子育て

学童かキッズで悩む、小学一年生

投稿日:2023年10月12日 更新日:

ランドセルはゲットしたものの、来年の小学校入学に向けて何も準備していない親がここに1人

そうか、もう小学生になるのか…早いもんだな。

ぴっぴ(長男)はおかげさまでなんとか小さなケガはいくつかしたものの、大きな病気をすることもなく、このまま行くと小学校に入学となりそうだ

わが家の中で最近悩ましいのが、小学校の終わった放課後に「学童」に行くのか「キッズ」に行くのか問題である

これまた保育園の先輩方にいろいろ聞いて見たところ、どちらも一長一短なのである

例えば、キッズに関して言えばいいところは大きく2つ

①小学校で見てもらえるので移動がいらない

ということはつまり、子どもの交通事故とかお天気によっては雨に降られたりとかそういう心配がない

親が迎えに行くまでそこにいるという点では安心である

②料金が安い

これが1番大きいと思うけど、保育園の保育料と比べても、また学童の費用に比べても格段に安い。

まぁまだ説明会に行っていないけど公共のものなのでね。高くても月額5,000円台な感じ

ただし、先輩から聞いたところによると、学校が「休校」になった時は当然ながら放課後キッズクラブは利用することができないのだ

つまり、このインフルエンザの季節に学級閉鎖などになると(コロナもね)子どもは家に待機

小学校一年生の子にずっと1人でお留守番というわけにはいかないから…

そうなると親のどちらかは休むことになるだろう

一方で学童保育になると利点は学級閉鎖の時にも開かれるというところ。

これはかなりでかい。

だけど、その分毎月の利用料はキッズのそれよりも高いのである。

また、良きところにも悩むところにもなりそうなのが行事。

キャンプやイベントをやってくれてありがたい一方で親が主催でやる感じ

悩ましい…。

イベントは家で出かければいいかな、と思ったり

友達とお泊まりも良い経験なんだろーな

うちの、内気なぴっぴがどこまで学童で通用するのかしら…

。。。

ま、一度説明会に行って話を聞くのが良かろう。

実際に足を運んでみて「雰囲気」が合う合わないってあるしな

不確定な時っていつも以上に不安がってしまうけど

案外子どもの方が対応しちゃえたりするもんね



-子育て

執筆者:

関連記事

頼むぞキッチンハイター!ウイルス性胃腸炎続く。

まぁタイトルのまんまなんだけども 我が家で猛威を奮っているウイルス性胃腸炎。止まるところを知らず 1ヶ月で2回目のゲロパーティーの洗礼 ついに夫もゲロ吐いたぞ! 仕事の会議中で気づかなかったけれど、1 …

no image

わが家の4月からの戦略

来年度、わが家の長男坊がついに小学生に。 親の私が言うのもなんですけど、結構しっかりしている。(というか、単に親が抜けてるんだけど) 何かと私にリマインドしてくれるし(エプロンとか必要なものは事前に教 …

3歳2ヶ月のぴっぴ

1年前の今ごろは、いやいや期でとても荒れていたぴっぴ。お話ができるようになってだいぶ穏やかなのだ。 ぴっぴ2歳2ヶ月(過去記事) 今朝も、お天気がよくあたたかくなることを伝えると 「暖かくなるならお洗 …

no image

ぴっぴの目がパチパチ

このところ、ぴーすけをかついで病院に行ったり、役所や実家に行ったり忙しかった。心配ごとは尽きないが、それでもぴっぴがあいかわらず保育園にいってくれるのがありがたい。ぴっぴの日常がこの混乱のなか癒しにも …

けいゆう病院の優雅な出産レポートブログ−2−

けいゆう病院の優雅な出産レポートブログ−1− 前回の出産レポートブログ1の続き。生まれたものの… 生まれて早々保育器に入るぴっぴ 産んだ経緯は覚えていないけど、生まれたその瞬間はわかるものである。そう …