2歳差か3歳差か | yuranotoblog

子育て

2歳差か3歳差か

投稿日:2020年9月19日 更新日:

あかちゃんは授かり物なので、どーのこーの言って狙った通りにいくわけではないが

できるならどれくらい間があいてたらいいのか考えるのもひとつ。よく、受験がとか大きくなってからの問題点を話題にするが、純粋に生まれたときの状況で考えてみたい。

おもうのはやっぱり年子は大変だということ。まず妊娠段階で生まれて1年たたないうちに二人目ができると子宮も疲れる。

さらに1人目はお腹の子に気遣って重いものを持たないようにしていたけど、二人目がお腹にいるとき上の子はまだ0歳なわけだから抱っこ攻撃でほぼ不可能。まわりに代わりに抱っこしてくれる人がいればよいが、抱っこに買い物となればもはや拷問である。

そう考えると1年はあけたくなる。2歳差と二学年差同じようで、第1子の生まれ月によっては2学年差はなかなかに難しくなるのだ。

仮に一人目の出産から1年しっかりあけて、さらに10ヶ月経って

まさに上の子はイヤイヤ期に差し掛かっている。まだ言って聞かせてもわからんちんの一切後半

舌ったらずがかわいいなーと思えるか、「なんで何度言ってもわからないの!」になるか、こちらの忍耐が試される。

じゃあ我が家のように2歳半のとき下の子が生まれるとどうかというと、妊娠中期に2歳突入イヤイヤ期の絶頂を迎えた。

何を言ってもイヤなのに、気持ちは甘えん坊。抱っこしてほしくて、でもこちらも出来なくて

本人もお腹にあかちゃんがいることはわかっているから抱っこしても言えない。見ていてかわいそうだった。上の子のために兄弟がいたほうが良いだろうと思ったのに、これなら一人っ子のほうがよいのでは?と何度も思った。

あとトイトレが地味につらい。お腹大きいのにトイレに座らせたりおろしたり、寒かったり

なんだよ、じゃあどれも大変なんじゃん。というのが感想。どれがよいかは言えないが、どれにしたってそれ相応の覚悟は必要。ま、年子は別格。なので、年子と聞くと無条件に手伝いたくなるし尊敬する。(ちなみに私自身は年子の下の子で二学年上の姉がいる)

よいことはなにかといえば、年子はとにかく一気に終わるとか一緒に遊んでくれるというのは聞く。ほんまかいなと思う。小学校や中学校の個人面談で日にちを合わせてくれるのはメリットかと思うけどやっぱり大変やん

2歳差はなんとなく言葉が通じるからうまいことのせればお手伝いとかしてくれる。たまにドキッとするような嬉しいことを言ってくれたり、癒される。上の子のお世話をして、そのでかさに比べて下の子の小ささに守ってあげなきゃ感が増す。

3歳あけば言葉もかなりわかるし、たいていは幼稚園に通い始めるから下の子に集中できる時間があるのもよい。ただ下の子を抱っこしつつ幼稚園の行事や送迎に行くのはまた違った大変さもある。

十人十色の大変さ。1人を大事に育てるのもそれはそれで大変。わたしはひとりだと「多すぎる」と思った。頭の中がその子でいっぱい、集中しすぎてしまう。注意しすぎ、溺愛しすぎ、干渉しすぎ

二人目育児は始まったばかり

適度に適当に、この年の差でうまれたこともなにか意味があってのことだと信じてやってみよう

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ぴっぴ1歳11ヶ月(過去記事)

ぴっぴ1歳10ヶ月(過去記事) ぴっぴ(息子)が今執心しているのは電車である。とりわけ、踏み切りをながめるのが好きだ。 引っ越して、保土ヶ谷駅から遠くなってしまったので、踏み切りも遠くなってしまった。 …

no image

保土ヶ谷区の4ヶ月健診ぴーすけ編

このブログの意義を忘れるところであった。 息子たちよ、母はそれでもお前たちを愛している。大好きな仕事と子育ての狭間でどちらも諦めたくないのである。往生際の悪い人生。でも、君たちのせいで諦めてしまったと …

2人同時に寝かしつけ

2人目が生まれる前から懸念が2つあった。それが2人同時風呂と寝かしつけである。先行く2児ママになった友人に聞いてみるも不安は拭えなかった。 今現在、風呂は何とかクリア。(「ひとりで2人の子どもを風呂に …

no image

妊娠生活から出産まででいるもの

妊娠中のことも書いておこうと思う。第一子男児ということで三姉妹で育った私からすると衝撃のスタートだった。しかも、くだんの産婦人科の先生は 「あー、ついてるね!ほぼ男の子で決まりだね」 なんて、聞いても …

社会人こそもう一度大学へ行ってみては

前回育休中に大学に通ったという話をポロっと出したので今回は詳しく。 パパママ育休を1年間 ふたりで育休を取るときに、もちろんぴっぴ(長男)をしっかりみて育てよう、という気持ちで取ったのだけど せっかく …