くらし 子育て

カトージのベビーゲートが思いのほかよかった

投稿日:2021年6月1日 更新日:

タイトルの通りなんですけど、とくに記事を書く予定はなかったこのベビーゲート。

買って1ヶ月、可もなく不可もなくだなぁと思っていた。なんなら取り付けの時、この状態で、

「え、このままねじってけばいいの?」って不安になったりして。力づくでネジネジしてったら閉まったのだけど。説明書見てもドキドキする代物であった。馬鹿力で壊さないかと

使い心地は至って良好。

閉まる時の音が「ガチャン」ってするけど、ボタン押しながら閉めれば静かだし、そもそも誰も寝てなければ気にならない音。

特筆していいところは「押す」「引く」どちらにも開けられるところかな、なんて思ってた。

そんな思いを覆す事件が発生。

台所で私が料理していると、ぴっぴが「おしっこ〜!」ぴーすけを見つつパパがおトイレに連れて行ってくれた。その後「ぎゃあああ!」とぴーすけの泣き声が。

あまりの大きさに急いでトイレに駆けつけると、顔を真っ赤にして泣くぴーすけがトイレのドアのちょうつがいのそばに!

「指挟んだ?!」

「かもしれない、見てなかったからわからないけど」

なんで見てないんだよーという言葉はグッと抑えて指を見ると、くっきり線が入る指。

泣き叫ぶぴーすけを抱え急いで冷水で冷やす。

暴れ回っていたけれど、徐々に落ち着き、指も曲がって一安心であった。

パパはぴーすけがドアに関心を持ち始めたことや、ぴっぴのトイレについてきてしまうことを知らなかったのだなぁ。

そしてぴっぴの時は前の家で、引き戸だったんだよトイレ。

私は指がちょん切れるという最悪の事態にならなかったことに安堵しつつも、このヒヤリハット(すでに事件が起きてますがね)を教訓にしようと心に誓った。

そんな事件があってから、まじまじとこのベビーゲートを見るとなかなか優秀だと気づく。

赤ちゃん向けだから当たり前っちゃ当たり前なのだろうけど、指を挟むところがないのだ!

ちょうつがいのような回転式なのにも関わらず!

使い始め、「指挟む、危ない!」と思ったぴーすけの握った棒は、開閉時にどこにも挟まらなかった。

ドアなら指を挟んでいたであろう。檻のような構造だから当たり前なのだろうけど、安心感がぱねぇ。

そして、うちの兄弟はこんな遊び方してる。

何も作ってない時はたまに台所に入れてあげたりもするけど、この前の味噌汁ひっくり返し事件があってからは何が起こるかわからないぞ、と肝に銘じている。

ベビーゲートにしても何にしても、赤子は思いもよらぬ動きをするということ。これを1番に考えねばな



-くらし, 子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

寿司職人と美容師は需要があるそうだ

今の仕事は大好きなのだが、もし海外で転職となったら「英語」で続けられるほど言語能力も技術もないなぁと思う次第なのだ。 30代の転職活動を考える というよりも、海外でそもそも需要がある仕事ってなんだろう …

no image

3歳児健診の尿検査、どうやって採取するのかが問題だ

ぴーすけ(次男)が4ヶ月になり、そろそろ役所の4ヶ月健診がある。ぴっぴ(長男)のときは何をやるのかドキドキしたのがなつかしいほど余裕である。 予防接種に4ヶ月健診、ぴーすけのことにかかりっきりだったが …

オーケーストアのネットスーパーで1万円以上買ってみた

オーケーストアに行きたい。 行きたいけど、遠い。うちからだと東戸塚かみなとみらいである。 母のホスピスに毎週のように行っていた時は、東戸塚で買い物をしてから帰っていたのだった。 時々、珍しいものを買う …

ワーママのルーティーンが定着してきた

おはようございます(AM3:00) とんでもない時間に目が覚めてしまった。しかし、布団に入ったのが20:00なのでしょうがないような気もする。 この1ヶ月近く、子どもたちが2人とも保育園に通うようにな …

息子とデート

子ども二人いると、どうしてもママの取り合いになる。(最近はパパのほうが人気だけども) んで、どうしたってぴっぴ(長男)が我慢する展開が多い。 これがぴっぴが自分の感情を吐き出して、ムキー!って言えるタ …