子育て

ぴっぴ2歳4ヶ月(過去記事)

投稿日:2020年11月22日 更新日:

踏切大好きぴっぴ(息子)は、この新型コロナにも負けず、踏切を見に出かけている。

公園で遊ぶより、踏切を2人で眺めている方が人との接触もなく安全な気がする。

だが、星川の踏切は残念ながら高架してしまった。天王町駅付近もしかりである。

となると、向かうは保土ヶ谷駅近郊か和田町である。

友達が保土ヶ谷駅の方に住んでいるので、約束すればそっちの方が楽しいのだが、そうでなければ和田町の方が近い。

とは言っても大人の足で3,000歩ほどなのだが、ぴっぴは踏切のためなら歩く。

踏切まで3,000歩歩き、踏切を思う存分見て、また3,000歩かけて歩いてくる。

大人の足で6,000歩なのだから、リーチの短いぴっぴの足だと10,000歩にはなるだろうか。

ずいぶん体力がついたものだ。

そして、そのあと昼ご飯を食べて昼寝、というのがパターンになりつつある。幸いまだ1時間ほどは昼寝をしてくれる。

そして、踏切関連の言葉として、「右、左」という単語も出てくるようになった!

まぁYouTubeのおねえさんが「右よし左よし」とよく言ってくださるがゆえの知恵がついたわけなのだが、基本命に関わることしか烈火のごとく怒ることを放棄した私からすると、こういうルールはとても大切である。

信号のところでも「赤、いかなーい」「青いくー」というのが分かるようになり、車が危ないというのも理解しつつある。

そして渡る時には右見て左見て、と自分でつぶやいている。

首を左右に高速回転する姿はそっちの方が危険だけどね、と心の中で私は呟く。

なんだか爆発的に話すようになり、何かわからんがずーっとしゃべっている。

祝詞のような念仏のような知ってる単語を並べて喋る中に、急に「みかんたべたい」とか入ってくると聞いてる方は笑ってしまう。

なるほど、今が一番かわいいとき、というのも納得だ。

顔の可愛らしさはもっと赤ちゃんのときのほうが女の子のようでかわいい時期もあったが、あんまりしゃべらないと意思疎通もできず眺めるしかないかわいさであった。

今はくるくる変わる表情に、一生懸命なにかを伝えようとしているかわいらしさが加わって、なんだか人間らしく「かわいいなぁ」と思うのだ。

もちろん、これは大人が他にいて、心に余裕がある時という前提ではあるが。

依然としてイヤイヤ期は続いており、オムツを替えようとするだけで機嫌は一変。

それに加えて「これなあに?」も発動した。

知っているであろういろんなものを指差し、「これなあに?」と聞く。

「つくえだよ」「うでだよ」「ママだよ」いちいちいろいろ返答するのも面倒だが、忍耐と親力が試されているようで、なるべくバラエティに富んだ返答をするように心がけている。

思い返せば、言葉を覚えたての頃にいろんなものを指差し、ぴっぴに「これなんだ?」って聞いていたのは私の方だ。多分今応酬しているのだろう。

それに関連して。「しってる?」というのも最近になって聞かれる。なにを?と思うのだけど、とにかく「しってる?」だけ。

これでママとパパの性格の違いが出る。

しったかぶりのママは「しってるよ」と答えるし、ぴっぴの反応を楽しみたいパパは「しらなーい」と答える。

ママが知ってるよと答えればそれで終わりだけど、パパが最初に「しらない」というと、ぴっぴは私の方を見てニヤリと笑う。そしてもう一度パパに「しってる?」と聞く。

2回目になって「しってるよ」と答えると「パパしってるー」と大爆笑するのだ。なんだかこのやりとりがやめられない。

新型コロナで家にこもることも多いが、唯一良かったことは土日に旦那が2日とも家にいるということだ。こんな余裕のある生活が、いつまでもつやら…。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

通常モード運転開始

体調不良で眠れない日々が続いた。ただ、ここで休めばいいのだけどそうじゃないのが私。 子ども2人いて十分休めるわけもなく、かといってクサクサしているのも性に合わないので、「そうだいつも通りのことをしよう …

自転車のことならダイシャリンがアフターサービスも良い

我が家の生命線、ギュットの電動自転車。 コーナンで買おうかな、ダイシャリンで買おうかなと思っていたらやはりメンテナンスで分があったダイシャリン。 電動自転車Gyuttoを買いました ここのお兄さん、い …

横浜の謎子育て環境あるある。ハマっこは基本横浜で全て済まそうとする。

このところ友達(ママ友)が引っ越してばかりなので、寂しい限りだけれども。そういえばママ友が総勢40名をこえておもうのが、結構県外からの人も多いのよね。 海外組も5人くらいいるけども、それも旦那さんの仕 …

ぴっぴ2歳3ヶ月(過去記事)

現在3歳のぴっぴ(長男)が2歳3ヶ月だった2020年3月ごろのお話。 ぴっぴ2歳2ヶ月(過去記事) 世の中コロナウイルスの影響で、ひっそりお葬式気分。 高齢者はもとより妊婦である私や、幼児であるぴっぴ …

no image

ぴっぴの目がパチパチ

このところ、ぴーすけをかついで病院に行ったり、役所や実家に行ったり忙しかった。心配ごとは尽きないが、それでもぴっぴがあいかわらず保育園にいってくれるのがありがたい。ぴっぴの日常がこの混乱のなか癒しにも …