タスマフィン in 戸部 | yuranotoblog

わが町ほどがや

タスマフィン in 戸部

投稿日:2021年1月15日 更新日:

お天気のよい日は洗濯をして過ごすのだけど、昨日大量に洗濯し、さらに今日は黄砂が飛ぶってんでおしまい。自粛で家にこもりきりだと足もなまるのでお散歩にくり出した。目的地はタスマフィン。歩いて1時間ほどだ。

いつも髪を切る美容室のとなりにあり、なかなかの有名店。髪を切り終わって買いに行くといつも売り切れなのだ。

ぽかぽか陽気のなか、売り切れないかひやひやしながらお昼過ぎに到着。お、まだあったー!

全部買っていきたいところですが、今回は黒豆甘納豆コーヒー¥290、ブルーベリー&コーンミール¥290、チョコミント¥310、キャロットケーキ¥320の4つを注文。

平日だからかな、この時間でこんなにあるのは珍しい。なんなら開店30分でほとんどの商品が売り切れてたこともざらですから。

ほくほくでゲットしたマフィンを受け取り、店をあとにしたのでした。できたらお茶したかったのですがね、この時期なので仕方なし。ただここのチャイはちゃんとスパイスきいててうまし。

インド人の友達が作ってくれた味をほんのり思い出します。あ、自家製ジンジャエールも「しょうが!!」って感じでうまい。

その後もドンドン歩いて、公園で休憩マフィンを食ス。

黒豆甘納豆とコーヒー。黒豆がでかいのごろごろ入ってて食べごたえあり。そしてコーヒーが「味」というより「香り」。豆をひいてるときのような香りがするけど、香ばしいだけでコーヒーコーヒーしてないというか。サクッといけちゃうので黒豆と合うのかなぁ。だって異色な感じ。

ブルーベリーはたぶん予想通りのおいしさ。夫のおやつにもたせてしまった。(多分何を聞いても「おいしかったーありがとう!」だな)

毎度お馴染みキャロットケーキ。にんじん、レーズン、クリームチーズ、甘すぎないおいしさ!ニンジン嫌いの姉もばくばく食べる。

今回特筆すべきはチョコミント。私は何を隠そう無類のチョコミント好きでしてな。その歴30年。歯みがき粉の味と言われようと、チョコミントブームが来ようと、ブレずに愛し続けてきた。

そんなチョコミント好きもびっくり

かじったら、中からチョコクリーム!!てっきりチョコチップが来ると思ってたので、思わず大声出しちゃったさ。

で、ミントは香りというか生地にめちゃくちゃ練り込まれてる。バジルパンのノリで。っはーこうきますか!

上の写真でお気づきの人もいるかと思いますが(って、このブログ誰も見てないけども)

味噌とか、けっこう攻めてる味センスのタスマフィン。いちじくのときは結局売り切れてそのシーズンは買えなかった…。だからさ、誰も見てないブログにしても書いてしまうとライバルが増えてしまうのだけどさ。

私は行けても月に1回。そうこうしているうちに、この素敵なお店がなくなってしまったら悲しすぎるのだ。だから、もし前を通りかかっていて「入ろうかな、どうしようかな」と思っているお方はとりあえず1個買っていただきたい。

ほんわか優しい味だけど、決して自分じゃ思いつかない味のかけ算。ぜひご賞味あれ!

広告




広告




-わが町ほどがや

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スパイスプラザ in天王町

「あーナン食べたいわ」 と、姉が呟いた。それじゃあ昼はカレーにするか、ということでカレーをテイクアウトすることにした。テイクアウトすること数限りないけども、そういえばカレーってやってないね。特にナンは …

藤棚商店街のKotiに行ってきた

横浜の名店とんとんリニューアル わがまち保土ヶ谷から少し歩いて、番外編、西区にある藤棚商店街へ。ここへは金曜日に来るのがオススメである。なぜなら藤棚デパートメントの中にKotiというキッシュとタルトの …

no image

桶谷式マッサージはアールアンドワイvs石川母乳相談室

3歳児健診のことを書いたときにも話題にしたが、ぴっぴ(長男)のとき、母乳育児がうまく行かなかった。 恐怖の3歳児健診 予定日より10日早く産まれたこともあったが、なにより私の乳首が陥没しており、しかも …

no image

桜丘のレモンドーナツ

先日、ブログにコメントがついていた。このブログ、誰も見てないのにコメントしてくれる人いるの?!と思いドキドキしながら開いてみると、英語であった。 インドに帰ったあの友達かな、英語が得意なあの友達がふざ …

no image

保土ヶ谷公園へおでかけ

せっかく買った電動自転車を、保育園やプールの送迎にだけ使っていたらもったいないので、保土ヶ谷公園にくりだすことにした。 子ども2人乗せ用電動自転車Gyutto わが町ほどがやのなかでも圧倒的な存在感を …