ホームベーカリーで紅玉リンゴのジャム | yuranotoblog

くらし

ホームベーカリーで紅玉リンゴのジャム

投稿日:2020年10月26日 更新日:

シロカのホームベーカリーの利用率が半端ない。なんと、材料をいれるだけで1時間でジャムが出来るという

生活クラブで紅玉リンゴの特集を組んでたのもあり、早速購入。二キロで1,000円ほど。高いなーと思いつつ、やおやで紅玉リンゴってなかなか見かけない。

届いたリンゴは真っ赤で、白雪姫に出てきそうなかわいい代物だった。しかも11個も入ってた!

薄切りにしたリンゴ360グラムに、グラニュー糖130グラム、レモン汁20グラム

これを同時にホームベーカリーにいれて、ジャムモードスイッチオン。ほんまに出来るのかいなと思いながら待つと、途中リンゴを煮ているいいにおいが。

出来上がりと同時に、煮沸しておいたジャム瓶に詰め、ふたをしてひっくり返す。ジャム作り初心者はあたふたしながら作業をすすめる。

紅玉3つ使ってアオハタの小さいジャム瓶2つ。コスパは決していいものではないけど、熱々のジャムはおいしかった。ひえたらまた味や粘度が変わるのかな。

紅玉リンゴというと、高校の調理実習を思い出す。4人の班を作るのだが、出席番号最後の方で男子3人女子1人の班になってしまったのだ。

「ゆらさん友達多いし大丈夫だよね」

という先生の言葉。今思えば男女比が違うから意図的な構成だったけれども。私はそれを逆手にとった。

私以外の男子はみなサッカー部で料理などしない。当時からお弁当を作っていた私はまぁまぁ買い物などしていてそれなりに物価はわかっていた。

ある日の調理実習がリンゴのカップケーキであった。先生は次回材料を持参してくるよう指示し、それの中に紅玉リンゴがあった。班員で分担して持ってくる。

直感的に、紅玉リンゴがなかなか見かけないものだとわかった。買い物してて見たことがない。あまり見かけないものは高いのだ。

すると、カッコいいけどアホな「タカ」が言った

「俺、りんごがいー!」

その声をきっかけにあれやこれやと持ち物が決まっていく。最終的に私は卵2つになった。男子からすると、生卵2つをどうやって家からもってくるのだということらしい。

こちらとしてはいつも家にあるものでラッキーである。そんな調理実習当日。粉類は割りとしっかりものがきっちりはかってもってきた。

牛乳担当の「ミッチー」は持ってくるのを忘れたが、購買の自販機でなんなくゲット。

そして問題のタカは…

「売ってなかったー!」

と、普通のフジリンゴを3、4個持ってきた。まぁそうだよね。自分で買い物に行きそうもないし、「あ、明日調理実習でリンゴいるわ」のノリで言われても普通に売ってない。かくして我が班は普通のリンゴによるふつうのリンゴのカップケーキが出来上がった。

このメンバーとの調理実習は楽しくもあり、また毎度ハプニングの連続であった。干し椎茸持ってきてとのことなのに「生」を持ってきて、他の班に戻し汁をもらいに行ったり、心配性のタカがコーンクリームの缶を持ってくる予定がスイートコーンの缶も一緒に持ってきたり。

甘酸っぱい思い出と共に蘇る(食べてないけど)紅玉リンゴなのだった

広告




広告




-くらし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生後7か月歯がはえてきたぴーすけ

生後6ヶ月ぴーすけ あっという間に7か月。この間まで寝返りをやるのがやっとだったのに、今では腕を踏ん張ってお腹を持ち上げるようになってきた!ハイハイをする日も近いなぁ そして、ついに下の歯茎にうっすら …

全粒粉のパン

どうやらあさイチで発酵食品系をやったみたいで。姉がサミットに行くとふすまパンとか全粒粉のパンが根こそぎなくなっていたらしい。 またトレンドを先取りしてしまった(笑) 白いものをなくすぞ、という試みは母 …

no image

食卓にプロテインを

ここ数日のやらかしたーの1つは、やけどである。 夕飯時、ぴーすけをおんぶして味噌汁を作っていてわいた鍋に味噌を溶かしたところで、鍋ごとひっくり返してしまった。 とっさにぴーすけにかからないようによけた …

栗きんとんはハンドブレンダーが正解だった

本当に、なんで早く買わなかったんだろう…。我が家のおせちはとっても手抜き。そもそも作るのが栗きんとんと、煮物と、田作り。あとお雑煮くらいだ。 栗きんとん、いつもはさつまいもを煮て、くちなしの実を入れて …

カシオの電子ピアノPX-S1000がうちにやってきたぞ!

ついに買ってしまった~♪ いろいろと検討してきた電子ピアノ。実家にピアノがあったのはもう20年以上も前。弾きたいときにピアノがある生活というのはやはり良いですな! さて、迷いに迷ってこの機種にしたので …