くらし 子育て

新しい仕事を作れないか

投稿日:2021年6月15日 更新日:

仕事復帰までカウントダウンが始まり、我が家なりに作戦を立てている今日この頃。

そんな中保育園で面談があり、保育園でのぴっぴの頑張りっぷりがよくわかった。

本来、保育園は働いている親御さんの代わりに乳幼児を保育してくれるところだけど、我が家は産前産後の保育という超ラッキー案件で入園し、育休中継続させてもらっている。コロナならではだろう。

ふと、このコロナでたくさんの人が職を失っていることに思いを馳せる。

対岸の火事ではあるけれど、いつ自分の身に起こったっておかしくないわけである。

実際姉はコロナで勤め先が閉店、そのあとはポツポツとアルバイトで食い繋いでいる。

今あるお店がなくなってほしくないし、経済を回すにはみんなが所得を得て、消費をして、お金が血液のようにぐるぐると循環して正常な世の中になるのだ。

今は言うなればドロドロの血が至る所で停滞して今にもストップしてしまいそう。

今回はコロナというパンデミックであったけど、前から思っていることがある。

「働きたい人」はいるのになかなか仕事が見つからず。

一方で仕事している現場では仕事量がどんどん増えて残業がのしかかってくる。

なんて矛盾なんだろう。

単純に考えれば、めちゃくちゃ仕事を抱えている人から、その仕事の何分の1かを、仕事を欲している人に回せばどちらも助かるのにという思いである。

これから仕事を復帰する身からすると、給料はそんなに高くなくていいから、夕飯を家族で一緒に食べられる時間には帰りたいというのが本音である。

私の仕事は夜には職場にいなければならない仕事ではない。

だけど、実際には仕事量が多くて残業は当たり前になっている。

ママになり、独身の時のような無理や無茶はできないとして、私は世の中の他のお母さん方のように効率よく働けるのだろうか、いやー無理!

けれど、これまで少なからず積み上げてきたキャリアもあり、それを手放して無職になるのも不安。

全く違う業種の、家から近いパートに切り替える踏ん切りもつかない。

できるならば、「家に持ち帰れるような仕事」だけを家でやりたいなーとか甘い考えを持ってたりする。

これってさ、他のお母さんたちは思ってたりしないのかな?

自分の専門分野で、今この子どもの小さいうちだけ、感が鈍らない程度に社会に身を置きつつ、いつでも現役バリバリでやってた時のように戻れる日を目標にサポート役に回りたいよと。

もちろん超上昇志向の人はそんな待遇じゃ満足できないだろうけど、期間限定でそういう仕事のやり方ってどうですかね。

いわゆる時短勤務ってやつはそうなんだろうけど、どうしても申し訳なさが先に立つ。

だったらそういう専門の作業を任せる部門ってーのを作るとかさ。

今はないけど、新しくできる仕事はないかしらと思ったりする。

ママ友の中にも、妊娠前は仕事してたけど、つわりがひどかったり、勤務が大変で辞めちゃったり、復帰する時にあまりの現実の難しさに辞めちゃったり、復職したけど勤務形態が難しくて辞めちゃったり。

結構聞きましたな。もちろん旦那さんがリモートになってお迎え頼めるようになったとか、行きは送ってくれるとかあるけど、まぁ負担は大きいわな。

だから世の中のお母さん的にも、家でできる新しい仕事とか、今より時間拘束は短いけど充実した仕事とか、やりがいのある仕事とか作れないかしらと思っている。

私は文章を書くのが好きなので、文章に特化した仕事とか。

絵を描くのが好きなので絵を描くことで成り立つ仕事とか。

別に特別なスキルじゃなくても、家で子育てしてりゃそれなりのスキルが身につくわけで。

子どもがらみとか、料理絡みとか掃除洗濯絡みとか。

私は超絶片付けがヘッタクソなので高くなかったらお掃除の業者呼びたい……

隙間時間にちょっと1時間だけ、とか子どもが寝ているうちにちょっと何か作ったりとか、幼稚園に行っている間にできる何かとか。

今はいわゆる副業と言われていて賃金も低いかもしれないけれど、これから新しい仕事を作り出して、自分の子どもたちの時代にはそれも選択肢の1つになるような仕事ができないかなーと思ってる。

