子育て

ぴーすけ1歳9ヶ月

投稿日:2022年3月25日 更新日:

ついに1歳9ヶ月になってしまった!

ここら辺から、ぴっぴの成長記録がブログに載っているので、単純に兄弟で比較ができてしまう。しかしながら環境はまるっきり違くて、特にコロナの影響は大きいなあと思ったりする。

ぴっぴの時はマスクなどせず、初めての育児で不安はあったものの、妊婦教室から一緒のママ友がおり、それはそれで心強かった。わかる人から教えてもらうよりも、同じ不安を共有しながら語り合えることのありがたさ。

そういうもののきっかけがコロナで色いろとなくなっているのは寂しいものである。

ま、2人目はそういう教室系も開催されてても参加できなかったりするし、コロナの影響だけではないのだが刺激が足りないという点ではぴーすけはちょっと不利なのかもしれない。それが言葉の面で「ママ、にゃーにゃー、わんわん」の三語と「ん」で大体会話が成り立ってしまう現在のぴーすけの状況を物語っている。

しかし、彼の理解力は言葉以上に冴えていて、お願いやお叱りの言葉をきっちり理解している。

最近ではぴっぴに「ごめんなさいって言ってよ」と言われると明らかな拒否を示し、「ごめんなさいって強要されるのが嫌!」という意思表示をする。おお、よくわかってらっしゃる。

そもそもごめんなさいとかありがとうは強要されるものではないよね。しかしながらその場にあった対応というのも求められるのよ、というなんとも大人の事情で指導をするのだけど、彼は本能の赴くままに行動するので、そういう世間体とかタテマエみたいなものが嫌いらしい。(と、思う)

だから、たとえそれが相手がママだろうと兄だろうと「俺が嬉しい時は全力で笑うし、嫌な時はなんだって嫌だぜ!」と絶賛イヤイヤ発動中なのだ。特に兄に対するライバル心とママへの執着は凄まじい。ぴっぴはよく顔を攻撃されて泣いているのだった。

でも、体が大きくなってきて手先も器用になってくると、2人で遊ぶことも多くなってきた。さらにおしゃべりなぴっぴが四六時中ぴーすけに話しかけ、一応内容を理解しているぴーすけが「ん」とか言うと会話が成り立ち、ぴっぴとしては自分の思っていることを肯定して聞いてくれる良き話し相手をゲットした模様。

いかんせんママは話半分にしか聞いてないし、真剣に遊んでくれないもんだから、ぴーすけの方が同じレベルで楽しめるのだろう。こうなってくると子育てもちょっと楽になってきたなぁと思う。(楽させてもらっている)

ぴーすけができるようになったことを書いていこう。

でんぐり返し(補助付き)をマスター

靴下を1人で脱げる

夕飯の準備でお皿を運ぶ、夕飯の片付けでお皿を下げる

米を炊くときにはかりで米を炊飯器に注いでくれる

言えば片付けをしてくれる

寝ていると揺さぶって起こしてくれる(ありがた迷惑)

ほっぺにチューしてきてくれる

ぴっぴと一緒にYouTube見てダンスする

油性マジックのフタを開けられるようになった

そうそう、義母が何度か我が家にぴーすけの面倒を見にきてくれてるのだけど、その時にひたすら紙に「ニャーニャー」の絵をかかされた義母。2時間ずっと…。その時にマスターしたのが油性マジックのキャップを外すという技である。

筆圧が弱くても描ける油性マジックがえらくお気に入りになったので、紙にひたすらグルグル書いてぴっぴとキャハキャハいいながら遊んでいる。それをいいことにほっといたら、見事に絨毯に芸術的模様を描かれてしまった。

なんか疲れてたので怒る気にもなれず(まぁほっといてたがこういう展開も予想はしていた)その時思ったのが「もうキャップとか自分で外せるんだなー」なんていうなんとも平和ボケした感想なのであった。

その日遅くに帰ってきた夫も、「この絨毯将来高値で売れるんじゃない?(芸術作品として)」という親バカっぷりを発揮し、夫婦ともどもしょーもないのであった。

そういえばぴっぴもこういうことあったな。水性ペンだったけど。

ぴっぴとの絡みが非常に大きいが、ちょっと2人のやり取りを見てほっこりすることが多くなってきた。やはり小さな人がいる生活というのは、わたしたちを幸せな気持ちにしてくれるんだなぁ。絨毯は落書き放題されているけど、それを上回る癒しなのであった。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

育児本-買って読んだおすすめな本-パート1

前は暇さえあれば小説でも漫画でも雑誌でも読んでたのがそんな時間も取れず、読む気力もなくなってきた。 公募ガイドくらいかな、買うのは。それ以外は立ち読みしてふーん、くらい。 湊かなえの本さえ立ち読みで一 …

ぴっぴ(長男)が3歳でできること

ぴっぴ2歳8ヶ月(過去記事) 過去の記事をまとめていたら、なんだか本当に成長したんだなぁと実感。 特に2歳になるかならないかの頃、まだ言葉が出なくて「手が出てしまう」ことについて本当に悩んでいた。 家 …

けいゆう病院出産レポートブログ2020年−4−(お祝い膳ごはん写真あり)

2020年夏、けいゆう病院にて2人目を無事出産。  ※ちなみに2017年に長男ぴっぴ出産 新型コロナの影響で、入院の時の付き添いもなく、陣痛も1人で耐え、出産もなんとか終わったのだった。 けいゆう病院 …

no image

子ども同士のケンカを見守る

昨日は晴天。前日夫が気を利かせて夜のうちに洗濯をしてくれたので、朝ゆっくりしてられるなぁと思う日に限って 5時半にぴっぴとぴーすけは起床。テレビもブロック遊びもやり尽くし、外でシャボン玉をしてもうネタ …

2人同時に寝かしつけ

2人目が生まれる前から懸念が2つあった。 それが2人同時風呂と寝かしつけである。先行く2児ママになった友人に聞いてみるも不安は拭えなかった。 今現在、風呂は何とかクリア。(「ひとりで2人の子どもを風呂 …