子育て

生後1ヶ月のぴっぴとぴーすけの比較

投稿日:

この日記の大きな目的の1つが将来2人の息子に小さなときのことを語りたい、というのがある。

子どもを比べるのは良くないが、この2人は生まれた時からそっくりで、違いの方が少ないかもしれない。だから似ているところと違うところを書き留めておこう。

ぴっぴは3,500グラムのbigベビーであった。しかも初産ということもあり、私の体調は最悪。そんな中、ぴっぴの様子をつぶさに記録する余裕はなかった。とにかくまだ母乳が軌道に乗らなくて、気持ちも落ち込んで、ぴっぴの出来ることに喜べなかった。

1日の授乳回数は12回、1ヶ月検診では体重が約1キロ増えているが、あまり乳は出てなかったと思う。この時は冬に生まれ、雪が降ったり寒かったり家で過ごすことが多く、1日が長かった。テレビを見せてはいけない!と自分がテレビを見るのも控えていた。それでも生後1ヶ月で抱っこ紐でバウンサー買いに出かけているのはすごいな、と自分でツッコミ。

打って変わってぴーすけは、生まれたときの体重が3,000グラムと小柄なのに加えて、2人目ということもありスーパー安産であった。ゆえに母のスタートが違う。会陰も縫合することもなく、気持ちもあまり落ち込まない。だから、純粋に「あかちゃんカワイイ!」という気持ちが湧いた。

ただ、新生児の骨と皮だけの頼りなさは、2歳児を世話した後だと際立ち、「こんなにふにゃふにゃで大丈夫だろうか」という思いは1人目より大きかった。加えて兄であるぴっぴに目をつけられ、踏まれそうになったり、手をあらん方向に曲げられそうになったり生命の危機から守ることで必死であった。

ただ、母乳がギュンギュン出て体重の増加が著しい。1ヶ月検診では1.5キロも増加していて総体重ではぴっぴと同じくらいなのだけど、抱っこしてて重いなぁと感じる。

この違いが2人の大きな違いだが、徹底的に似ているところもある。

まず顔。ぴーすけの顔は、ぴっぴの小さいときと瓜二つだ。グーグルのフォトアルバムで顔認証で同じ顔の人をまとめてスライドしてくれるのだが見事に間違えていた。AIも間違える似てる度。

そしてどのあかちゃんも同じだろうが、置くと泣く。起きる。背中スイッチというやつが敏感。しかしなにが違うかと言われれば、母は変わった。

ぴっぴのときはちょっとでも泣かれると責められているような気持ちになり、いかに泣かせないかに気持ちを注いでいた。今は違う。多少泣かしても死なないし、そのうち寝るだろうという強い気持ちを持っている。だってぴっぴを優先させろと言われれば体は1つしかないのだから。

よく「ふたりめは楽よ、勝手に寝るから」というけれど

真実はほっとかざるを得なくて結果寝ていたというのが正しいところだろう。実際ぴーすけは最近置いても寝てくれるようになった。ふたりめとは不憫よ…

-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

生後2ヶ月のぴっぴとぴーすけの違い

ぴっぴ(長男)の2ヶ月は冬。それも良く雪が降るとしであった。授乳と寝るを繰り返し、初めての子で緊張しつつも静かな部屋の中つまらない…。そんな中友人が訪ねてきてくれたり、かーちゃんが手伝いに来てくれたり …

no image

ぴっぴ(長男)2歳9ヶ月

ぴーすけ(次男坊)が生まれて、日々お世話に明け暮れ、あっという間に1日が過ぎてしまうが ぴっぴ(長男)の成長がめざましい。思えば、2歳6ヶ月で下の子が生まれ、ママが入院したり保育園に通い始めたり人生の …

no image

けいゆう病院の無痛分娩

イギリスの王室で子供が生まれた時に、さっそうと姿を現したキャサリン妃。ヨーロッパでは無痛分娩は結構スタンダードである。あの姿を見て「え、まだ数日しか経ってないやん」とツッコミを入れたいほど元気で晴れ晴 …

けいゆう病院出産レポ2020年−1−

2017年に長男であるぴっぴを産んではや3年。この夏2人目であるぴーすけを出産した。相変わらず信頼絶大なけいゆう病院。だけど、今回は2人目、さらに新型コロナの影響もあり、前回のようにはいかなかった。 …

息子の頭をバリカンで刈る

ぴっぴ(長男)が1歳を過ぎた頃、髪が伸び過ぎて落ち武者のようになった。前からちょいちょいハサミで切っていたのだけれど、流石に追いつかなくなっていった。加えてハサミで切るときのジョキンという音が嫌みたい …