3歳2ヶ月のぴっぴ | yuranotoblog

子育て

3歳2ヶ月のぴっぴ

投稿日:

1年前の今ごろは、いやいや期でとても荒れていたぴっぴ。お話ができるようになってだいぶ穏やかなのだ。

今朝も、お天気がよくあたたかくなることを伝えると「暖かくなるならお洗濯したほうがいいんじゃない?」と促された。

イチゴの苗を買ってきて先日植えたので、お水をやろうと言いたかっただけなのに、小姑に家事を言いつけられた気分である。まぁ洗濯しますけど!

そんな大人ぶっているぴっぴが、めずらしくわがままを言った。昨日、保育園から帰ってきて「何が飲みたい?」と聞くと

「アップルパイが食べたい」と言った。いや、お茶か牛乳しかないけど。アップルパイはリンゴ煮て、パイシート買ってこないとないよ、と説明する。

「いや、アップルパイ食べる!」

そこに、うちの姉が「ママは魔法使いじゃないからそんなすぐに出てこないよ」と諭した。すると

「ママは魔法使いだよ!!」

爆笑である。たしかに、信号機を赤から青に変える魔法をよく使ってましたけども。姉がこっちを見て「どうする?」と聞いてきた。

「たしかにママは魔法使いだけど、今日はもうエネルギー切れだからアップルパイは出てこないす」

と説明した。それでも納得のいかない我が子。

「リンゴに砂糖まぶしてレンチンする?」と姉は提案してくれたが、それでは魔法のごとく欲しいものが手にはいると勘違いされかねない。

「ではこれから煮リンゴ作るから、待ちたもう」

リンゴの皮をむき、切って煮ましたとも。結局おやつは煮リンゴになり、残りは今日姉が買い物のついでにパイシートを買ってきてくれるとのことでアップルパイを作ることにした。

この程度のわがままである。チョコが食べたいとかケーキが食べたいではなく、アップルパイなら健全であるよ。それに明日はバレンタイン。とりあえず男の子カウントして好きなもの作ってやるか。

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

けいゆう病院出産レポ2020年−4−

2020年夏、2人目を無事出産。新型コロナの影響で、入院の時の付き添いもなく、陣痛も1人で耐え、出産もなんとか終わったのだ。 けいゆう病院出産レポ2020年−3− 産んでしまえばこっちのもの。そう思っ …

no image

けいゆう病院コロナ禍での妊婦健診

わたしの妊娠が発覚した頃、「新型コロナ」という言葉はもうあっただろうか。その年の年末に徐々に報道で数が増え始め、年明けの1月には「密になる」ということに気を使っていたように思う。 そこで気になってくる …

けいゆう病院出産レポ2020年−2−

さて、我が家の2人目ぴーすけのお話。前回に引き続き、病院に行くか迷っていた午後3時の葛藤。 けいゆう病院出産レポ2020年−1− まだまだ痛さはないのに、間隔だけはいっちょまえに陣痛間隔。 ここで頭を …

生後3ヶ月のぴっぴとぴーすけの違い

生後2ヶ月のぴっぴとぴーすけの違い ぴーすけも無事に生後3ヶ月。2人目とはいえ、個々の違う人間なので成長具合も異なる。最近はむっちり具合も前より増して、体重は7キロオーバー。首も座ってきた。(まだまだ …

no image

妊娠生活から出産まででいるもの

妊娠中のことも書いておこうと思う。第一子男児ということで三姉妹で育った私からすると衝撃のスタートだった。しかも、くだんの産婦人科の先生は 「あー、ついてるね!ほぼ男の子で決まりだね」 なんて、聞いても …