子育て

高度ないないいないばぁで負傷

投稿日:

殺伐とする母の病気の現状に反して、我が子には癒やされる。いや、こういう時だからこそ子どもの力というのが身に染みるのだろう。

ぴーすけはいないいないばぁに夢中だ。人がやっているのを喜ぶ段階を超えて、自分でも手で顔を隠していないいないばぁをする。かわええなぁ。

そして、それだけでは飽き足らず、物を使ったいないいないばぁに挑戦している。

私がダイニングテーブルでパソコンをいじってると、ソファの背もたれからひょっこり顔を出して「いないいないばあ」をするのだ。それもちょっと出てきたり、ソファのクッションを生かしてビヨーンと出てきたりバラエティに富んでいる。

いつの間にこんなことができるようになったんだなぁ、と思っていると、こちらも応戦したくなってきた。

ぴーすけがかがんでいる隙に身を隠すのだ。そしていないいないばぁ!と飛び出すとめっちゃウケる。

手を叩いて、キャハキャハされるとこっちのテンションも上がるのだった。

ちょっと意地悪して隠れたままでいると、ソファを降りて私を探しに来る。いないいないばぁからの隠れんぼである。

まぁこれも先日のイスから落ちたのを思うとなかなかこれは危険であるのだが、ちょっと成長したなぁなんて思う一面なのだった。

そんな昼下がり。

ぴーすけがまたもいないいないばぁをしたのは、私が昼食の準備をしている時であった。我が家は対面式のキッチンで、キッチンのカウンターからはダイニングテーブルが見える。カウンターには小さなカフェカーテンがかけており、少し透けて向こう側が見える。

そのカーテン越しに私を見つけては、いないいないばぁをしてくる。なんて可愛いのだろう。

私も負けじと応戦した。キッチンにかがみ込み、勢いをつけてジャンプして飛び出すと、ケラケラ大声でぴーすけが笑った。お、いい感じじゃない?ご飯作りながらぴーすけの相手ができてるぞ。

その様子を見て、今度はぴっぴ(長男)がやってきた。「何やってるのー?」

いつもならぴーすけの大爆笑をさらうのはぴっぴである。そうだ、ぴっぴがこれをやったらめちゃくちゃウケるんじゃないか、そう思ってぴっぴに言った。

「ぴっぴ、ここから思いっきりジャンプしてみて。ここからビヨーンって飛び出すと、ぴーすけめっちゃ笑う」

するとぴっぴがキッチンの中にやって来てジャンプ。残念ながら、ぴっぴのジャンプ力ではキッチンのカウンターに届かなかった。ならば私が持ち上げるか、とぴっぴの後ろから脇に手を伸ばした瞬間、ぴっぴが勢いよく2回目のジャンプ。

私の下顎に、彼の石頭がクラッシュしたのだった。

ごちんという衝撃音と、なんかピヨピヨするようなあの漫画のようなチカチカする感じ。お互いしばらく悶絶である。その日もうちにいた姉ちゃんが、思わず音を聞きつけて何事?!と来るぐらいである。

痛がるぴっぴをみて、「本当ごめん」彼は何も悪くないのだ。ただタイミングが超絶悪かったのだ。お互い。ちゃんと「ちょっと待ってて」って言えばよかったのだ。ほんとごめん、痛てえぇ

頭をなでなでするとしばらくして痛みが治まったのか遊び出したぴっぴとは対照的に、なんだかどんどん痛くなるアゴ。氷で冷やしました。

そんな我らの事故など知るよしもないぴーすけは相変わらずいないいないばぁを仕掛けていた。もはや笑う余裕などない母である。それでもぴーすけを笑わそうとしたこのアゴの痛みは名誉の勲章なのだと言い聞かせる。

次はもっと楽な方法で安全に遊ぼう。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事と育児と介護の両立への道すじ

職場の面談が終わって、とりあえず近況を話してきた。 悪い話は早く報告、という自分の中のルールがあるので、母の癌の手術が予想外にヤベェのが分かってからすぐに連絡し、職場復帰への状況は話しておいたのだけど …

妊娠中にやってよかった②母親・妊婦教室で戦友づくり

妊娠中にやってよかったこととして、前回は趣味全開のお絵かき教室を提案した。 妊娠中にやってよかった①Art school yokohamaにて妊婦絵を描く 今回は少しパブリックな妊娠している時にやって …

小学校一年生の夏休みの宿題を整理

ご無沙汰してしまったわ… わが家を流行病が襲いました。ヘルパンギーナに、溶連菌に、手足口病 これまで、いわゆる「夏風邪」にはかかったことのない我が家に、ブツブツ系お熱フィーバーが襲い なんの湿疹?!な …

けいゆう病院コロナ禍での妊婦健診

わたしの妊娠が発覚した頃、「新型コロナ」という言葉はもうあっただろうか。 その年の年末に徐々に報道で数が増え始め、年明けの2020年1月には「密になる」ということに気を使っていたように思う。 そこで気 …

5歳児の考察

仕事が始まって、意識してぴっぴやぴーすけとの時間を大切にしようと思っている。永遠に続く子育てなどなく、いつかは手を離れる。今この子ども期を逃さずたくさん話してたくさん遊ぶぞ! そんなお正月。 ダラダラ …