになったのだけど、これまでにクレープ祭り、 …

朝のガストで出会ったカップル

この1週間、ぴっぴとぴーすけと一日中家にいることが多かったので、夫の休みということもあり、ちょっと1人の時間を確保した。 さぁてどこに行こうかな。 でもでも色々やりたいことがあるから、しょうがねぇ今日 …

no image

ダスキンをお試しで使ってみた

ぴっぴが額を怪我しててんやわんやしてる最中、急いで帰宅途中、駐車場で声をかけられた。ダスキンのおじさんだ。 何やら同じマンションの違う部屋にダスキンのモップをお届け中だっだのだけど、子連れを見かけて「 …