くらし

6歳児の無常

投稿日:

とうとう祖母が息を引き取りました

ここ数日は、仕事を休んだり、早退してはお見舞いに行ったり、お見舞いに行ってから仕事に行ったり

母のこともあったので、ああもうすぐ亡くなってしまうんだなというのは

過ごしているとわかるもので、手足にチアノーゼが出た次の日の夜中に

施設の職員さんが巡回に来た時にもう息をしていなかったということ

97歳。大往生だし、仕方がないことだとわかっていても悲しい。

それでも私たちは前に進んで行かなければならないわけで

この一年の間に、母が亡くなって祖母が亡くなって

なんだろうね。ほんと、重なるなぁと思っていたら

女の厄年、30代って厄年いっぱいあるんだねぇ

33歳と37歳、前厄・本厄・後厄合わせたらほぼ厄年やん

しかしまぁなるほど、そういうものなのですね

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」と言っていたのは確か鴨長明で

常に変わらないものなど何もないのですよ

これを「無常観」と言いますがね

頭でわかっちゃいるものの、気持ちがついていかないところが大きい。

姉の衝撃のデカさは計り知れなくて、仕事二日休んでたね

私はどっちかっていうと仕事してた方が気が紛れて良いです

ぼうっとする時間に、いろいろ考えてしまうし

97歳の祖母が亡くなる過程と、60歳の母が亡くなる過程がほぼ同じだったことも

なんだか母のことを強烈に思い出してしまってそれも辛いのだった

子どもたちも、結構立て続けに「ばあば」が死んでしまったことに恐怖を感じている

「ママはまだ死なない?ぴっぴやぴーすけは1人にならない?」と聞いてくる

「大丈夫だよ、あと30年は生きると思うから」

「30年ってどれくらい?ぴっぴはその時中学生?」

「その頃にはぴっぴはおじさんだから、ママやパパはおばあさんやおじいさんになってるから大丈夫だよ」

と答えた

どうだろう。今の私のとしに、ぴっぴやぴーすけが親と別れることになったら

ちゃんと向き合えるのかしら(こんな甘えん坊でちゃんと立ち直れるかしら)

いや、いいおじさんがママが恋しくて泣いているのを想像するとなかなかシュールですわ

別れが辛くならないように、ちょっといじわるばあさんみたいになっとこうかしら。

そんなぴっぴは、私が唱えていた文言をここ最近よく理解している

「形あるもの、いつか壊れる」

ぴーすけがぴっぴの作ったものを破壊した時に、ぴーすけを叱ろうとした時、ふと止められた

「ママ、『形あるもの、いつか壊れる』だよ」

ものすごいドヤ顔で言われた

6歳の無常観

見習わなくっちゃなぁ



-くらし

執筆者:

関連記事

no image

野心の強い妻でごめん

ここのところ、暇になってきてよく本を読み漁る。そして私の心は、5年後どんなことを仕事にしてるのか、という関心事でいっぱいなのである 母が亡くなって4ヶ月。驚くほどふつーの生活を送っているけれど、前より …

仕事と育児と介護の両立への道すじ

職場の面談が終わって、とりあえず近況を話してきた。 悪い話は早く報告、という自分の中のルールがあるので、母の癌の手術が予想外にヤベェのが分かってからすぐに連絡し、職場復帰への状況は話しておいたのだけど …

頑張ってたぴっぴも撃沈

保育園に通い始めて1ヶ月。一度ぴーすけ(次男)が熱の洗礼を受けたものの 慣らし保育、熱の洗礼。 なんとか無事に通うことができた。 これもひとえに義母の協力と、子どもたちの丈夫な体のおかげである。 もっ …

no image

暑すぎて溶けやしないか

連日の猛暑である おとなはもとより、子どもたちはこんな中、通学・通園で溶けてやしないか心配だ さて、保育園では夏らしくプール開き 毎日の着替えにプラスして、プールグッズが加わり チャリで送迎できない今 …

そうだ、私はドラマが好きなんだ

何か熱中できる趣味はないかしらね 夫はバスケと筋トレが何よりも好き。 私は? ピアノは好きだったけど没頭するほどじゃないし(なんなら今靭帯切れてますから) あーそうね ドラマだね。ドラマはハマっとりま …