けいゆう病院コロナ禍での妊婦健診 | yuranotoblog

子育て

けいゆう病院コロナ禍での妊婦健診

投稿日:2020年9月4日 更新日:

わたしの妊娠が発覚した頃、「新型コロナ」という言葉はもうあっただろうか。その年の年末に徐々に報道で数が増え始め、年明けの1月には「密になる」ということに気を使っていたように思う。

そこで気になってくるのが、妊婦健診は不要不急の医療なのか。先生に聞いたらギリギリ3週間はあけないで来てねとのことだった。本来2週間おきの間隔になってからである。

32週からけいゆう病院での健診。それまではまぁ歩いていける婦人科だったので、感染の不安も低かったけれど、けいゆう病院はみなとみらいだし、なにより総合病院である。遠いのと他に菌を持ってそうな人がいそうなのでやっぱり不安だった。
加えて体重増加も歯止めがかからないので、前日に家の回りをお散歩して歩数を稼ぐ。調子にのって階段のある道を選んで回ったら次の日は腰痛。やらかした

当初の予定通り、公共交通機関は使わず、タクシーでドアtoドアで行こうと思ってたから助かった…。

運転手さんの荒い運転にドキドキしながらけいゆうに着くと、そこは厳戒体制だった!

まずアルコール消毒。
そして熱を首ではかられて、問診票に記入
さらに渡航歴や家族にコロナがいないか問診票に記入し、ことあるごとにこの紙を受け付けにみせるのだ。

それくらいやってちょうどよい。
もちろん付き添いはなしの、面会&立ち会い出産はなしのままなので一人でゆっくり。受付には透明のシールドが張ってあるけど、久しぶりに来たけいゆうでもこのぺらっぺらのシールドなのね、となんだか物不足を感じた。

エコーと、新しく担当になった先生の診察。心配していた他の科の人と一緒になることもなく、産科は無菌だなぁと思いながら待った。
けいゆうは、産科に着くと自分で体重と血圧、そして尿検査もやる。

だからちょろまかそうと思えば体重も少なく書けるんだけど、まぁ思ったより増えてなくてホッとした。我が家の体重計がちょっと重く表示されるのかしら…。

10時に受付をし、13時までかかるとは踏んでいたが
診察の時点で12時オーバー

そこからレントゲン、採血、そして無痛分娩のための麻酔教室の予約取り、さらに喘息の既往症が気になるようで呼吸器内科の診療予約も取らなくてはで結局14時までかかってしまった。

総合病院にいる緊張感か、胃が圧迫されてか不思議と腹は減らず麦茶で乗りきったけど
家を出てから5時間経過して帰宅となった。

他の病院からけいゆう病院に戻って最初の健診だから覚悟はしてたけど
つかれた…家に帰ってからはバカ食いしてしまった。

先生は若い女性で、今まで見てもらっていた(いい意味で)適当&おじさんと違って
てきぱきとしたちょっと心配性な感じのする人だった

本当はこの時期に内科は受診したくないなーと思いつつ

妊娠中は喘息が悪化することもあるようで、その可能性を低くするためにまた来週けいゆうにいかにゃならんのだけど

「大丈夫大丈夫!」って適当に言われるより、このご時世安心した。コロナと妊娠と喘息があいまって何が起こるかわからないし。

きっと診察の時にちゃーんとメモとる先生だからおしちゃうのよね時間。経産婦の余裕を見せつつ、コロナ下ではすべてがイレギュラーなので緊張感は持ってたい。

これが初産ならやっぱりちょっと心細いやね。待合室では助産師さんに質問しまくりの妊婦さんもいて。「大丈夫大丈夫!」って言ってあげたかったけど無責任な気がしてやめた。会話ができないけれど、心の中では応援してるよ!

すべての妊婦さんが無事に出産できますように。

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピアノか水泳か。習い事を続けるなら

コロナで家にいる時間が長い。まして育休も延び、この時間を有効活用したいところである。 iPad pro で資料作りのスキルアップや、もう一度大学で科目等履修生として勉強しなおすなど、お金と時間をかけて …

離乳食備忘録

今日はぴっぴが朝から不機嫌で保育園に登園拒否。大泣きだったので家に連れ帰った。きっと朝からぴーすけにかかりきりだったのが嫌だったのか、はたまた単に保育園がやだったのか本人にしかわからない。だいぶ話せる …

ぴっぴ1歳11ヶ月(過去記事)

ぴっぴ1歳10ヶ月(過去記事) ぴっぴ(息子)が今執心しているのは電車である。とりわけ、踏み切りをながめるのが好きだ。 引っ越して、保土ヶ谷駅から遠くなってしまったので、踏み切りも遠くなってしまった。 …

ぴっぴ2歳4ヶ月(過去記事)

ぴっぴ2歳3ヶ月(過去記事) 踏切大好きぴっぴ(息子)は、この新型コロナにも負けず、踏切を見に出かけている。公園で遊ぶより、踏切を2人で眺めている方が人との接触もなく安全な気がする。 だが、星川の踏切 …

no image

話せばわかる

上の子が可愛くない症候群について ぴーすけに成長の変化が。 まず、なんでも口に入れるのだけど、特に紙を口にいれるように。食べてる。食べてるな!取り出して、ちょっと遠くに置いておくと、方向転換している。 …