くらし

カーテンレールはついていない

投稿日:2020年9月25日 更新日:

マンションの一階に住むことになった。普通、家を買うとなればそれなりの時間をかけ、他の物件と比較しじっくり決めるものだろう。しかし我が家は決める時は早い。

夏休み、いつものようにお散歩していたら近くにオープンルームが。申し込んで、内見して2週間以内に契約をしていた。まぁそもそも利便性の良い掘り出し物件であったのだが、そんなことも相まって買ってから気づいたこともあるのだ。

それがカーテンレールである。契約が決まり、いつから住み始めるか引っ越しの算段をしているさなか、いざ住むとなるとカーテンが必要だと寸法を図ろうとすると、カーテンレールがないのだ。

最初詐欺かと思った。

だって、カーテンってみんなつけるやん。なんでデフォルトじゃないのよ。そう思ってネットで調べると、なるほど、カーテンじゃなくて曇りガラスにするからカーテンがいらなかったり、スクリーンロールやブラインドという選択肢もあるのねと知った。中古物件ではあるものの、リノベーションしてあり、壁紙なども張り替えてあったので旧カーテンレールは取り外されてしまったのだろう。新築の物件でもそういうこともあるのだ。

となると、文句は言っていられない。取り急ぎカーテンレールをつけなくては。我が家の味方ニトリに出向くと、手頃なものでもそれなりのお値段がした。それに加えて取り付け工事は1ヶ月も後だという。それでは住めない。

では、ニトリでカーテンレールを買って、別の業者に取り付けてもらおうとすると、総額数万円になってしまう。カーテンレールだけはコーナンにも売っていた。4,000円ほどでリーズナブルだがこうなると工事費用がばかばかしい。これからカーテンも買わなきゃなのに。

いろいろ調べ、引っ越しが迫る中姉に相談してみると

「そんなの、自分で取り付ければいいじゃない」

という返事であった。出た出た。我が家(実家)の悪い癖で、なんでも自分で作ってしまう癖。例えば、おしゃれな照明とかを見つけると

「素敵ねー。でも、風船膨らまして、和紙はりつけて、乾いたところで風船割ったら作れるな。」と。なんとかしてしまう。実際作らないくせに。

しかしながら姉は施工管理の仕事をしていたこともあり、大工仕事もまぁできてしまうのだった。

「水平にして、キリで穴開けて、電動ドリルでやればすぐだよ」

「それにしたって電動ドリルなんて持ってないよ」

「コーナンで貸してるよ」

なんと!たしかにコーナンで貸しだしていた。ならば、とコーナンでカーテンレールを購入し、ついでに電動ドリルも借り、さっそく作業に取り掛かった。花を持たせようと夫に作業をお願いするも、おっかなびっくり。

「オネーサマ、お願いします!」

横でぴっぴ(長男)の面倒を見ながら作業を見守ってくれていた姉にバトンタッチ。しっかり寸法をチェックして、驚くほどの手際で穴を開けていった。すんごい音してたけど。

仕上がりは、プロ並み。夫婦で「この強度、安定感ならぶら下がれるね」と語り合った。人はカーテンレールは自分でつけたとは思わないだろう。

リノベーション物件にカーテンレールはついていなかった。でも気合いでつけることはできる。そして近くにコーナンがあれば、きっとあなたも取り付けできる。そんな話を友達にしたら、今まさに家を建ててる真っ最中。うちにもつけてくれないかしらと言っていた。

焼肉をご馳走すればきっと姉はやってくれるだろう。

-くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子ども2人乗せ用電動自電車Gyutto

年度途中から保育園に通い始めたぴっぴ(長男) 下の子が生まれて3ヶ月が経ち、保育園も楽しんで通っている。今、何より毎日大変なのは送迎である。 彼の良いところでもあるのだけれど、今は何をみても「あれなに …

no image

栗との戦い

最近、ぴっぴ(長男)がいろんな歌を歌う。どんぐりころころ〜とか大きな栗の木下で〜とか。その歌に乗っかって、先日どんぐりを拾いに行った。 ぴっぴはとても喜び、家にたくさん持ち帰った。その話を保育園でした …

no image

子どもにおススメ、マンションの1階に住んでみる

今日は久々に友達が家に来た。前の団地から引っ越して約1年。つくづく引っ越して良かったマンションの一階。 我が家は男の子2人がいる。まだ下の子は首すら座ってないが、基本上の子はいつも走っている。上のお家 …

イングリッシュガーデンを作りたい

マンションの1階に越してきて、憧れの庭を手に入れた。といっても中古マンション。内見にきたとき、庭は荒れ放題だった。得たいの知れない大きな株と、謎のツル性植物。掘っても掘っても芋のような根っこが出てくる …

no image

シロカのホームベーカリー

買ってよかった家電のナンバーワンは今のところコイツである。 そもそもコロナでなかなか出歩けない中でのお遊びのつもりだった。が、今はコイツなしには我が家の食卓は語れない! うちの朝食の今までの定番は超熟 …