子育て

こぐま社から誕生日カードが届きました

投稿日:2021年6月19日 更新日:

姉がぴっぴにこぐま社の絵本を買ってくれまして

相当お気に入りになった。

「さよならさんかくまたきてしかく」ぴっぴが読むと、「さよならさんかくまたきてね、しかく」というなんとも可愛い感じになるのだけど、こちらの絵本嬉しい特典があったのだ。

それが、専用の応募ハガキで子どもの誕生日を記すと、誕生日の数日前に誕生日カードが届くというもの。

このご時世、そんな手間暇かかるものを…。ほんまに来るんかいなと思ってたら、キター

てっきり、いつもバースデーカードを送ってくれるばあばかと思った。

なんせ、宛名が全部ひらがなで来るんですもの。手書きなんですもの。嬉しいじゃあありませんか。この、なんでもパソコンでチョチョイとできてしまう世の中で。

それも結構きれいな、丁寧な字なの。そこでちょっと妄想してしまう私。

ーーここはこぐま社。新人として入社した私の仕事は、絵本を買ってくれた人が送ってくる誕生日カードの依頼に対して、宛名を書く仕事。

正直、そんなのパソコンでいいじゃん、めんどくさ!って思ってた。今日も誰かも知らない子どもへせっせと手書きで宛名を書いている。

手が疲れるし、最近は変な名前をつける親もいて正直書損じも出てる。こんなの書いて売り上げにつながるのかな。もっといい企画ないのかしら。

でも、入社うん10年のベテラン社員の谷さんが言ってた、「この手紙を毎年楽しみにしている子どももいるんだよ。そして、その子ども大きくなってまた自分の子どもにこの絵本を買ってやるんだ。

売り上げにはあまり貢献しないかもしれない。でも俺たちが売っているのはただの絵本じゃないんだ。夢なんだよ」

そう、私もかつて親にこぐま社の本を買ってもらった1人だった。

毎年届く手紙にワクワクしたし、一体誰が送ってくるんだろうと想像していたから、この手紙が「出版社」からだと知って正直がっくりきた。

だけど、社会人になって利益とかコスパとか考えるようになってこの手紙の存在の価値を改めて実感している。

売上だけ考えたら成立しない。もしかしたら夢やロマンなんだろう。

ただ、こうやって腱鞘炎になりながら書いてる新人がいるってこと誰かわかって〜!

みたいなね。ご苦労様です。

本当に、親からすると「誰でもない誰か」から手紙が来る、しかも誕生日あたりにって素敵だなぁと思います。

子どもはね、祝ってもらうの当たり前だと思ってますけど、たかが数百円の本を買って、手紙を送ってきてくれるっていうのはもはやサービスの域を超えているんじゃないかしらね。面白い。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

対ウイルス性胃腸炎マニュアル(備忘録)

頼むぞキッチンハイター!ウイルス性胃腸炎続く。 家にいるのにこんな感じ エプロンを装着し、マスク、手袋、キッチンハイター(泡で出るタイプ)を持ち、さながら保健所の職員。 まぁ子どもたちは落ち着いていて …

転落、指挟み、爪はがれ、子どものケガには気をつけて

13日(月)の日経の夕刊に、子どもの事故のことについて書いてあった。 ここ5年で5歳以下の子どもの転落事故が70件。 コロナの影響でおうち時間を充実させようと、ベランダにイスやテーブルを置いて 歩ける …

けいゆう病院の優雅な出産レポートブログ−2−

けいゆう病院の優雅な出産レポートブログ−1− 前回の出産レポートブログ1の続き。生まれたものの… 生まれて早々保育器に入るぴっぴ 産んだ経緯は覚えていないけど、生まれたその瞬間はわかるものである。そう …

妄想話その1〜カフェを開く〜

シリーズでお届けするかはわからないけれど、将来やりたいことの妄想リスト1位はカフェを開くこと。具体的な案を考えるとしよう。 とにかくね、商いというのは自分が儲ければいいんじゃなくて、「困りごと」を解決 …

ぴっぴ2歳3ヶ月(過去記事)

現在3歳のぴっぴ(長男)が2歳3ヶ月だった2020年3月ごろのお話。 ぴっぴ2歳2ヶ月(過去記事) 世の中コロナウイルスの影響で、ひっそりお葬式気分。 高齢者はもとより妊婦である私や、幼児であるぴっぴ …