けいゆう病院出産レポ2020年−3− | yuranotoblog

子育て

けいゆう病院出産レポ2020年−3−

投稿日:2020年9月2日 更新日:

出産レポートもついに第三弾。前回、病院まで這って到着したものの…

いやいやいや
1人目(ぴっぴ)のときは4センチなんて陣痛室で絶叫だったやーん。なんやこの余裕は?!

陣痛はというと、時々波は来るけど、まだまだ我慢できる痛さ。

これを見た助産師さんはバッグを預かり、病室ではなくこのまま陣痛室で経過を見ることになった。
代わる代わる来る先生やら助産師さんも「さすが経産婦さんですねー」とか言ってくれる。自分でも意外である。

ぴっぴのママ友LINEグループでこの陣痛の経過を送れるほど。これがまた気をまぎらわせてくれるのでさらに恐怖を払拭できた。とはいえ、もはや無痛分娩のできる時間もなくなってしまった。まぁ麻酔をしたところでお産の進みが早いので間に合わなかっただろう。

ただここから進まない。

痛さもまぁ我慢できるし、お腹もすいたのでご飯も持ってきてもらうことに

「ご飯食べた方がお産が進みますよー病院歩いてもいいかもですね」助産師さんが笑顔で時々様子をみにくる。

それは面倒だな、とか思ってると急に大きな波が。
おいおい、ご飯まで待ってよー

しかし箸がない。仕方なくオレンジをはむはむしとると、その波を見たのか助産師さんも登場。
「今の感じがきたら言ってくださいね。経産婦さんなので結構すすむかも」

お、マジか。えっと、箸ください。

ご飯を食べ始め、おかず二品を食べたところでデカイ波が!飯どころではない。あ、その煮魚最後に食べようととっといたのに!

初めて声を出して痛みをのがーす
なまじみんながほめてくれるので、じみーにフーッフーッでがんばる

が、急に大きな波がやってきてお上品ではいられなくなる。助産師さんたちが内診をしてくれていよいよ波が来たときは7センチまで開くようになった。
痛みのないときにててててーっと分娩室に移動したときには、痛みで絶叫。

「目あけて!息を吐くことに集中して!」


いやわかってますけどね?!腹のそこから叫んで息を止めてしまうのを必死でフーッとか言う

ここから7センチで進まない。陣痛の合間は死んだようにぐったりして体力温存。夏の出産暑し!!

そして波がくる。モーレツにうんこしたい衝動!
助産師さんがおしりの穴を押さえてくれてる
「ママー息はいてーダメよーまだいきんじゃー!」

そ、ん、な、こといってもーー!
いきみたいーー!

「8センチよまだ!いきみのがして!!」

なにやら股に手を突っ込まれ、あれやこれやとポイントを探してくれてうまいこと広げればいけそうだと話してる助産師さんたち
先生っぽい人も来てどうやら準備もOKそう

「いきんでもいーんですかね?!」

そんなことが聞ける余裕である。思えば1人目の時は、この状況でわたしは胃液を吐いていた。吐くものがなくて緑色だったわい

「頭だいぶ降りてきてるからいきまなくて大丈夫、軽ーくね」

ネジのぶっ壊れた強さ調整で、なんとか言われるがままに息はいたりちょうどいきんだり

おまたに頭が挟まって痛い!痛いがもうちょい、いけ!
「おもいっきり息むと赤ちゃん勢いよくでて危ないから軽くね!」

軽くいきむって、けっこう無理難題なんだけど

わたしは言われた通り10のうち3ぐらいの力でフン!といきむ

まず頭が出て、その後の軽いいきみでドゥルンと体が出たのがわかった。引っ掛かって痛かったけど、やっと出た!

わたし、一人で産んだんだよ!!

分娩室に入って30分ほど。記録では陣痛始まって5時間という分娩であった。

つづく

広告




広告




-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

甘いもの解禁か、ぴっぴ(長男)2歳11ヶ月

ぴっぴ(長男)2歳10ヶ月 ハロウィンも終わって11月。もうすぐ彼の誕生日なので、それに向けて親は動いている最中である。 我が家では「3歳までは甘いものはあげない」という、いま思えば到底無理な指標をた …

育児本-買って読んだおすすめな本-パート1

前は暇さえあれば小説でも漫画でも雑誌でも読んでたのがそんな時間も取れず、読む気力もなくなってきた。 公募ガイドくらいかな、買うのは。それ以外は立ち読みしてふーん、くらい。湊かなえの本さえ立ち読みで一気 …

社会人こそもう一度大学へ行ってみては

前回育休中に大学に通ったという話をポロっと出したので今回は詳しく。 パパママ育休を1年間 ふたりで育休を取るときに、もちろんぴっぴ(長男)をしっかりみて育てよう、という気持ちで取ったのだけど せっかく …

魔の2歳児を脱した、2歳9ヶ月のぴっぴ

ぴーすけ(次男坊)が生まれて、日々お世話に明け暮れ、あっという間に1日が過ぎてしまうが ぴっぴ(長男)の成長がめざましい。思えば、2歳6ヶ月で下の子が生まれ、ママが入院したり保育園に通い始めたり人生の …

no image

保土ヶ谷区保育園事情

そろそろ横浜市の保育園が決まり、悲喜こもごもの様子。ぴーすけが生まれたので、あと1年の育休が続くので今年は応募しなかったものの、明日は我が身である。 兄弟が保育園に入所していて、そこの名前しか書かなか …