子育て

生後3ヶ月のぴっぴとぴーすけの違い

投稿日:2020年10月6日 更新日:

ぴーすけも無事に生後3ヶ月。

2人目とはいえ、個々の違う人間なので成長具合も異なる。

最近はむっちり具合も前より増して、体重は7キロオーバー。首も座ってきた。(まだまだ安定感はなし)

うつ伏せにすると景色が変わって面白いのか、けっこう長い時間頑張っている。

そんなところにぴっぴ(長男)がやってきて度々踏まれそうになるのから逃れるためか、一度だけうつ伏せから寝返りをした。

目が合うとにこっと笑うが、少し離れた距離にいる人も認識するようになった。

特に私の姉はよく面倒を見てくれることもあり、笑いかけによく反応する。2人でよくあーとかうーとか会話している。感謝である。

睡眠に関しては、ほっといても寝るといわれる2人目らしからぬ敏感さで、物音にもすぐ気づき起きる。

踏切の近くで育ったぴっぴとはえらい違いである。泣いてそのうち疲れて眠るだろう、と母はたくましくなったが、それに負けじと泣き続け、ぴっぴが

「ぴーすけ泣いてるよ、抱っこしてあげて」

とせっついてきて抱っこ。ピタリと泣き止む。

ときどき寝言のように泣くけれど、それはほっとける心の強さを母は手に入れた。

ぴっぴが3ヶ月のころ。

季節は冬の終わり。母はインフルエンザにかかった。当然ぴっぴにも感染。年度末で職場から遊びにおいでとお誘いがあったがすべてキャンセル。

親の心配をよそに38℃台でもキャハキャハ笑って元気だった。

薬も飲めず、私自身もしんどい中無事に回復してほっとしたのを覚えている。とにかく一時間おきに熱をはかっていた…。病院には夫が連れていってくれた。頼りになったなぁ

そのときの頭で考えていたからか、ぴーすけにはインフルエンザの予防接種をせねばと思っていた。

予約もしていざ病院へと向かったが、受けられるのは6ヶ月からであった。

1人目が災難だったばっかりに焦って注射を受けさせようとしてしまったが、今年はなるべく外出しないで乗りきるほかない。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ひとり国際教室

日本人らしくない、とはよく言われるのだけど日本人らしいって一体なんだろう。自分では剣道三段弓道初段誰よりも日本人らしいと思ってきたけどそうでもないらしい。 確かに、海外の文化に興味はあった。英語が話せ …

妄想話その1〜カフェを開く〜

シリーズでお届けするかはわからないけれど、将来やりたいことの妄想リスト1位はカフェを開くこと。具体的な案を考えるとしよう。 とにかくね、商いというのは自分が儲ければいいんじゃなくて、「困りごと」を解決 …

ぴーすけ9ヶ月

8ヶ月のぴーすけ この前8ヶ月だと思ったらもう9ヶ月。ずりばいを習得したのでハイハイへと移行するかと思いきや、すっ飛ばしてつかまりだちをし始めた。 ここ数日、いろんな探し物をしていて久しぶりに書類やら …

こぐま社から誕生日カードが届きました

姉がぴっぴにこぐま社の絵本を買ってくれまして 相当お気に入りになった。「さよならさんかくまたきてしかく」ぴっぴが読むと、「さよならさんかくまたきてね、しかく」というなんとも可愛い感じになるのだけど、こ …

ぴっぴ1歳9ヶ月(過去記事)

ぴっぴの成長記録を前のブログで書いていたので今日はそれをまとめておきましょう。1歳9ヶ月から2歳半くらいまで。当時の文のまま、ちょっと直して載せます。 我が子は11月末に生まれたので、月と月齢が同じ。 …