くらし

遠方より友来る。めちゃ楽しみ

投稿日:

論語で「遠方から友来る、また楽しからずや」というのがあって

「楽しからずや」が楽しくないのニュアンスに取れちゃったりする私です。

楽しからず…「べからず」系に見えるのだよ

本当の意味は「なんと楽しいことではないか」ってんで

ウキウキ系ですな

そもそもこれを習ったであろう中高生の頃って、遠くから友達が尋ねてくるような状況って無い。

みんなお隣ご近所が友達だし、中学の友達が高校で分かれちゃったとしても

わざわざ遠くから来たぜ!って状況でもない

しかし、大人になると結構出会いと別れは繰り返されるもので

特にママ友とはこれっきりのお別れというのもたくさん経験した

たまたま、この保土ヶ谷区で一緒に育児をしていた友が、実家の方に戻ったり夫の仕事の関係で引っ越したり

仕方ないとはいえ寂しいものである

一時的ではあったけども「1番大変だった時期」を共に戦った(?)という連帯感はずっと持っている

なんというか、親戚の子のような感覚で共に成長を喜びあっていた

もちろん、まだまだたくさんの「同期」たちが一緒に子育てをしているのだけど

微妙に学区が違かったり、仕事の始まるタイミングで疎遠になったりしている

それでも子どもたちが無事成人したらみんなで集まりたいね、なんて

この時代になら出来そうな企画を温めていたりもする

さて、ママ友の1人が地元名古屋に戻り、もう3年になる。

一緒に子育てをした期間よりも長い時間離れている。そうなると、お互いにもうそれぞれのコミュニティがあったりして日々日常はそっちなのだけど

この夏こちらに来れることになり「それじゃあぜひ我が家に泊まってくれ!」となった

狭いしさ、今はカブトムシがその部屋にはいるんだけど(ちょっとくさいよ彼.。しかもまた脱走したよ)

これはもう片付けに急にトップギアが入る感じで、夫も「この布団をああしてこうして…片付けなきゃね」と

夫には実家に帰ってもらって(実家の片付けでもしてもらって親孝行なさい)

とにかくいろいろ話したいことも溜まりに溜まっているのでね

ラインのお茶会などでは足りないのですよ

昔から大人数でワイワイやるのが好きな方ではありましたけど

大人になると、本来の自分なのだろうか

本当に大切にできる友達は数人が限界だなと思ったりする

それだってラインの返信しそびれちゃったり、忙しいの言葉一つでバーンっと間が空いてしまったりする

でも、久しぶりに会うと昨日のように話に花が咲く

ずっと変わらない関係性などはないかもしれないけど

あー楽しみ!



-くらし

執筆者:

関連記事

生粋のくるみ好きがあれこれ作ってます

よく、死ぬ前に何が食べたい?って質問ありますでしょ うちの夫は迷わずカレー!っていうと思うけど(もしくは唐揚げね) 私はきっとステーキっていうと思うのですよ(くるみじゃないのか) でも、プチ贅沢でどん …

2022年にyuranoto blog で読まれた記事まとめ

今年も一年終わろうとしていますな。昨年もまとめていたので、今年もダラダラと一年を振り返りつつ読まれた記事の紹介などしていこうかと思います。 2021年yuranotoblogで読まれた記事まとめ そも …

ハンマーヘッドの予約が取れました

壮絶な戦いだったぜワクチン予約枠争奪戦。 コロナワクチンのオープン入試 昨日の夜に登録等々済ませておいたものの、不安で朝からマイページへのアクセスを試みるも、当然のようにログインページには飛ばなかった …

no image

スシローと卒園式

どこの保育園も幼稚園も、今週が卒園式っぽいですな。 我が家の長男ぴっぴも、ついに卒園。 夫と、私と次男ぴーすけを連れて、人生初の息子の卒園式に立ち会ってきました。 ぴっぴはコロナ禍の2020年に、次男 …

ダニに刺されたからアースレッドを炊いてみた

ふと、ぴっぴ(長男)が腕をかゆがるので見てみたら、2つ穴の虫刺されあと これは!私の太ももにもあったやつ さては…ダニ? そう思って、家を開ける用事もあったのでアースレッドを炊くことにした こゆやつ。 …