くらし

紅玉リンゴジャムの季節がやってきましたよ

投稿日:

食欲の秋。美味しいものならなんでも食べたいのだけど

気になるのが物価高よね。

外食は4人で3,000円はするし(これぴーすけが1人カウントになったら恐ろしい)

テイクアウトですら、パンなんかいろいろ選んだら1,000円越えするからビビる

そんな我が家で毎年楽しみにしているのが、紅玉りんごの季節

フツーのりんごに比べて、小ぶりで真っ赤で、何より酸っぱい!

そんなリンゴをなぜわざわざ買うのかといえば「ジャムにしたいから」である

この紅玉りんごのジャム。買うとまぁまぁの値段する(180gで700円とか)

生活クラブではこの時期、特集が組まれたりちょっとお買い得になったりする紅玉りんご

さっそく、5キロ買ってみた

ジャムにするのには、本来まぁまぁの努力が必要だ。

皮むいて、切って、お砂糖とレモン汁をふりかけてしばらく置いておき

コトコトとお鍋で煮る

煮沸しておいた瓶にあつあつのジャムを入れてフタをしてひっくり返す

そんな手間ひま

かけてられるかーい

わが家ではもっぱら、ホームベーカリーに突っ込んで終了である。

シロカのホームベーカリー。君にはほんとにお世話になりっぱなしだね

1センチ角に切ったりんごと、分量計ったグラニュー糖と、レモン汁を入れてスイッチオン。

すると、1時間後にはジャムが出来上がっているというお手軽さである

なんなら、皮すら剥かない。そうすると、紅玉の真っ赤なりんごの色が移ったピンクの可愛いジャムができるのだ

むしろ皮ごと入れたいから生活クラブで買っている、って感じかな

我が家では、そのできたりんごジャムは

ホームベーカリーで焼かれたパンに塗られ、ホームベーカリーで作ったヨーグルトに入れる

ほんまホームベーカリー様さま

紅玉はちょっとお高いのだけど、外で外食すると思えば手作りの方が安いし安心だし

何よりこのちょっとした幸せがなが〜く続くのよね!

さて。今までの消費したジャム瓶をとっておいて、紅玉ジャムを大量に作ったならば(ホームベーカリー3回も回したワイ)

日頃お世話になっている人たちに配る

いつも美味しいご飯を作ってくれる義母

時々畑の野菜をくれるご近所のおじさん

わが家の坊や達を可愛がってくれる姉

おすそ分け文化は今だ健在なのである

それでもまだ残る紅玉りんご。ジャムにしようと思っていたけれど

消費が追いつかないのでそのまま切って朝食に出してみた

「ママ!美味しい!」と奪い合うように食べるボーイズ

そう、子どもはりんご好きだよね

多少酸っぱくても、これもまた季節の味なのだ



-くらし

執筆者:

関連記事

no image

夏休みのおさらい。やりたいことは全部やった!

夏を全力で楽しんだ自負がある。 ことわっておくと、我が家はよそのうちのように旅行にも行っていないし、キャンプをやる家ではない が、夏休み前にやりたいと思っていたことは概ねコンプリートしたのだ 満足&# …

no image

職場復帰への不安

今日は日曜日。平日はいろんなルーティーンがあるから大変。でもわがやは日曜日の方が大変。 なぜなら日曜には保育園がないから。 2歳児と、4ヶ月の男児2人のあっちゃこっちゃで泣いたり要求されたりするのをこ …

no image

新しい仕事を作れないか

仕事復帰までカウントダウンが始まり、我が家なりに作戦を立てている今日この頃。 そんな中保育園で面談があり、保育園でのぴっぴの頑張りっぷりがよくわかった。 本来、保育園は働いている親御さんの代わりに乳幼 …

no image

スシローと卒園式

どこの保育園も幼稚園も、今週が卒園式っぽいですな。 我が家の長男ぴっぴも、ついに卒園。 夫と、私と次男ぴーすけを連れて、人生初の息子の卒園式に立ち会ってきました。 ぴっぴはコロナ禍の2020年に、次男 …

コーナンで断熱シートを買ってイオンのラグを敷く

衣替えもままならなかった我が家。 夏はフローリングにゴザを敷いて、涼をとっていたがさすがに寒くなってきた。 断熱効果を高めるためにもホットカーペットとラグの組み合わせは必須なのだけど、ちょっとした悩み …