子育て

甘いもの解禁か、ぴっぴ(長男)2歳11ヶ月

投稿日:2020年11月3日 更新日:

ハロウィンも終わって11月。もうすぐ彼の誕生日なので、それに向けて親は動いている最中である。

我が家では「3歳までは甘いものはあげない」という、いま思えば到底無理な指標をたて、わりあい実践してきた。

結果、アイスクリームと生クリーム満載のケーキは食べたことがない。

ここで注釈すると、アイスクリームは食べたことがないていだけど、「ソフトクリーム」は一度食べてるし、なんならうちの実家に預けたとき、パンケーキのバニラアイスのせを食べたらしい。

ノーカウントだ

ケーキも生クリームがのっていないチーズケーキやシフォンケーキはちょいちょい親のをもらっている。

ちなみにプリンもゼリーもクッキーも食べてるから謎のポリシーと化している。

ゆえに彼が要求してきたのは「イチゴのアイスクリームとイチゴのクリームのケーキ(たぶんショートケーキ)を誕生日になったら食べたい!」

叶えてやろうじゃないの!

この、甘いもの縛りはなかなかに親の忍耐がいるもので。

おでかけのとき、美味しそうなケーキを見つけても目の前で食べるのははばかられる。小さいときはまだよい。

「うぐぅあ…!」と渾身の演技をしながら「からい!」とか言えば引くぴっぴ。

だけどお話ができるようになると騙すのは難しい。

最近では「3歳になったらねー」でのりきっていた。その3歳がもうすぐやってくる。

ここのところ毎日のようにアイスクリームとケーキのことは念押しされている。

最近通いだしたプールの待合室にもアイスの自販機がある。

お父さんと来ている子は高い確率で帰りにアイスを買ってやっている。思えば夫もいろいろとぴっぴに買ってやりたいだろうに、私が小さいときは贅沢させないといっていろいろ制限してきた

まぁ後悔はない。

早いうちから甘いものを食べれば虫歯になるし、おもちゃも与えすぎれば飽きてしまう。

なんだかんだぴっぴは煮物好きの自然を愛する男になったのだ。

そんなぴっぴは、3歳になってケーキを食べたい反面、「あかちゃんになりたい」と言う。「3歳にならなくていい」とも。

弟があかちゃんで、まだまだ手のかかる姿を見て、自分もあかちゃんになりたいと言う。

なんだか切ない…。

ぴっぴとしては、あかちゃんのままでケーキだけは食べたいといういいとこ取りをしたいようだが母は許さない

ケーキが食べたいなら、3歳になりなされ



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

妊娠中にやってよかった①Art school yokohamaにて妊婦絵を描く

前回辛い思いをした妊娠生活を書いたので、今度は楽しかった思い出を。というか妊娠中にこんなことをやってみては?という提案です。 妊娠中のかゆみ さて、妊娠中にやっててよかったこと。といっても仕事をしてた …

怒涛の一歳半健診ぴーすけの乱

なんてことない雪のネタでちょっと心を落ち着かせていましたがね。昨日夫にも言ったのです。 「今日は何かいいことをしないとバチが当たる気がするから、雪かきしてくるわ」 業(ごう)というか厄落とし的な要素を …

ママ友の作り方が知りたい

このコロナ禍で、なかなかコミュニケーションが取りづらい中 どうやったらママ友ができるのか、と相談されたことがある。 なんで相談されたかというと、昔から友達だけは多い。どれくらい多いかというと、友達が多 …

慣らし保育初日を乗り切る

新年度が始まりました 我が家の目下懸案事項としては「慣らし保育」 それまで家で思いっきりわがまま放題好きに過ごしていたぴーすけがついに保育園デビュー とは申しましても、お兄ちゃんと同じ園に入ることは出 …

耳かき動画とぴっぴの耳鼻科デビューの話

寝かしつけで寝落ちして、3時間くらい寝てしまった。 23時半に夫が仕事から帰ってきて目を覚まし、一緒におしゃべりしてまた24時半に布団に入った。 こういう日は寝れない。3時間寝て頭スッキリ、目がさえざ …