くらし

年末やること備忘録2023年

投稿日:

今年も残すところあと2日とちょい。

カウントダウンに入ってきて、いよいよ忙しいのよ主婦は。

さて、自分の中でも何をやるんだったかよくわからなくなってきたので、とりあえずこの数日のやることを挙げることにしましょう。

例年、この時期はおせち作りとゴミの日との戦いであった。

しかし、今年はそのチャンネルが全く合ってなくて、どうやらもう燃えるゴミは行ってしまったようだ

ならば仕方ない。もうすでに間に合ってないんだもの。(開き直りと言う)

今日はOKストアまで遠征に行ってきた。そこでまだ揃ってなかったおせち系を調達。

レンコン、こんにゃく、大根、かまぼこ、ニシンの昆布巻きをゲット。

すでに伊達巻、栗の甘露煮(小)、クチナシの実、煮干し、さつまいも、金時人参、小松菜、黒豆(煮てあるやつ)はある

今年も栗きんとんと田作り、煮物、お雑煮くらいは作る予定だけど、あとは切って詰めるだけおせちでよし!

ゴミの日が行ってしまったなら俄然31日でいっか!という感じなのである(その代わり31日は戦争である)

それにしたって、おせちという文化だってこのご時世どうなのよ、こんなに主婦働かせて!とは思うものの

やはり自分が子ども時代におせち料理って本当に楽しみで

母は「早い!安い!うまい!」という感じの料理が得意な人だったけど、おせちは結構ちゃんと作ってくれていたんだよなぁと思い出す。

毎年なんとなーく作るのを手伝っていたけど

黒豆を煮る直前になって「クギ!釘がない、錆びた釘」とか言い出すので、本当に料理は段取りだなぁと思う。

さて、話は戻るが、我が家は到底ちゃんとした家のおせちではないので

何があって完成形なのかがいまいちわからんなぁと思っていたらば、ぴっぴ(長男)が、図書館で季節の料理についての本を借りてくれたのだった

ちなみに、保土ヶ谷図書館含め、横浜市内の市営図書館はしばらくシステム調整のためお休みでっせ〜(1/14まで)

そういうわけでどっさり借りてきた本と共におせちの載ってるページを参考に

ぼちぼち作っていこうと思います

しかしだね、大晦日はお鍋の取り合いなのだよ。だってさ、年越しそばもあるじゃん!

おそば茹でる鍋と、お蕎麦のつゆをあっためる鍋がまずいるやん。

ということは、それまでに煮物は完成して別の入れ物に移しておく必要があるし

となると、栗きんとんのために芋を茹でる作業もだいぶ前倒しだよね?

田作りはフライパンで作るからいいとして

あれ、私今年は角煮が食べたいと思ってブロック肉もさっき買ってきたよねぇ

ん?お雑煮って正月の朝に作るんでいいんだっけ?正月って基本働いちゃいけないんだよね?

だめだ、導線がこんがらがってますわ

クリスマスに焼いた鶏→からの、鶏ガラスープカレーは非常に美味しかったんだけどね

とりあえず明日は昨年からの恒例行事になりつつあるボランティアに行ってきます

それも料理系だけど、そっちは仕切ってくれる人がちゃんといるんで大丈夫w



-くらし

執筆者:

関連記事

読書の秋、「六人の嘘つきな大学生」が面白かった

食欲の秋だけど、実は読書もしている今日この頃。 電車に往復1時間乗るご用事がありまして、そうだ!本読もうとなりました。自分の好きなジャンルの本はまぁ面白くないので、人のおすすめで夏に借りたのだけど 正 …

崎陽軒のジャンボシュウマイminiは、イベントにぴったりの代物であった

育休明けて仕事が始まって、恋しいのはママ友との交流である。 職場で大人と話せるものの、一緒に子育てしてきたママ友たちとはめっきり話す機会がなくなってしまった。私は家に人を呼んでワイワイするのが好きなの …

ミャンマーのためにできることは何か。とりあえずエコバック

ミャンマーの今を日本から思う 日本人の本当に悲しいところは「忘れっぽいところ」まぁ飽きっぽいともいうがね。 オリンピック一色なので仕方がないこともあるけれど、ちょっと前まで心を痛めていたミャンマーの情 …

生粋のくるみ好きがあれこれ作ってます

よく、死ぬ前に何が食べたい?って質問ありますでしょ うちの夫は迷わずカレー!っていうと思うけど(もしくは唐揚げね) 私はきっとステーキっていうと思うのですよ(くるみじゃないのか) でも、プチ贅沢でどん …

オランダはそんなに暮らしやすいのか

以前も書いたが、友達がオランダに引っ越して1年くらい経とうとしている。 She is getting by. 友達と言っても、インド人で、やりとりが英語だからそうしょっちゅう話すわけでもないし、 なん …