子育て

♯7119は覚えておこう

投稿日:

あかちゃんといえば熱を出すものだと思えるのはつい最近のことで

コロナもあいまって毎度発熱にもドキドキする。

けいゆう病院では、37.5℃までは平熱と教えてもらったが、39℃の熱があっても食欲があって元気なのと、37℃台でもぐったりして水も飲めないのとでは緊急度が違う。

今朝、ぴーすけ(次男)がおっぱいを求めて起きたとき、「ちょっと熱いな…」と感じた。寝室から出て、ソファーで熱をはかると38.5℃。でもおっぱいをグビグビ飲んで寝てしまった。わたしもうとうとしてそのまま寝落ち。

次に起きたのは7時であった。あれ?夫はもう出勤の時間では?家族で寝坊して大慌てで準備。

しかしぴーすけが熱い。熱をはかると39.1℃まで上昇していた。こりゃやべーなと、寝落ちして紛失した携帯を探して右往左往。なんとか見つけて小児科に11時すぎにネットで予約を入れたのだった。土曜日なので朝イチには入れられなかった。

今日はたまたま実家の母が暇で、ぴっぴ(長男)を見ててくれるとのことで、ビデオ電話で様子を伝えていたが、ぴーすけのあまりの機嫌の悪さに「11時で大丈夫?あかちゃんは悪くなるときはすぐだよ」

という言葉に不安を感じ、以前にもかけたことが一度あったが♯7119に電話をかけることにした。

この番号は、ようするに緊急に受診するべきか迷うときに相談できる番号である。いきなり救急車を呼ぶのは気が引けるが、ここで判断をあおぎ場合によっては救急車を呼んでくれたりする。大丈夫だろうと思いつつも、生後9ヶ月まだまだ何が起こるかわからない。二人目のおごりもあるかもしれない。

電話をかけると音声プログラムが流れ、目的別の番号が案内される。その後つながった女性にこどもの年齢と症状を伝えると、向こうからもいくつかの質問をされた。

ざっくり覚えているものは、意識はもうろうとしてないか、水分はとれているか、おしっこは出ているか、おしっこに変な臭いはないか、色が濃くないか、舌はかわいてないか、耳だれはないか、耳を痛がらないか、頭を痛がらないか、嘔吐はないかなど。

ほとんどノーだったので、小児科を受診することをおすすめされた。お礼を言って電話を切り、予約とおりに受診した。結局のどが赤くはれていて、夏風邪かまたも突発性発疹か、火曜日まで熱が続いていたら再び受診することになった。解熱剤の座薬をもらって帰ってひと安心である。

今回は落ち着いてこちらの番号を利用させてもらったが、以前かけたのは姉の時であった。子どもたちと一緒に出かけたあと、帰宅すると姉の具合が悪い。頭痛と嘔吐もしたのだった。その時、痛みに耐えながら姉が指示してくれたのがこの番号であった。いや、正確にはそういう番号があったはずだ、と言われたのだ。

そういえば、検診の時や遊び場でもらうプリント、誤飲に注意という小さな穴の空いた厚紙…

そんな番号が書いてあった!冷蔵庫に貼ってあると思って取りに行くと、それはこっころの番号であった。焦れば焦るほど出てこない。

なんだっけーなんだっけなーほらほらほらほら!!その間にも割れるような頭の痛みと嘔吐で具合最悪な姉。

そうだ!117だ!!

「…ピッピッピッ…ポーン  15時、」

「あーー時報だーーー!!」

もはやパニックである。ようやく確実にネットで調べてから♯7119という番号にたどり着く。117惜しかったな。

その時は、「割れるような頭の痛み」×「嘔吐」というのが緊急度が高くて、救急車を呼ぶことをすすめられ、というかその人が救急車につないでくれた。人生で初めて救急車を呼んだ瞬間であった。

人間とっさの時にどう行動できるかってほんと大事よね。わたしはだめよ。もうパニック。

でも、これからも何が起こるかわからないから。覚えておこう♯7119 。シャープに、7、そして119。

時報を押してはいけない。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

息子に400万

唐突にお金の話だけど、いつか息子達が読んでくれるていで書いてるブログなので、母の計画を知っておいてもらおう。 親なので一応教育資金というものについては、責任をもって準備をしようと思っている。月に1万円 …

けいゆう病院出産レポートブログ2020年−4−(お祝い膳ごはん写真あり)

2020年夏、けいゆう病院にて2人目を無事出産。  ※ちなみに2017年に長男ぴっぴ出産 新型コロナの影響で、入院の時の付き添いもなく、陣痛も1人で耐え、出産もなんとか終わったのだった。 けいゆう病院 …

ぴっぴ1歳10ヶ月(過去記事)

  ぴっぴ1歳9ヶ月(過去記事) 急に気温が下がり、すっかり秋めいてきた。2019年の秋のことである。 でもお出かけをするにはちょうどいい気候である。 最近のぴっぴ(むすこ)は以前よりも表現 …

ミムラの記事

日経新聞でお悩み相談を解決するコーナーがあって、ときどき夫が面白かったものを回してくれる。「これゆらさんがやってることだね」とのこと。 どれどれと読んでみると、お悩みはお子さんを育てるママさんから。子 …

ぴっぴ3歳6カ月

ぴっぴ3歳5ヶ月 うっかりスルーしてしまうところでした。3歳半かー大きくなったよなぁ。でも中身はまだまだあかちゃんなぴっぴ。 最近、赤ちゃん返りもおさまってぴーすけとよく遊んでくれるなぁと思ってた矢先 …