公募ガイドふりーく | yuranotoblog

くらし

公募ガイドふりーく

投稿日:

昔から文章を書くのは好きだった。最初は交換日記。自分が書いたことを次の人が見て、それを話題にしてまた次につなぐ。

ほどなく始まった読書感想文や夏休みの宿題系はてんでだめ。期限があると、とたんにやる気を失う。それでも人権作文では入選したこともあった。へへん。

さて、「公募ガイド」という本がある。文章の書き方や、エッセイや、作家さんのコラムなども載ってるけれど、そのほとんどのページを割くのが<公募している作品の詳細なルール>だ。

毎月買うわけではないが、近くに本屋さんがないので横浜や保土ヶ谷駅など本屋に立ち寄ったときに思い付いたように買う。

そして、私でも書けそうだなーと思うものに印をつける。

たとえば

「ツルの羽数当てクイズ」

まぁそのまんま、ツルが何羽やってくるか当てる。こりゃもはや運。

あと書けそうなのが

「575で交わす夫婦の会話川柳」

これは夫とのLINEの会話を読んでたらネタがありそう。(とにかくうちの夫は面白いのだ)

書けそうなのに加えて、日付がうんと先のもののがよい。思いついて買ったので、最新号なのに締め切りが10/30までというのがたくさんあった。これはもう過ぎている。12月とか1月とか、文章を推敲する時間がとれるものでないと挫折する。

自慢じゃないが、買ったはいいものの、一度も応募したことがない。結局臆病者なのだ。買って、これなんか応募できそう、と書き始め、書き終わることなく締め切りが来る。

見きり発車の私の人生そのもの…

なんて自虐的にとらえてみるけども、今年は違うぜ!

こども二人いるけど、ここで公言して、何かしら応募するぜ!!

そうして数日の間、その事ばっかり考えてたら、寝る前に小説のネタばかり思い浮かぶ。それも冒頭。

なんとなく、メモを取って話の展開を考える。夢で続きが見れれば良いのだけど、次の日はまた違う夢を見るからどうもオチまでしっくりいかない。覚えてる夢といえば大好きな向井理と私の夫とデートでダブルブッキングしてあたふた、みたいなものくらい。

私の話にはオチがない、と夫はよく言う。それでも根気強く話を聞いてくれる

そんな私の小説が書けたら、ぜひとも応募したい。有言実行が目標の残りわずかな2020年

広告




広告




-くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レチノールのコスパが良いというジ・オーディナリーを注文してみた

最近白髪が増えたんだよなぁ。 そりゃ、子ども2人産んでますし、30代も半ばになればいつまでも若いままではいられまい。 うちの姉はいわゆる美魔女の域に入るくらい、肌も綺麗で見た目も若い。 「なんもしなく …

no image

耳かき動画とぴっぴの耳鼻科デビューの話

寝かしつけで寝落ちして、3時間くらい寝てしまった。23時半に夫が仕事から帰ってきて目を覚まし、一緒におしゃべりしてまた24時半に布団に入った。 こういう日は寝れない。3時間寝て頭スッキリ、目がさえざえ …

シロカのホームベーカリーSHB-712で食育

ブラウンのハンドブレンダー マルチクイック9 買ってよかった家電のナンバーワンは今のところコイツである。 そもそもコロナでなかなか出歩けない中でのお遊びのつもりだった。が、今はコイツなしには我が家の食 …

妊婦の花粉症から、授乳中の花粉症へ

毎年花粉症の時期になると、まわりが「今日はすごい飛んでる」というのを聞いて、なんか目がかゆくなる。 完全に病は気からタイプなんだけど、昨年は妊婦だったので薬を飲んでいいものか悩み、耳鼻科を受診。ネプラ …

電子ピアノを本気で買おうとしている

前にかいた記事で習い事に悩んでいたけれど ピアノか水泳か。習い事を続けるなら ついにピアノ購入へ動き出した。 ぴっびがおもちゃのピアノで「チューリップ」のさいたさいたを指で弾きあて、才能を開花!こりゃ …