ぴっぴ1歳10ヶ月(過去記事) | yuranotoblog

子育て

ぴっぴ1歳10ヶ月(過去記事)

投稿日:2020年11月20日 更新日:

 

急に気温が下がり、すっかり秋めいてきた。2019年の秋のことである。

でもお出かけをするにはちょうどいい気候である。

最近のぴっぴ(むすこ)は以前よりも表現力が増してきたからか、人の顔をひっかくのが落ち着いてきたように思う。

というか、子どもがたくさんいるところに行くのが少し億劫だったけど、引っ越しも落ち着いて遊び場に行ってみると、案外仲良くやれる場面が増えてきた。

これには少しほっとしている。まだまだ急にドーンとか顔を触ることもあるが、明らかにおもちゃの取り合いなど理由があってのことだから、未然に防ぐことができた。

表現力というか、メッセージを送ってくる。

ずっと仕込んでいたベビーサインの「おいしい」をやっとしてくれるようになった。

食べることが彼の楽しみであり、食べている間はとても静かなので食べることの表現は彼にとってとても大切なものになるだろう。そして、おいしいのベビーサインはかわいいのだよ。なんかぶりっこみたいで

食に関して言えば「もっと」のベビーサインも連発する。牛乳おかわり、チーズをもっとくれetc.

以前は「もうないよ」と言うとしぶしぶ納得していたが、今は冷蔵庫の中にあることを知っている。そして出してくれるまで泣く。なんなら床に転がって泣いている。また、「お願い」のサインも決めたが、これもかわいいので時に毅然とした態度ではねのけるが、折れてしまうこともままある。

落ち着いてきた精神面とは反対に、チョロチョロと動き回るのは以前よりも手を焼く。

涼しくなってきたのでお散歩に出かけるが、マンションを出てすぐが結構な交通量の道路なので、とびだしに要注意なのだ。そこで友達に教えてもらった迷子紐をつけることにした。

以前は「犬の散歩みたいでやだなー」と思っていたが、命には代えられない。幸いつけることを嫌がらないので、おててをちゃんとつないでくれるまではこれを活用するしかない。

 ただ一番大変なのは、この時期の洗礼「イヤイヤ期」なのだろう。我が子もいやだいやだと床に転がることがある。「ほんとにやるんだ!」と、今は観察する気持ちが強いが、これが日がな一日いやいや言ってたらかわいくないだろーなぁ。

先日も、今どハマりしている踏切の前で延々とカンカンカンカンを見ていたのだが、「そろそろ帰ろうか」と言うと「いやっ」

この繰り返しで結局1時間過ごしてしまった。それでも帰るときはギャン泣き。

家の中でもカンカンカンカンをずーっと、指とかペンでやってるわけですよ。集中力というか、「ハマる力」すごいものがある。

私は未だかつてそんなにどハマったものがあっただろうか?

子どもながらに尊敬する。好きなものがあるって強い。

そんなぴっぴとの生活も、職場復帰という期限付きだからこそな部分もある。専業主婦のみなさんには本当に頭が上がらない。逃げたくなることばかりだ。

今はぴっぴとめいっぱい楽しもう。

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コロナ下での妊婦健診

わたしの妊娠が発覚した頃、「新型コロナ」という言葉はもうあっただろうか。その年の年末に徐々に報道で数が増え始め、年明けの1月には「密になる」ということに気を使っていたように思う。 そこで気になってくる …

ぴっぴ2歳2ヶ月(過去記事)

現在3歳のぴっぴ(長男)が2歳2ヶ月だった頃の話をリライトしてます。 ぴっぴ2歳1ヶ月(過去記事) 2歳になり、「何歳なの?」と聞くと「にしゃいよ~」と答えてくれるようになったぴっぴ(息子) 手先が起 …

no image

ぴーすけの4ヶ月健診

このブログの意義を忘れるところであった。 息子たちよ、母はそれでもお前たちを愛している。大好きな仕事と子育ての狭間でどちらも諦めたくないのである。往生際の悪い人生。でも、君たちのせいで諦めてしまったと …

けいゆう病院出産レポ2020年−3−

出産レポートもついに第三弾。前回、病院まで這って到着したものの… けいゆう病院出産レポ2020年−2− いやいやいや1人目(ぴっぴ)のときは4センチなんて陣痛室で絶叫だったやーん。なんやこの余裕は?! …

ぴっぴ1歳9ヶ月(過去記事)

ぴっぴの成長記録を前のブログで書いていたので今日はそれをまとめておきましょう。1歳9ヶ月から2歳半くらいまで。当時の文のまま、ちょっと直して載せます。 我が子は11月末に生まれたので、月と月齢が同じ。 …