けいゆう病院の無痛分娩 | yuranotoblog

子育て

けいゆう病院の無痛分娩

投稿日:2020年9月4日 更新日:

イギリスの王室で子供が生まれた時に、さっそうと姿を現したキャサリン妃。ヨーロッパでは無痛分娩は結構スタンダードである。あの姿を見て「え、まだ数日しか経ってないやん」とツッコミを入れたいほど元気で晴れ晴れとした顔。

わたしもできるなら無痛分娩をしたい!!

さて、けいゆう病院では無痛分娩を希望する人は麻酔教室を受けねばならぬ。私は今回無痛分娩希望なので予約をした。

いや、ぴっぴ(長男)のときも無痛分娩を希望していた。だって痛いのやだもん。だけど2017年の年末、なぜか麻酔科が人手不足で早々にその可能性を否定された。
なんだよーなんのためにけいゆう病院にしたんだか…。まぁ結果的にぴっぴは保育器に入ったりでけいゆう病院でよかったのだけど

今回二人目、ぴっぴのときの壮絶な痛みを思い出すと、余計にかかる12万円など安く感じるお値段なのである。さらに今回は退院するとすぐに上の子のお世話も待っている。体力を温存せねば。

そんな気持ちで臨んだ麻酔教室。ただいつもと違って新型コロナの影響下、集まっての「教室」スタイルはなされず、麻酔科の医師が説明してくれた。
たったの10分でもこのくそ忙しいであろうなか医師を独占してしまった申し訳なさ。


なかなか面白い先生で、二人目ということもあり端的にわかりやすく教えてくれました。まぁ結果からいうと平日の9時から16時までにお産が進まないとこの麻酔科の先生に会うこともない。

前回ぴっぴのときは夜中の1時から痛くなりはじめ、朝5時に病院に行ったときにはまだ子宮口が1センチとかで一度帰されたっけ。結局夜中に産まれたので麻酔はできなかったでしょうが。恨みつらみはいつまででも出る。

説明を聞いていると、麻酔を始めるのが子宮口が3~5センチ開いてからってんだから相当痛いでしょうよ。ぴっぴのころは4センチで絶叫。でも、痛みが出てからじゃないと麻酔の効果がわからないってのは納得。

背中にカテーテル入れて麻酔を入れるの図は痛そうだけど、きっと陣痛の痛みでかきけされてるだろーなー。というか、カテーテルは痛みで外れないのかな?

これが経産婦の強みだ。1度知っとくと恐怖は想像範囲内。よくも悪くもあれ以上痛くはならん。ぴっぴのためにも自分のためにも体の負担を軽くして、産後に体力温存するのが目的だ。

先生を待つ間、レジュメをもらって読んでたのだけど「痛さ」グラフみたいなものに衝撃をうけた。マギールの疼痛スコアというやつ。
陣痛の痛さをよく言葉で表現するが、「想像を絶する」とか「鼻からスイカ」とか

痛さをランキングしていくと初産婦の痛みは
『手の指を切断するよりちょっとマシ』なくらいなんだって!

これ、麻酔教室では和気あいあいしながら語られたのだろうか…。これから産む人こわすぎない?

背中のカテーテルは動くけど外れたりはしないと聞いて安心し、わずかな可能性ではあるけれど血栓ができたり、具合が悪くなったりするらしい。それは十分な説明をされ、リスクを承知の上で受けるのだけど、その万が一のときもすぐに麻酔科の先生がスタンばってくれているのが安心。

わたしの今回のお産はスーパー安産かつすすみがめっちゃ早かったので結果的に必要なかったが、新型コロナによって「付き添いなし、立会いなし、面会なし」のナシナシだらけの今、無痛分娩という心のお守りはあるにこしたことはない。

すべての妊婦さんが望めばできる環境がととのえばいいのになぁ。

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生後2ヶ月の成長記録ぴっぴとぴーすけの違い

生後1ヶ月のぴっぴとぴーすけの比較 ぴっぴ(長男)の2ヶ月は冬。それも良く雪が降るとしであった。授乳と寝るを繰り返し、初めての子で緊張しつつも静かな部屋の中つまらない…。そんな中友人が訪ねてきてくれた …

no image

寝返りまであと少し、生後5ヶ月ぴーすけ

ぴーすけの4ヶ月健診 ぴっぴの成長も著しいが、やはり0歳の今5ヶ月のぴーすけも日々できることが増えている。 ぴっぴと違ってぴーすけは2人目。良くも悪くもわたしの力が抜け、ハラハラドキドキすることも減っ …

甘いもの解禁か、ぴっぴ(長男)2歳11ヶ月

ぴっぴ(長男)2歳10ヶ月 ハロウィンも終わって11月。もうすぐ彼の誕生日なので、それに向けて親は動いている最中である。 我が家では「3歳までは甘いものはあげない」という、いま思えば到底無理な指標をた …

no image

2歳差か3歳差か

あかちゃんは授かり物なので、どーのこーの言って狙った通りにいくわけではないが できるならどれくらい間があいてたらいいのか考えるのもひとつ。よく、受験がとか大きくなってからの問題点を話題にするが、純粋に …

けいゆう病院の優雅な出産レポ①−2017年−

このブログの主役はぴっぴ(息子)なのです。 妊娠が分かったとき、ちょうど旦那とけんかしていたときで本当に「子はかすがい」な存在になったぴっぴ。しかし、通っていた病院は産むための設備は整っていないのだ。 …