けいゆう病院出産レポ2020年−3− | yuranotoblog

子育て

けいゆう病院出産レポ2020年−3−

投稿日:2020年9月2日 更新日:

出産レポートもついに第三弾。前回、病院まで這って到着したものの…

いやいやいや
1人目(ぴっぴ)のときは4センチなんて陣痛室で絶叫だったやーん。なんやこの余裕は?!

陣痛はというと、時々波は来るけど、まだまだ我慢できる痛さ。

これを見た助産師さんはバッグを預かり、病室ではなくこのまま陣痛室で経過を見ることになった。
代わる代わる来る先生やら助産師さんも「さすが経産婦さんですねー」とか言ってくれる。自分でも意外である。

ぴっぴのママ友LINEグループでこの陣痛の経過を送れるほど。これがまた気をまぎらわせてくれるのでさらに恐怖を払拭できた。とはいえ、もはや無痛分娩のできる時間もなくなってしまった。まぁ麻酔をしたところでお産の進みが早いので間に合わなかっただろう。

ただここから進まない。

痛さもまぁ我慢できるし、お腹もすいたのでご飯も持ってきてもらうことに

「ご飯食べた方がお産が進みますよー病院歩いてもいいかもですね」助産師さんが笑顔で時々様子をみにくる。

それは面倒だな、とか思ってると急に大きな波が。
おいおい、ご飯まで待ってよー

しかし箸がない。仕方なくオレンジをはむはむしとると、その波を見たのか助産師さんも登場。
「今の感じがきたら言ってくださいね。経産婦さんなので結構すすむかも」

お、マジか。えっと、箸ください。

ご飯を食べ始め、おかず二品を食べたところでデカイ波が!飯どころではない。あ、その煮魚最後に食べようととっといたのに!

初めて声を出して痛みをのがーす
なまじみんながほめてくれるので、じみーにフーッフーッでがんばる

が、急に大きな波がやってきてお上品ではいられなくなる。助産師さんたちが内診をしてくれていよいよ波が来たときは7センチまで開くようになった。
痛みのないときにててててーっと分娩室に移動したときには、痛みで絶叫。

「目あけて!息を吐くことに集中して!」


いやわかってますけどね?!腹のそこから叫んで息を止めてしまうのを必死でフーッとか言う

ここから7センチで進まない。陣痛の合間は死んだようにぐったりして体力温存。夏の出産暑し!!

そして波がくる。モーレツにうんこしたい衝動!
助産師さんがおしりの穴を押さえてくれてる
「ママー息はいてーダメよーまだいきんじゃー!」

そ、ん、な、こといってもーー!
いきみたいーー!

「8センチよまだ!いきみのがして!!」

なにやら股に手を突っ込まれ、あれやこれやとポイントを探してくれてうまいこと広げればいけそうだと話してる助産師さんたち
先生っぽい人も来てどうやら準備もOKそう

「いきんでもいーんですかね?!」

そんなことが聞ける余裕である。思えば1人目の時は、この状況でわたしは胃液を吐いていた。吐くものがなくて緑色だったわい

「頭だいぶ降りてきてるからいきまなくて大丈夫、軽ーくね」

ネジのぶっ壊れた強さ調整で、なんとか言われるがままに息はいたりちょうどいきんだり

おまたに頭が挟まって痛い!痛いがもうちょい、いけ!
「おもいっきり息むと赤ちゃん勢いよくでて危ないから軽くね!」

軽くいきむって、けっこう無理難題なんだけど

わたしは言われた通り10のうち3ぐらいの力でフン!といきむ

まず頭が出て、その後の軽いいきみでドゥルンと体が出たのがわかった。引っ掛かって痛かったけど、やっと出た!

わたし、一人で産んだんだよ!!

分娩室に入って30分ほど。記録では陣痛始まって5時間という分娩であった。

つづく

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新しい仕事を作れないか

仕事復帰までカウントダウンが始まり、我が家なりに作戦を立てている今日この頃。そんな中保育園で面談があり、保育園でのぴっぴの頑張りっぷりがよくわかった。 本来、保育園は働いている親御さんの代わりに乳幼児 …

出産のときの上の子は、夜編

出産に向けて旅行バッグに指定されたものを詰めていくのも準備だが、いざ産む時にぴっぴ(長男)をどうするかという準備も大切だ。 予定する帝王切開ではないので、朝なのか夜なのか急に病院に行くことになる。夫が …

離乳食備忘録

今日はぴっぴが朝から不機嫌で保育園に登園拒否。大泣きだったので家に連れ帰った。きっと朝からぴーすけにかかりきりだったのが嫌だったのか、はたまた単に保育園がやだったのか本人にしかわからない。だいぶ話せる …

保育園でのケガ

いやー今日は本当にハラハラドキドキの一日だった。ちなみに記録のために書くけど、保育園には一切落ち度のないケガであった。 午前中、自分の病院に行くために支度をしていると保育園の園長先生から電話が。 どう …

no image

ぴっぴの目がパチパチ

このところ、ぴーすけをかついで病院に行ったり、役所や実家に行ったり忙しかった。心配ごとは尽きないが、それでもぴっぴがあいかわらず保育園にいってくれるのがありがたい。ぴっぴの日常がこの混乱のなか癒しにも …