在宅も主流になったらいいなぁ

誰かが作ってくれりゃーいいんだけど、こういう困りごとからイノベーションが生まれるわけで、まぁ妄想しておいても損はないだろうな。

例えばダスキンのお掃除頼むと、ピッカピカにしてくれてうん千円、数回頼めばうん万円なわけで。

それはちょっとそこまではいらんのだけど、ちょっとしたお掃除のコツとか整理整頓手伝ってくれて1回2,000円とかなら出すな。

衣替えのシーズンに断捨離を手伝ってくれたりとかさ。

うちの汚ったないカウンターをどうしたらもので溢れないようにするかとかさ。

家でぴーすけを見ててくれつつお料理を作るのに横からアドバイスくれたり。

得意料理を教えてくれたり。

料理教室に行くほどじゃないんだけど、ってかコロナで行けないけどうちに来てくれて友達が作ってくれるようなやつで、

美味しくて時短でって料理を自分で作るのに、横から口出してくれたりとかコツを教えてくれたりとか。そういうの。

台所多少汚くても気にしないの。

友達で料理めっちゃ得意な人いるけどさ、料理教室とかなると大変じゃん。

だからマッチングすれば紹介するのになぁとか思ったりする。

赤ちゃんがいる世帯だったら、新生児が生まれて外にいけないときに、自分ちの赤ちゃん連れてきてオムツの替え方とか、ミルクのあげ方とか、抱き方のコツとか友達みたいにおしゃべりしながら教えてくれるとかさ。

ちょっと赤ちゃんあやしながらお茶しつつ悩み聞いてくれるとかさ。

ぐいぐい聞けるじゃん、こういう時ってどうすればいいんすか?!って。

病院だとなかなか聞きにくいし、実母だと時代違うし、育児書通りじゃなくてもいいよって言ってもらいたいだけの時とかさ。

友達が同じくらいの月齢の子どもがいたら頼みやすいんだけど、そうとは限らないし、むしろ友達だとお金絡むとそのあと関係悪化とかやだし。

猫の手も借りたいような時、スパッとお金で解決できたらいいよなーって思う。

金ならある!ってかそういう時の金って大事だよ。

そもそもママ友作るのがさー大変なんだよ。児童館行ったり公園行ったり雰囲気伺ったり、子どもがぐずったりするやん。

近いが故に今後の幼稚園が一緒なのかとか、小学校が一緒なのかとかあとあと考えちゃって踏み出せなかったり。

そもそもみんながみんな私のような社交性モンスターじゃないよって姉にも言われたからさ。

だからいろんな人のブログを読んだりするんだけどさ。

全く自分と同じ境遇の人なんていないし、レスポンスがないものって選ぶのも自分次第だからな。

ママの息抜きにもなり(まぁ仕事なのでそれなりの責任はあるだろうが)、全く働かないのとは違って自分の好きなものを買えるようなお小遣い稼ぎにはなり、ちょっとしたみんなの困りごとを解決できるような何か。



-くらし, 子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぴっぴ1歳9ヶ月(過去記事)

ぴっぴの成長記録を前のブログで書いていたので今日はそれをまとめておきましょう。1歳9ヶ月から2歳半くらいまで。当時の文のまま、ちょっと直して載せます。 我が子は11月末に生まれたので、月と月齢が同じ。 …

no image

暑すぎて溶けやしないか

連日の猛暑である おとなはもとより、子どもたちはこんな中、通学・通園で溶けてやしないか心配だ さて、保育園では夏らしくプール開き 毎日の着替えにプラスして、プールグッズが加わり チャリで送迎できない今 …

タスマフィンは春の桜マフィン

気がついたら、半年近く髪を染めてなくて プリンを通り越してグラデーションになっている そろそろ卒園式だし、なんなら入学式も控えているわけで 美容院に行くことを決意 いつものように予約サイトを見ていたら …

カルダモン入りにんじんケーキ

さて、ぴっぴが保育園に行った日。普段の体たらくは横において、めちゃくちゃ活動した1日であった。何しろ4週間ぶりの平日ぴっぴなし。 まぁ別にぴっぴが居ようとも、どこにだって行きゃいいのだけど 雨が降った …

美容系グッズを衝動買いの巻

先日、高校以来の親友との子ども抜きでのお買い物の旅に行ってきた。 お互い子どもを夫に託し、さぁて何をしようか。一緒にリーベルのモーニングに行き、ひたすらダベる。w 話すことといえば子どものことや、最近 …