わが町ほどがや 母のがん

新しくなった横浜市民病院

投稿日:2021年4月8日 更新日:

夜泣きでいったん中断。布団からケータイで頭を整理しつつ書いている。そうそう、かーちゃんがガンなのだ。

日曜日に、ふらっとうちにやってきて「りんごが二個あったから食べるかなって」

いらねーよ!しかもちょっと痛んできてるし!でもなんかあるなと思ってお茶したらガンだと知ったのだ。

青天の霹靂。

いや、前から腫瘍だガンだと大騒ぎしていたから今はけっこう冷静で、かえってそれが現実味なくて、昨日新しくなった横浜市民病院に行ってきて初めて実感した。

ぴっぴは保育園で、ぴーすけは姉ちゃんに預けて妹と3人で行ってきた。

ちなみに姉ちゃんとかーちゃんは絶縁気味。妹はオカンと一緒に住んでて前の検査にもついていったのに、こっそりメールで知らせたりしない気のきかないやつ。

ま、かーちゃんの意思を尊重したのだろう。

とにかく横浜市民病院でおちあって、一緒に話を聞いた。

妹のがちゃんとわかってて、どうやら子宮けいがんと子宮体がんの微妙な位置らしくて、どっちが出発点かわからないらしい。

特殊なケースかもしれなくて、今回のカンファレンスで詳しい所見と手術を決めると聞いた。

しかし実際は、結局どちらか開けてみないとわからないし、さらにこのガンは直腸のほうからきてるかもしれないと知らされる。

MRIの輪切り映像を見て「ほら、ここに白い線があるでしょう」と教えてもらった。

偉い先生のわりにまったくえらぶってなくて、わかりやすく、親しみやすい説明であった。

結果、婦人科と消化器内科の2つのチームで手術らしい。

日程をすりあわせて、手術日を一週間遅らせるのだ。

うぉーマジかーーと内心思いつつ。そんなことはおくびにも出さず。

肝心の母は妙に納得していて「やっぱり、だから先生最近便が…」とうんこの話をし始めたのだった。

3か月後にはこの世にいないかもなんて弱気なことを言っていたのが、おしりの痛みの原因を知り、人工肛門(ストーマ)になる可能性を聞きながらも、意外に前向きであった。

なにより強いのは、バスできた妹はバスで帰り、電動チャリで来たわたしもぴっぴを迎えに帰り、かーちゃんはバイクでテニスをしに行ったのであった。

新しい市民病院を探検する間もなく昨日は帰ったが今日もまた来ることになった。



-わが町ほどがや, 母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

お年賀が12月31日まで買えるパティスリートゥージュールin天王町

今年の帰省は難しいかなぁと思っていた矢先。 ぴーすけが熱をだし、もはやこれまでと思ったけれども、結果的に突発性発疹であり今はピンピンしている。 赤子ならまぁ誰でもなる病気ゆえ、このまま快方に向かえばジ …

横浜市民病院の一般病棟へ(面会全面禁止)

驚異的な回復力を見せた母は、ついに一般病棟へ移ることになった。 この1週間は、危篤の連絡を受けるところから始まり、誤嚥性肺炎と心筋梗塞と「もはやこれまで」と覚悟することのオンパレードであった。 私もこ …

天王町のとんかつ「こころ」はもっと早く行けばよかった美味しさとボリュームであった

息子の保育園、初めて「保育参観」なるものに参加してきた。 2歳児クラスの子どもたちが、曲に合わせて踊ったり笑ったり 非常に癒される空間なのだった。 なんというか、この幸せを知ってしまうと「癒し」のパワ …

がん再発

何度も書こうと思ったけど、考えをまとめられないので書きながらまとめていくことにしよう。 先日、腫瘍マーカーであるCA -19-9の結果が悪かった母。PET検査など詳細を突き止めるために検査祭りの日程が …

腫瘍マーカーの結果CA19−9

三連休の真ん中だというのに、横浜市民病院から電話があった。 残念なことに、2人の子どもの対応に追われ気づかなかった。かけ直すも、休日は急患以外は受け付けていないというアナウンスが流れた。 はて、母は入 …