くらし

どんぐりを拾ってばあばにプレゼントする

投稿日:

久しぶりに大まじめな記事を書きますけども。

わが家の共働きライフ、破綻せずになんとか回っているのは「義母」の存在があるからで

それは、いざとなったらお迎えに行ってもらえるという精神的な安定だけでなく

週に一度、おかずを作ってくれるという働く家庭に嬉しい気遣いをしてくれるひとなのだ

しかも、そのご飯が美味しくて。

週の真ん中、荒んでくる頃に優しく包み込んでくれる味なのだ

そんな義母を子どもたちも大好きで

「今日ばあばくるから早く帰ろー」と保育園で帰り準備をしていると

「あ、いい考えがあるよ!ばあばにどんぐりを拾ってプレゼントするっていうのはどう?」

「それいいねー!」

と兄弟で話し合っている。果たしてそれ喜ぶのかしら?(どんぐりって茹でないと虫湧くじゃん)

と思っていると、家に帰って笑顔で迎えてくれて(おかずを作って待っててくれてた)

どんぐりのプレゼントに喜んで、その場でチャッチャと茹でてくれる義母である

それだけでもホッコリ。きっとうちの母なら「ありがとー!」→帰り道にポイっ

だろうなw とか思ってしまう私なので。義母の心底子どもファーストな姿勢は、尊敬するところであります

さて、夕飯のおかずの説明を一通り受けて、ここ数日のご馳走によだれが出ていたころ

子どもたちはばあばそっちのけでテレビを見始めたわけ。

私もほっと一息「お父さんは元気にしてますかー?」と話していたら、この週末2人で老人ホームを見てきたという

「へ?!誰のですか?」

というのも、まだひいおじいちゃんが存命なのである。まさか仙台のじいじをこっちに呼び寄せるのかと思いきや

お二人の今後の話なのだという。まだまだ元気な60代である。

正直びっくり。

5年後移住計画なんて言ってられるのは、ふたりがあと10年は元気だろうなと思ってのことだったから

仙台のじーさんがいろいろ大変だから、と言っていたけれど

わたしは嫁ながら、今までいろいろと考えていたことを素直に話してしまった

5年後移住のあとは、どうせ仕事辞めるんだからお父さんたちの近くでもいいよねとか

どちらか体調悪くなってうちの近くに越してもらうかとか(わが家はなにかと病院近い)

うちの母の経験からお金目一杯使えば在宅でなんとかなるし、公共サービスも目一杯使います

1番は、お父さんとお母さんがどうしたいかで

私たちはそれによって柔軟に変える用意がありますよ!!

これはほんとに前々から話てたことなので

あとになって「え、そういうつもりだったの?だったら…」と思いがすれ違わないようにと

お母さんには伝えておいた

もしお父さんとお母さんが遠慮をしているのだったら、うちの母くらいわがままを言ってほしいものだ(受け止めるのは息子である夫だろうが)

きっと

夫は義両親のことが大好きだから

何かあったときは、呆然とするか

さめざめと泣いているだろうから

そんときゃ私がしゃしゃり出るけども

こうやって元気なうちに、いろいろと忌憚なく話せることはとても重要で

さすがお母さんだな、と思わずにはいられなかったのであります

が!

やっぱり最初は夫に話したほうが、本人もびっくりするだろうけど嬉しかったのではないかしらね

(よく義母は私に伝言してく方式)

それにしても、いろいろ見てきたけど、老人ホームは今5年待ちなんですって

そしたらまた5年後にこの話に向き合うのかな

いろいろあるなぁ5年後



-くらし

執筆者:

関連記事

人間ドックを受けてきた

母のガンをきっかけに、約5年ぶりの人間ドックへ。行こう行こうと思いつつ、ぴっぴの妊娠出産ぴーすけの妊娠出産にコロナとすっかり飛ばしてしまった。 健康診断は毎年やってるけど、身内のガンは衝撃的で、オプシ …

やはり夫はすごいと思うので記事に残してみよう

先日(というか夜中)くさくさして愚痴を書いてしまった 仕事の意義などを考えてみる まぁほぼ愚痴か暇つぶしのブログなのだけど、うちの夫はほんとに偉いなぁと思ったので 冷静になった今、書き留めておこうと思 …

転落、指挟み、爪はがれ、子どものケガには気をつけて

13日(月)の日経の夕刊に、子どもの事故のことについて書いてあった。 ここ5年で5歳以下の子どもの転落事故が70件。 コロナの影響でおうち時間を充実させようと、ベランダにイスやテーブルを置いて 歩ける …

レチノールのコスパが良いというジ・オーディナリーを注文してみた

最近白髪が増えたんだよなぁ。 そりゃ、子ども2人産んでますし、30代も半ばになればいつまでも若いままではいられまい。 うちの姉はいわゆる美魔女の域に入るくらい、肌も綺麗で見た目も若い。 「なんもしなく …

ハンドブレンダーでお好み焼き

近くの友達が土曜にうちに来ることになった。 土曜とて夫は仕事で家にいないので、子ども2人を一緒に相手してくれる彼女はありがたい。 そこで一緒にお昼を食べることになったのだけど、これまでにクレープ祭り、 …