わが町ほどがや

天王町のカレー屋「スパイスプラザ」は閉店して、ビジネスパークで「デリーダーバル」として再オープンしていた!

投稿日:2022年10月9日 更新日:

このところ天王町駅は使わなくなって、残念に思っていたのが前にブログで書いたカレー屋がいつの間にかなくなっていた件である。

なんとも日本語の上手なおにーさんが、テイクアウトの時はラッシーを飲んでいきなよ〜と言ってくれるサービス満点の店であった。

しかも、天王町団地に住むインド人が太鼓判を押す味。安いし。仕事再開してなかなか買いにいかなかったけども、コロナで閉店してしまったのねと悲しく思っていた。

が!

ビジネスパークの2階に、なんだか似たようなカレー屋がオープンしているのを見つけた。あれ?そうなのかな、あれ、でも前のお店こんな名前だったっけな?

正直いうと、おにーさんも似た感じでみんなおんなじに見えてしまうのでわからない!店内はガラーンとしているし入りにくい。ううん…

で、テイクアウトの値段も微妙に値上げされている。限りなくそれっぽいのだけど、あれかビジネスパークに入るにあたって賃料も上がるしね、値上げしたのかなぁ。そう思って入るのをやめた。

そんな話を姉にしてみると

「ああ、なんかさ移転した店って地図で検索すると前の場所書いてあったりするんだよね」

というではないか。あれかい、じゃあ前の店名で検索してみるか、と「天王町」「スパイスプラザ」で探してみると

現在地がビジネスパークになるじゃありませんか!(現在はもう表示されないけども)

やっぱりあの店がこっちに移転してきたんですね。

この現象は、イオンの目の前にある八百屋「八兵衛」が「いろは」になって再オープンした現象に似ているw

名前変えるのはいいんだけどさ!ちゃんと周知してよ!!笑

そんなわけで、確信を持ってビジネスパークへ。そしておにーさんに話かける。

「天王町のカレー屋さんでしたよね?こっちに移ってきたのね」

「そうなのよーまたきてくれたのー?」

と、とってもフレンドリー。そう、こんな感じだったね!そういうわけで、ぴっぴ&ぴーすけと夫と私、みんなでカレーを注文したのでした。

ここの売りはでっかいナーン、おかわりオッケー

夫と私それぞれ一回ずつおかわり。子どもたちもナンをはむはむ。カレーがあんまり好きじゃないぴっぴも、バターチキンカレーはあんまり辛くなくて食べれてました。

そしてね、大人2人分しか注文しなかったのだけど(お子様セットもあるんだけど、あんまりぴっぴがカレーに乗り気じゃないものでもったいなかった)

おにーさんが、子ども2人にもちっちゃなマンゴーラッシーをサービスでつけてくれたのですよ。

私は子どもにあげるつもりでランチセットの飲み物はラッシーにしてたのだけど、んもうめっちゃ嬉しいやつ!!

「ありがとうございます!!」しかもプラスチックのコップや!!

そしておにーさんの笑顔の優しいこと。この日はメガロスのプールの帰りで、同じようにプール帰りの子連れが何組かいて、みんなもらってた。笑

二種類のカレーが選べるCセットと、1種類だけど多めにくるAセット夫といろんな味をシェアしながら食べ、子どもたちはサラダとナンをひたすら食べ、カレーをちょいつまみ

思いっきりラッシー飲んでご満悦でした。何度かテイクアウトしたカレー。お店で食べるとナンのお代わりできる分嬉しいよねー。ラッシーも飲めるし。

味はもちろん友達のインド人が太鼓判を押すおいしさ

それにしたってこのおにーさんの接客が素晴らしいよね。またこれから寒くなる季節、プールの帰りにお世話になります♪

チラシ、載せときます



-わが町ほどがや

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アウトドアを趣味とするのはどうでしょう

ぴっぴのスイミングを上からのぞいていたのだけど プールが終わったあと息子にさ 「ねぇ、ぴっぴがちゃんと頑張ってたの見てた?ママ、スマホ見てたでしょ!」と怒られてしまった ドキーン いやさ、ほとんどぴっ …

行ってきました、こども宇宙科学館

やりたいことリストに載せておいた、「安くて、近くて、暑くないところ」 夏にやりたいこと一覧 洋光台の「こども宇宙科学館」 一回行ってみて、楽しそうだったらもう一回行くつもりで、ふらりと臨んだ洋光台 保 …

2度目のお見舞い

生きているなら何度行ってもいいと思ってたのでね。 今度は姉とお見舞いに行ってきた 姉のほうがばあちゃんとの関係は深く、家を飛び出したときはばあちゃんちに行ってたし またかいがいしく姉もばあちゃんのこと …

子連れに優しいAIAI CAFEで癒されよう【戸部】

仕事でやらかしたー って時に、「よし!美味しいものでも食べてリフレッシュしよう」となるんだけど 子どもを連れて行けるお店も少ない。 いや、子どもを連れて行くお店≠リフレッシュする時食べたいお店 じゃな …

崎陽軒のジャンボシュウマイminiは、イベントにぴったりの代物であった

育休明けて仕事が始まって、恋しいのはママ友との交流である。 職場で大人と話せるものの、一緒に子育てしてきたママ友たちとはめっきり話す機会がなくなってしまった。私は家に人を呼んでワイワイするのが好きなの …