くらし

カブちゃんの逆襲〜カブトムシは夜行性〜

投稿日:

わが家でカブトムシを飼うことになりまして

虫が嫌いな私にしちゃ、結構可愛がっていたのですよ。(拾った責任もあるしな)

わが家ではそんなカブトムシを「カブちゃん、カブトちゃん」なんて呼び始めており

それなりに愛着もわいてきた、4日目。

夫が、「コバエシート買ってきて」とラインを入れた。どうやら、カブちゃんのお家にコバエが発生した模様。

百均でコバエシートと新しく霧吹きを買って帰った。職場にカブトムシに詳しい人は結構いて

「霧吹きで水分を補給してやらないと5日で死ぬらしいよ」という衝撃の事実を聞いてきた夫。

最初にたっぷり湿らせたけど、危ない危ない。夫もそれを聞いて昨日のうちに水をピャッピャとかけてくれたらしい。

ついでだからと、早朝、新しい土とマットに替えてやり、スライド式のケースを拭いてやり、コバエシートを装着

新しいゼリーと共にカブちゃんをお部屋へと返した

コバエシートを装着すると、スライド式のケースがうまくはまらないので、フタを上にそっと置き

涼しい部屋に置いておいたのだった

そんな夜。今朝よ、3時半ごろ。

寝かしつけののち寝落ちしたので目が覚めてしまった。すると、ガンっという音が・・・

何?泥棒?しかし、音の方向はカブちゃんのいる部屋

ははーん、カブちゃんさては羽ばたいてるな、と思って眠りにつこうとしたが、尿意。

トイレのついでに様子を見に行くと、なんだか胸騒ぎ。

ケースは昨日と同じ様子。

コバエシートもかけてあるし、フタは乗ったままだ。

けど、ちょっとずれているような

大暴れしたのだろう、カブちゃんどこにいるかしらと探すも見つからない。

あれ?

枯れ葉は入れ替えで取り除いたから隠れる場所もないのに

竹串を持ってきて、ホジホジ掘り返してもいない…

いない…!!!

いないということは、脱走したのか?!奴は!!!

急に怖くなる。

ケツで踏んでしまっちゃいないだろうか

あたりを見回すも、カブトムシの気配はない。

ん?この部屋ってあけっぱなしだったっけ?

この部屋の中なら比較的モノが少ないが、いろんな荷物を移動させてしまった夫の部屋ならば

もはや探すことは難しい

見つかって欲しい気持ちと、捕まえるの怖いーーーーという気持ちでドキドキしていると

「ブウゥーーン」という不気味な羽音が聞こえた

この部屋だ…!

ひゃん!っと思って、いったん部屋から撤退。

奇しくも、部屋の内装が窓枠やクローゼットなどのドアというドアがカブトムシ色なのだ(何色だよ)

どこよ?!

目視できない。

「ブゥン」「カリカリッ」

壁を歩いているような、音が続く。

これはもしやと窓の方を見ると、窓の外に向かって飛び立とうとしているカブちゃんを発見した!

冷静にいったん戸を閉める。ふぅ。そしてダッシュでビニール袋を取りに行った

歩道橋では暑さの中私に簡単に捕まったカブちゃんであるが

わが家でゼリーをたらふく食べて今のカブちゃんは戦闘能力は100である

それに対して私はカブトムシ狩り2回目のシロウトだ

カーテンレールの上を羽ばたいたり、よじよじ歩くカブちゃんの背後から

ビニール袋を手にはめ近づく

袋を覆い被せると、カーテンにしがみついたが、あっさり捕獲。

こいつ…外の世界で生きていけるのだろうか…

そのままケースに返し、コバエシートを被せ、フタを乗せ、なんか重し

こうなりました

空気穴を塞がないようにしつつも、やはり昆虫界の王様、馬力が違いますやんな。

これくらい重くないと心配で夜も眠れません

朝から一仕事終えて、なんだか気分は勇者ですが

うちの男たちはこのことを知らない

平和なもんだなw

それにしたってモノが多すぎて、次に脱走したらカブちゃんの危機やなと思ったので

掃除をがんばろう



-くらし

執筆者:

関連記事

梅仕事の悲劇

暑い日が続いていますな。熱中症アラートが出ていたようで、ぴっぴの保育園ではプールが中止。涼を求めてプールのはずが、涼もとれない暑さ。まったく日本はこのまま沸騰してしまうのではないか。 一昨日は久しぶり …

no image

新しい仕事を作れないか

仕事復帰までカウントダウンが始まり、我が家なりに作戦を立てている今日この頃。 そんな中保育園で面談があり、保育園でのぴっぴの頑張りっぷりがよくわかった。 本来、保育園は働いている親御さんの代わりに乳幼 …

妄想話その1〜カフェを開く〜

シリーズでお届けするかはわからないけれど、将来やりたいことの妄想リスト1位はカフェを開くこと。具体的な案を考えるとしよう。 とにかくね、商いというのは自分が儲ければいいんじゃなくて、「困りごと」を解決 …

太陽光パネルを災害に備えて設置する計画

このところ自然災害の被害が甚大だ。 雨の降り方も激しさを増して、わたしたちが子どもの時の夕立とか、台風のときの雨とはまた違った様子である。 静岡では避難している人はコロナの影響でホテルの個室にいるよう …

ワーママのルーティーンが定着してきた

おはようございます(AM3:00) とんでもない時間に目が覚めてしまった。しかし、布団に入ったのが20:00なのでしょうがないような気もする。 この1ヶ月近く、子どもたちが2人とも保育園に通うようにな …