わが町ほどがや 子育て

野毛山動物園にベビーカーで行く。別日には子どもを預けてメゾンドハラにも行って欲しい

投稿日:

ぴっぴの七夕のお願いは「どうぶつえんにいきたい」であった。叶えてやりたい気持ちはありーの、なかなか行けないわな。というわけで、過去に行った時の思い出を振り返りながら注意点を書いてみよう。

歩いてのぼるのはけっこう大変。

ハマっこを自覚して、小さい頃から野毛山動物園はよく行ってたけど、ベビーカーでのぼるのはけっこう大変だ。ぴっぴが2歳当時、私は妊婦で、まだ元気だった母と10歳下の妹と一緒に行った時はバスで行った。(桜木町駅前のバスターミナルから出てますよ)

だけど、1歳半ごろ同じ団地のインド人ママ友仲良くなった頃、桜木町の駅から歩いて山をのぼった。

彼女は天王町の家から歩いて行ったことがある強者で、桜木町の駅から歩くのはなんてことないのよね。インド人とはいえタメだったので負けじとのぼることにしたのだ。桜木町の野毛近道から、中央図書館までは大したことない。が、公園のあたりから最後の急坂はちょっと一休みしながら汗だく。中高運動部なのに情けないが。

着いてしまえば帰りはヨイヨイ、下るだけ。だが野毛山動物園のなかも基本的には山なのだ。回るルートを考えないと、行ったり来たりを繰り返す。

昔と違ってスロープができてたり、子連れにますます優しい(お財布にも優しい)が、ひととおり回った後、帰るときに1番近道のレッサーパンダの横が階段なんだよね。

荷物満載過ぎると、子どもを歩かせるにしたってベビーカー持ってだと手が死ぬし、戻る体力を考えないと子どもには行った道戻るのはつまらない。パパと一緒なら子どもかベビーカーを背負ってもらうが、ママ友同士なら遠回りしてもゆったりベビーカーで戻るのが良かろう。

1番奥にあるなかよし広場は、今はコロナでやってないけど、ハツカネズミやモルモット、烏骨鶏、鶏、ひよこなんかがいる。触れると俄然楽しいよねぇ〜。やってる時はまず1番最初に行って予約して、そのあとゆっくり回るのが正解だ。整理券をもらいに並ぶ必要もあるし、ディズニーランドよろしく二手に分かれてスタートダッシュするのもアリかもしれない。

でもまぁおすすめのプランとしては、平日の、寒い日とか気候のまずまずなところを狙って混まない日に行くのが良い。せっかく整理券取れても午前中一番に行ったのに、午後の回とか居られないから。効率よく回れば1時間くらいで済む。だって動物どんどん居なくなってるんだもん。昔いたゾウさんとかシロクマさんとかいないんだもん。山を下れば桜木町なんて遊び放題だけど、また山登るのは本当にしんどい。

ちょっと体力あるなら中央図書館まで下って、本読んだり、そこに併設されてる福祉作業所のレストランでお昼食べたりしてからまた戻るのも良いけど、まぁ急坂は変わらない。山の上は基本的に何もない。

だからカレンダー的に空いてそうなところを狙って、なかよし広場の「整理券」とかいらない日に行って、午前中に動物園回って、お昼は持ってくか適当に買ったものをシート広げて食べて、もしくは山をくだって空いてる時間にずらしてみなとみらいで食べて、子どもが疲れてベビーカーで寝たところに大人はゆっくりウィンドウショッピングでもして帰るのが良い。考えただけで楽しい1日だなぁ。コロナ終わったら行きたーい

ただ、野毛山まで行ったなら、メゾン・ド・ハラは一度は挑戦してもらいたいなぁ。子ども連れじゃまず無理だけど、めちゃくちゃ美味しいフレンチなんですよ。詳しくは食べログとかお店のブログみてくださいな。

