新しくなった横浜市民病院 | yuranotoblog

わが町ほどがや 母のがん

新しくなった横浜市民病院

投稿日:2021年4月8日 更新日:

夜泣きでいったん中断。布団からケータイで頭を整理しつつ書いている。そうそう、かーちゃんがガンなのだ。

日曜日に、ふらっとうちにやってきて「りんごが二個あったから食べるかなって」

いらねーよ!しかもちょっと痛んできてるし!でもなんかあるなと思ってお茶したらガンだと知ったのだ。

青天の霹靂。いや、前から腫瘍だガンだと大騒ぎしていたから今はけっこう冷静で、かえってそれが現実味なくて、昨日新しくなった横浜市民病院に行ってきて初めて実感した。

ぴっぴは保育園で、ぴーすけは姉ちゃんに預けて妹と3人で行ってきた。ちなみに姉ちゃんとかーちゃんは絶縁気味。妹はオカンと一緒に住んでて前の検査にもついていったのに、こっそりメールで知らせたりしない気のきかないやつ。ま、かーちゃんの意思を尊重したのだろう。

とにかく横浜市民病院でおちあって、一緒に話を聞いた。妹のがちゃんとわかってて、どうやら子宮けいがんと子宮体がんの微妙な位置らしくて、どっちが出発点かわからないらしい。特殊なケースかもしれなくて、今回のカンファレンスで詳しい所見と手術を決めると聞いた。

しかし実際は、結局どちらか開けてみないとわからないし、さらにこのガンは直腸のほうからきてるかもしれないと知らされる。MRIの輪切り映像を見て「ほら、ここに白い線があるでしょう」と教えてもらった。

偉い先生のわりにまったくえらぶってなくて、わかりやすく、親しみやすい説明であった。結果、婦人科と消化器内科の2つのチームで手術らしい。

日程をすりあわせて、手術日を一週間遅らせるのだ。

うぉーマジかーーと内心思いつつ。そんなことはおくびにも出さず。肝心の母は妙に納得していて「やっぱり、だから先生最近便が…」とうんこの話をし始めたのだった。

3か月後にはこの世にいないかもなんて弱気なことを言っていたのが、おしりの痛みの原因を知り、人工肛門(ストーマ)になる可能性を聞きながらも、意外に前向きであった。

なにより強いのは、バスできた妹はバスで帰り、電動チャリで来たわたしもぴっぴを迎えに帰り、かーちゃんはバイクでテニスをしに行ったのであった。

新しい市民病院を探検する間もなく昨日は帰ったが今日もまた来ることになった。

広告




広告




-わが町ほどがや, 母のがん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

星川駅に新しいパン屋バニヤンブランチ

さて、いくつかおいしいお店を紹介してきたわが町ほどがやシリーズ タニヤ食堂の海鮮丼 in洪福寺 モンテファーレのクリスマスバイキング2020 Kotiに行ってきた 姉がインスタグラムで、星川駅に塩パン …

no image

消化器内科は死ぬほど待つ in 横浜市民病院

ここ数日、気を紛らわそうと色々書いたりしてみたけど、やはり今この状況を書きつつ整理しておこう。今日は寝かしつけから復活し、この怒涛の数日間を記録しておく。 前回、カンファレンスの予定が新たに直腸(ざっ …

no image

桶谷式マッサージはアールアンドワイvs石川母乳相談室

3歳児健診のことを書いたときにも話題にしたが、ぴっぴ(長男)のとき、母乳育児がうまく行かなかった。 恐怖の3歳児健診 予定日より10日早く産まれたこともあったが、なにより私の乳首が陥没しており、しかも …

no image

母ががん in 横浜市民病院

比較的近所に住んんでいる母。病院に行くにあたってぴーすけを見ててもらおうとメールすると断られた。まぁ急だしな、と思っていたが、1ヶ月先の通院の予定も「無理だな」と断られた。年中テニスしている人である。 …

5,000円のこども包丁

最近読んだ本で、子どもと一緒に料理するのが良いと書いてあった。 それはかなり実感としてあって、ぴっぴは「食べ物」が関わると俄然やる気が出るし、自分が作ったものだとよく食べる。それはホットケーキミックス …