フレンチの割にコスパ最高で(チョイスによっては高くつくが)雰囲気は隠れ家で、ジブリのようで

料理が出てくるのが超ゆっくりで、ボリューミーでほんとフランスのお店のよう。ねーちゃんに教えてもらって、私の誕生日にはご馳走してくれるのが定番。2時間は滞在する。何が贅沢って、フレンチ食べるくらいゆとりある時間!!最近行けてないから潰れてないか心配。誰か見てきてくれないかしら。

子連れに優しい場所を紹介するのがこのブログの醍醐味ではありますがね、時々我が家は夫婦2人で出かける時間を意識的にとっている。もちろん、家族みんなで出かけるのも楽しいけど、夫婦でゆっくり食事をしたり、会話をするのが巡り巡って子どもに良いと思っている。最近はかーちゃんのことがあっていろいろ忙しかったからな、自分後回しサイクルだったな

これは実現可能かどうか、という問題はあるけれど、実家のかーちゃんや、義実家の両親はこういう時協力的であった(すんげー夫婦の危機があったからかしら)

近くに親がいない時、そんな時間なんてないわ〜って人も多いと思うのだけど、一回はやってみてから「うちにはいらんわー」なのか判断して欲しい。保育園の一時保育とか、こっころとかぴあの一時保育とか探せばある。預けるのにかかる費用や調整に費やした努力以上のものが返ってくるかもしれない。

夫婦の時間もそうだけど、どんどん預けてお母さん方は自分のためにお金や時間を使って欲しい。一時保育をしていた保育園もやってないところ多いし、そもそも預けるなんて!っていう文化もあるからな。ハードル高いかもしれない。でもさ、我が家みたいに「ちょっと預かってるから接骨院行ってきなよ」って人も案外いるかもよ。

自分ばっかり我慢してるなーとかイライラ溜めながら育児するより、時々リフレッシュして機嫌いい自分の方が好き。自分の機嫌は自分でとらなきゃなんだよね。そのために使うお金はすなわち必要経費なのだよ。節約大事だし、将来のためにお金は貯めるけど、そのために今の自分が犠牲になるのは違うんだなぁ。哲学っぽくなってきた。好きだからしゃーない。

そんなわけで最後はメゾン・ド・ハラの料理で締めくくりましょう。

写真ってどうやったら向き変わるんだろー。腹減ったー



-わが町ほどがや, 子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

けいゆう病院ならではの図解

そろそろともだちがけいゆうで出産ということで、思い出しつつ図解でどんなものだったか伝えたいと思う。 体験記は書いたつもりだけど、やっぱり文章での表現に限界を感じる。かと言って絵で描ききれないけども。 …

生後6ヶ月ぴーすけ

寝返りまであと少し、生後5ヶ月ぴーすけ ぴーすけ(次男)のやっとこ生後半年を迎えた。 彼には悪いが、2人目とは不憫なもので、ぴっぴの時にやった『ハーフバースデー』もすっかりスルーしてしまった。 だから …

no image

ぴーすけ1歳9ヶ月

ついに1歳9ヶ月になってしまった! ぴーすけ1歳8ヶ月 ここら辺から、ぴっぴの成長記録がブログに載っているので、単純に兄弟で比較ができてしまう。しかしながら環境はまるっきり違くて、特にコロナの影響は大 …

けいゆう病院の無痛分娩は平日9時−16時の難関。事前講習は必須。

イギリスの王室で子供が生まれた時に、さっそうと姿を現したキャサリン妃。 ヨーロッパでは無痛分娩は結構スタンダードである。 あの姿を見て「え、まだ数日しか経ってないやん」とツッコミを入れたいほど元気で晴 …

no image

緊急事態宣言が出るようですね

出るか出るかと思っていた緊急事態宣言がついに出そうですね。 ただ、前回のときよりも限定的・集中的なようで主に夜の飲食を制限する模様。 昨日はわたしが相鉄バスで定期を落としてしまったため、定期を取りに二 …